スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ああ双葉山
 昨日、歴史秘話ヒストリアで双葉山を見ていました。双葉山の試合映像が残っているのに驚いた。澤村栄治の映像で残っているのはキャッチボールぐらいで、試合はないと聞きます。国技は違うな。いくら記録を残したり、凄さを表す伝説があっても、試合映像には勝てません。どの年代まで試合映像が残っているか、NPBは調査した方がいいと思う。

 双葉山の体重は入門時70Kg→新入幕90Kg→横綱120Kgと増えていったらしいです。今ならどうってこともありませんが、今と比べて栄養学の知識もなく、高カロリー食も取れないはずなのにどうやってここまで体重を増やしたんだろう。「木村政彦~」でも同じようなことを書いていました。双葉山、木村政彦の両名はなにを食べて体重を増やしていたか興味あります

 一番驚いたのは双葉山の右目の視力が低く、相手が見えづらい状態で相撲を取っていたということです。片目が見えない人が格闘技をやること自体信じられない。しかもその状態で横綱を張り、国民的スターだって嘘としか思えない。

 白鵬の双葉山好きにも驚きました。双葉山の取り組みを研究したり、双葉山が締めていた帯を持っていたり、双葉山と稽古をする夢を見たって双葉山愛強すぎ。ONのバッティングフォームを研究する現役の野球選手っていないだろうに。白鵬が双葉山に傾倒するきっかけを知りたい。単に強い横綱だったら千代の富士、貴乃花でもいいわけだし

 そういうことでいろいろとためになる番組でした。土曜ドラマのクオリティーの高さといい、NHKは好きです。
スポンサーサイト

テーマ:NHK総合 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/05/31 22:01] | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
持っている男
 こういうのを持っているというんだろうな。帰宅途中、松井今季一号を報じるタブロイド紙を見て思いました。僕の記憶が確かなら、松井はどのチームでも移籍直後の試合でいい結果を出しているんですよね。

 タンバベイ出身でもなく、レイズOBではない松井にチームからは温情めいたものはなく、結果のみが求められていると思います。メジャー昇格してから少しは様子を見ると思いますが、結果を出せないなら即マイナー降格という厳しい立場に立たされているでしょう。そこをいきなりホームランを打って、松井やるなってチーム、ファンから思わせるところはさすがです。

 なかなかチームが決まらない松井を見て、「日本に帰ってくればいいのに」と思ったファン、野球関係者は多数いるでしょう。松井が来たら観客増、グッズ売り上げに繋がるし、ホームランが貴重なプレーになった今、左のパワーヒッターはどのチームでも欲しいし。ケガに配慮してDHでの起用が望ましいならパリーグのチームに入ればいいし。松井が帰る意思を示せばオファーを出したチームもあったと思います。 

 それでも帰らない松井を見て、結果が出なかったら日本に帰ればいいという甘い考えはないんだなと思いました。晩年の野茂だって、ずっとマイナーで野球をやったのに帰らなかったし。こういうスジを通す生き方って好きです。もちろん競技人生は本人のものなので、晩年は日本でプレーしたいという意向を持ってもかまいませんが。

 松井を迎え入れたのはレイズだったことも、松井にを感じます。レイズは一昔前のアスレチックスのように、ローコストで強いチームを作ろうとしているとか。2008、2010、2011とプレイオフに進出と結果も出しています。ヤンキース、レッドソックス以外はノーチャンスと思われていたアリーグ東地区でここまでやるのは凄い。

 松井のメジャー最初のチームが名門ヤンキースで、最後のチームが地区の勢力地図を書き変えている新興のレイズというのも面白いなと。松井がレイズの四番としてチャンピオンリングを取ったら凄いというより、一大ドラマだ。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2012/05/30 21:07] | プロ野球 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
今週のローテ
 今日もライオンズ戦は見れず、見れるプロ野球の試合は日テレ巨人戦を見るか、TVK横浜戦を見るかの二択しかない視聴環境でした。結局観たのはTVKの横浜戦。こういうメジャーよりマイナーな好む性癖があるから、セリーグよりパリーグ、ジャンプよりチャンピオンになるんだろう。

 取り合えず勝ててよかった。ブルペンが信用できないなら、中一週間空けるんだから、完投しろ稲尾は毎日投げて400イニングを記録したというアナクロな野球をやるのも手かもしれない。半分本気で半分冗談ですが。

 あさってのカープ戦からのローテは

5/30 岸(中六日)
5/31 一久(中五日)
6/2 西口(中六日)
6/3 牧田(中五日)

 になるんだろうか。一久の中五日と今日完投した牧田の中五日はどうかと。完投を要求するなら中六日、中一週間空けるのがスジだろう。ホントに昭和のローテになってきたな。

 先発に負担を軽くするためにこれでいってはどうか。

5/30 岸(中六日)
5/31 十亀(初登板)
6/2 一久(中七日)
6/3 菊池(初登板)

 先発の負担を軽くするというより、十亀、菊池が見たいだけですが。十亀はせっかく上げたのにいまだに未登板なのはかわいそうだから、そろそろ使いどころを考えないといけないし、連戦が続いて四人で回すのがきつくなるなら、ローテを回すために誰かしら立てないといけないし、それが菊池だったらみんな満足でしょ。大石は先発で使うという言葉に嘘がないなら、6/3は大石でも構いません。

 渡辺監督が今週どうローテを組むかも見どころです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/28 22:25] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
甲子園雑感
 今日はセリーグ主催のため、見てないので(以下略)。その代わりといってなんですが、甲子園について思うことをあれこれ。

 甲子園未出場の選手に取って、甲子園でプレーすることは感慨深いものがあるそうです。ある選手は、「さすがにプロが高校球児のように土を集めるのはどうかなので、ユニフォームやスパイクに着いた土を持って帰れないかマジメに考えた」と話したのを聞いたことがあります。

 和田監督は「野球人誰もが憧れた甲子園でプレー出来る幸せを感じて、一年頑張ろう」と開幕前に選手に話したとか。プロに取っても、甲子園は本拠地12球場の一つじゃないみたいです。

 僕が甲子園に行ったのは改装前、数年前に遡ります。プロ、高校の両方行きましたが、雰囲気は全く違って同じ球場とは思えませんでした。甲子園はタイガースが試合をするときと、高校野球をやるときはと考えた方がよさそうです。

 プロが使う甲子園で一番思い出深いのは、交流戦で松坂がホームラン打ったことですね。「プロの投手はロクに打撃の練習はしていないはずなのに、なぜ甲子園の深い左中間にぶち込める?」と松坂の野球センスに恐れを感じました。

 ライオンズがワンサイドで勝っていたこともあって、ダイヤモンドを走る松坂に拍手が起きていたことも驚きました。実況が「甲子園で敵の選手がホームランを打って拍手を浴びたのは記憶にありません」と興奮気味に話していたのを覚えています。

 つぐつぐ松坂は甲子園スターなんだなと思ったものです。そういえば子供のとき、二年目の清原が甲子園でのオールスターで桑田からホームランを打ったのも覚えています。甲子園スターはプロに入っても甲子園から愛されるんだろう。斎藤佑樹、マー君も甲子園で打席に立ったらホームラン狙っちゃえよ

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

[2012/05/27 20:26] | プロ野球 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
ベテランズ・デイ
 昨日のリプレイが見れるとは思わなかった。やればできるじゃない、このチーム。このやる気を巨人戦にぶつけて欲しかった。セリーグを面白くするために、巨人には勝たないとと思ってたんですよ。開幕一ヶ月は主力の調整、若手のテストに使うハンデ期間と思っているフシのあるチームなので、倒してセリーグを面白くする手助けしたかったなと。

 昨日の一久に続き、西口も頑張ってくれました。ボールに力があるし、力で押せる40歳とは思えない若々しさを感じました。あと三年はいけますね。西口の投げる日はブルペンが打たれるし、打線も援護できないから勝ち数が伸びないと言われますが、西口自身はあまり気にしていないと思うんです。

 西口は先発完投しない記録を持っていたのはご存じでしょう。つまり、ここ数年の西口はブルペンのおかげで勝ち数を稼いでいたのは事実ですし、リーグ優勝五回を経験していることを思えば、比較的バックに恵まれて投げられた投手です。

 そんな人間が開幕一、二ヶ月ブルペンが踏ん張れず、打線の援護がないだけで周りを恨むわけがない。むしろ、今まで周りの頑張りで勝ててこれたんだから、もっと自分が頑張らないとと思っているでしょう。今日は西口自身の頑張りと、西口に勝たせたいという周りの頑張りが噛み合った結果だと思います。こんな試合がもっと続けて、再来年とは言わず、来季には200勝がみたいです。

 やっと中村のホームランが見れました。フェンス直撃かなと思いましたが、失速しないでスタンドイン。こういうホームランは中村しか打てないだろうな。交流戦が始まって早くも4本のホームランと、調子が上がってきました。早くペーニャを抜いてホームランダービーのトップに立ちたいな。そもそも中村が不調のままシーズンが終わると、WBCで四番を打つ選手がいなくなるので、中村の調子が上がらないと困ります。

5.26スコア

 今日のスワローズのオーダー。福地、藤本、相川、森岡と外様率多い。どこの巨人ですか。藤本、相川はFAで来た選手なんですよね。相川はAランクに比べると移籍の対価が落ちるBランク、藤本は無償トレードに等しいCランクとFAでもお金を掛けないで補強していることがわかります。B、Cランクといっても名前のある選手なので、戦力補強に繋がるし、FAで選手を獲得することでチームにやる気があるとファンに期待を持たせることができるしと、お金を掛けずにFAで選手を取るのはうまい戦略だと思います。

 福地、森岡と移籍組が二人スタメンにいるということは、戦力になる選手をうまく取っているということだし。札束を積まないで、チームを強くするのはアスレチックスやレイズに通じるものを感じます。日本で「マネー・ボール」を書くならファイターズとスワローズがモデルになるだろうな。

5.26スワローズ

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/26 22:46] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
今季初勝利
 今季観戦六試合目にして初勝利。勝つってこんなに嬉しいものなんだな。試合後の二次会見てたら、勝ったらみんなでテーマ歌う二次会やるんだなって思い出しました。二次会の存在を忘れていたよ。

 今日は一久ですね。先頭バッターを打ち取って、出しても後のバッターを打ち取ってランナーを溜めない、失点を許さないピッチャーの教科書的なピッチングでした。二軍の若手投手に見せる教材に使いたいぐらいです。

 ボールに力を感じましたし、106球で完封するのは相当なコントロールなり投球術ができないと思われるので、あと三年は現役で投げれるでしょう。西口、一久と二人で200勝を挙げたら嬉しい。

 ホームランなしで10点取った打線も褒めるところです。ホームランなしで10点取るのは簡単じゃありません。やればできるじゃないですか。先日のドラ戦、巨人戦で出来たら二つは勝てただろうに。明日以降もお願いします。

 思えば交流戦に勝っても、まだパリーグ相手に勝ち試合を見てないんですよね。パリーグ相手に勝ち試合を見て、かつパリーグ五チーム全てに勝ち試合を見るのはハードル高い。目が眩む思いがします。これぐらいのハードルをクリアしないと、プレイオフには到底届かないから頑張らないと

2012.5.25スコア

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/26 00:15] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
ライオンズってなんだ!
 これを読んだとき、いろいろ考えさせられました。そのいろいろを書きます。

鈴木葉留彦球団本部長(60)が合宿所を訪れ、2軍選手に「チームとして混乱のないように」と通達。行動に注意するよう促したという。仙台遠征中の2軍選手にも同様の内容が伝えられた。涌井の復帰時期については「最終的にフロントというより会社が判断する。今後はとにかく未定」と同本部長

 涌井の復帰時期はチームではなく、親会社が判断するということは、ライオンズとは西武グループが運営に携わるプロ野球チームというより、西武グループの子会社という位置づけなんだろうか。ライオンズは太平洋グループからM&Aで買収されたチームなんだろうか。

 僕がチームの呼称に「ライオンズ」と書いてきたのは、「ライオンズは西武グループが運営に携わっているだけであって、西武グループの子会社ではない」という考えからでした。この考えが現実に合わないのなら、考えを改めないといけないのだろうか。

 鈴木GMも、「選手は西武グループの社員ではなく、チームと契約している個人事業主なので、チームに一任して欲しい」ぐらい言って親会社の人間と話し合わなかったんだろうか。選手はチームと契約しているプレーする個人事業主なら、チーム以外の干渉はされたくないと思うのが普通だと思う。選手会でも問題にならないのだろうか。

 そもそもプロ野球チームってなんだろうか。僕は「独立採算で経営するのは厳しいから、チーム名に企業名を着けることでチーム経営を楽にするネーミングライツの一種」と解釈してきました。現実はチームは親会社の子会社でしかないようです。

 選手も個人事業主というより、親会社の社員をというなら年俸は減らしてもいいから正社員として扱え、国保、国民年金も厚生年金、社会保険に入れろ、失業手当も払うぐらいいってもいいと思う。

 選手は個人事業主なのか、親会社の子会社の社員なのかいろいろ考えさせられました。自分の状況に疑問を感じた選手が明日以降いいプレーをやっていけるんだろうか。今までより大きい試練が来たとしか思えないです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/25 00:01] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
エース降格に思うこと
 交流戦が始まった頃の巨人戦はテレ朝がゴールデンで中継したのに、今日はテレ玉のみというのは寂しいねえ。巨人戦の視聴率がピークだったのは、ミスターが指揮を取って松井秀喜がホームランを打ちまくった頃でした。巨人が四番を大人買いするのは批判も多かったけど、プロ野球最高のカリスマがドリームチームを率いるというのは、興行のみを考えたら美味しいよね。原巨人がセリーグ三連覇したことは誰も知らない。坂本なんて10年早く入っていたら、CMに出て顔売りまくって人気者になれただろうに。

 ここから本題。パパラッチに写真撮られた涌井が二軍落ちしました。パパラッチに撮られた程度で二軍落ちするなら、全盛の清原はシーズンの1/3は二軍で過ごしていたよ。ペナルティーにしては重いよ。

 ここからは想像の話ですが、セーブを挙げても失点したりランナー溜めたりと危なっかしく抑えているので、涌井のコンディション自体がよくないことは察せられます。つまり涌井の二軍落ちは再調整の意味があるかと。それと、負けが込んでいるからチームを引き締めるために風紀粛清のスケープゴートになったかと。この二つが二軍落ちの理由だろうな。

 涌井が落ちたということは、一軍投手の枠が空いたことを意味します。ここで菊池、十亀、小石の奮起を期待したいですね。一億円プレーヤーが二軍にいくことは余りないので、二軍の投手に取っては大チャンスでしょう。このチャンスをモノにして、先発なり抑えをゲットしようという気持ちの強い、ハングリー精神のあるピッチャーを絶賛大募集します。

 チャンスをモノにして一軍で大活躍して、「涌井さん席ないですよ」ぐらい言ってくれるピッチャーが出て来たら頼もしい

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/22 22:59] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
客呼ぼうぜ
 週末のドラゴンズ戦はスカパーに入ってないし、パリーグ主催じゃないからPCでも見れないしで、戦評はなしです。スコアだけで知った後出しで書くのは気が進まないので。

 ライオンズの埼玉コラボシリーズが来ました。

埼玉西武ライオンズでは、6月24日(日) 対 オリックス・バファローズ戦(13:00試合開始)にて、埼玉県を舞台にした大人気アニメ「らき☆すた」とコラボした「らき☆すたデー」を実施します。

 柊姉妹は左投左打だったのか。柊妹は現代野球のトレンド右投左打だったら胸が熱くなるな(そっちかい)

 世界チャンピオンといいクレしんといい、埼玉だったらなんでもありになっているなこのチーム。チームの惨状を考えると、イベントに力入れる気もわかります。営業さん大変だよ

 僕プロ野球は興行だから、お客さん呼べたらよし、ただ開幕戦とか大事な試合はマジメにやろうよという考えなので、こういうのもいいと思います。同じ埼玉が舞台なんだから、「おおきく振りかぶって」とコラボしたなら、「ラストイニング」とコラボしろと思ったのが懐かしい。まあ主人公の師匠がハンデ師という設定なので、ムリだと思いますが。

 逆に埼玉が舞台だったら、コラボしてくれるのでマンガとかアニメとかの営業さんがライオンズの球団事務所に押し掛けていることが想像できます。僕だったら即企画書持って球団事務所行くね。

 今後のコラボ企画の予想

・石川遼(説明不要ですね)
・佐々木健介(団体事務所が埼玉県にあります)
・「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(西武沿線が舞台だそうで、電車内でポスターを貼られていました。ノイタミナ枠の「坂道のアポロン」はいいですね。)
・北村薫(直木賞作家。時と人三部作、覆面探偵シリーズ、私シリーズとかいろいろありますが、ノワール「盤上の敵」がベストです。でも本人はトラファンなんだよね)

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/21 21:15] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
40代対決の前夜祭
 明日は山本昌×西口の40代対決。40代対決って記憶にないな。今まであったんだろうか。今日はベテランにあれこれ。

 今季の40代プレーヤーは17人と過去最高になるらしいです。35歳を越えるとベテランと言われましたが、今は35歳はまだ中堅、40歳前後を迎えてベテランとベテランの定義が変わってきたと思います。選手寿命が延びた理由の一つに、治らなかったケガが治るようになった医療の進歩が挙げられますが、一番大きいのは選手の意識が変わったことでしょう。

 昭和のプロ野球は「朝まで飲んだ日にホームランを打つのがカッコイイ」という感じだったらしいです。小笠原は球場から出るのは最後だと聞きますし、城島は配球の復習、ウェイト、打撃練習とやることいっぱいで球場を出るのは0時過ぎと聞きます。他の選手も似たような感じだと思います。朝まで飲んでプレーする豪傑的な選手は絶滅したと言っていいでしょう。

 かつて広岡監督は管理野球と言われるほど、私生活に節制を求めたといいますが、今の選手から見ると「どこが管理なんですか、普通でしょ」って言うだろうな。つまり、広岡監督は30年早かったということでしょうか。

 今後も選手寿命は延びていくでしょう。10年後は50代プレーヤーが出るかもしれないし、40歳過ぎてからベテランと言われるかもしれません。

 スカパーに入ってないし、セリーグ主催なのでパリーグライブTVでも見られないしと明日の山本昌×西口の投げ合いが見られないのが残念です。西武ドームでも投げ合ってくれないかな。

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/19 21:28] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
試合のない日はこれだね
 試合のない日は刃牙のことは、書きません。だって似たような展開ばっかり読まされて飽きた。同じ一年掛けて描いた刃牙×ジャックの方が面白いのは問題だろう。最終決戦なのにね。範馬の血で刃牙覚醒というご都合主義やるなら、刃牙がどんな手を使っても相手にならなくて、勇次郎の前に倒れたまま完でよかったのに。

 「バチバチ」が再開しました。王虎が作中最大のライバルということは忘れていました(汗)ところで、「鯉太郎は体が細いから三段目で伸び悩む」という言葉はどうなったんだろう。今後説明されるんだろうか。それと、スポーツ経験のないデブでも相撲部屋に入れるってホントにあるの?

 これが本当だったら、モンゴル相撲、アマレスとデビュー前に競技経験のある外国人力士に勝てないのもわかります。野球だって、ドラフト指名される時点で相当な野球エリートであって、その中から勝ち上がった少数のエリートが一億円プレーヤーになるわけだし。

 「囚人リク」を読んで、やっぱり悪党には札束がよく似合うということを再認識。警察があくどい手段を使って大金を稼ぐのはノワールの基本ということは、馳星周の小説を読めばわかるとおり。銀行に預けられない時点で、ダーティーな金ということがわかるし、通帳に0いっぱい並べるより、たくさん札束出した方が視覚的にもわかりやすいし。カット割りがマンガというより映画みたいな感じがするので、チャンピオン連載陣の中でも毎週楽しみにしている作品です。

 「ドカベン」にも触れないわけにはいきませんね。初戦いきなり、スーパースターズ×ドルフィンズって。トーナメントは読者を引き付けるために初戦にいいカードを持ってくるって、今さらですがわかってますね。「大甲子園」でいきなり一球、球道とやらせるのはもったいないし、ショボイ相手だったら読者が着いてこないしと初戦で犬飼兄弟の末弟知三郎と徳川監督を組ませて明訓と戦わせたのは秀逸でした。

 先週球道がウォリアーズに入るのは驚きましたが、FAだったら微笑が知らないわけがないし、というかFAは自分の意思でやるので西村監督どうこうは関係ないし。移籍にしても新球団のウォリアーズに球道と釣り合う選手はいないし、0円移籍だったら、マリサポ発狂するだろうし。どうなんだろう。

 トーナメントを全試合甲子園でやるなら、甲子園でグラウンドキーパーを務めている藤村甲子園も描いて欲しいけど、御大は覚えているだろうか。それと、他作品からの参戦が小次郎だけというのは寂しいから、三原新平出して欲しいけど、出さないかな。

 

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/05/18 21:15] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今季のエース
 岸が素晴らしかった。小学生並みの感想ですが、これに尽きます。コントロールはよく、ストレートは走っていていて、カーブも冴えると文句の着けどころが無いピッチングでした。

 涌井がローテ落ちしている今、岸がエースとして先発を引っ張って欲しいなと。以前こういうことも書いたので、岸には期待しているんですよ。岸がもっと早く復帰したら優勝出来たし、プレイオフを楽に取れたじゃなくて、岸が頑張ったから優勝出来たっていいたいじゃない。

 昨日、今日とTVKで見てましたが、イニングの間に試合前に撮った横浜の選手のインタビュー流したり、学生時代神奈川でプレーした涌井、秋山、原の当時の映像を流したりとけっこう楽しめました。ここまで丁寧に番組を作ってくれるテレビ局に中継してもらえる横浜が羨ましい。DeNAにケチ着ける気はないけど、TVKが横浜を買収する選択肢はなかったんだろうか。ドラゴンズみたいに、地元メディアがチームを持つのもアリだろう。

 でも、試合後中畑監督にインタビューするのはかわいそう。負けたときはテレビに映らない監督談話だけで済ませたらいいのに。敗戦監督インタビューを見たがるファンもいないだろうに。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/17 23:59] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
主砲復活
 ボールが高く上がってなかなか落ちて来なくてスタンドイン。中村らしいホームランをやっと見ました。先制、勝ち越しの2HR、三打点と去年いいところで打ちまくった頼もしい中村が戻ってきました。これから怒涛のHR攻勢でホームランダービーのトップを取って、一ヶ月はハンデだよとうそぶきたい。こうなったら順位ももっとマシになっているだろうしし。

 中村自身、心労がかなりあったと思います。かつて梅雨まで打率一割台に沈んだ清原は、半泣きで「四番から外して下さい」と森監督に言ったといいます。中村も同じような心境だったと思います。複数年契約を結んだことで、今まで以上に活躍しないといけないという意識が強かっただろうし。プレッシャーに打ち勝って打った今日のHR2本をただひたすらに全力で称えたいと思います。

 8表無死二塁でヘルマンにバントを命じたのは疑問でした。ヘルマンのバントは見たことがありますが、強いセーフティー気味のバントは見たことがあっても、ボールをうまく殺して転がす犠牲バントは見たことが無い。

 ランナーを送ることを優先するなら、ピンチバンター起用でいいでしょう。どうせ守備固め送らないといけないんだし。ランナーを返したいならヘルマンは強打でよかったのに。

 8裏横浜ラミレス、紀洋、吉村と右三人続く場面で、「ここはウィリアムズの真価が出るな」と思っていたらあっさり抑えてくれました。吉村の3ストライク目のストレートは、これは打てないと思わされる素晴らしいクロスファイア。ウィリアムズは右打者が続く場面で使って、松永は左相手のワンポイントという役割でかまわないと思います。

 筒香、ラミレス、紀洋の主軸を見ていると若手とベテラン二人とは極端な組み合わせだなと思ってしまいました。村田、内川の中堅二人がいたら、バランス的にいいのに。編成的にもこの二人が抜けた穴は大きすぎです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/16 21:55] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
交流戦
 早いもので八回目を迎える交流戦。すっかりなじんだと言っていいのですが、未だに交り合わない者同士の戦い、(総合ではない)異種格闘技戦的な緊張があります。

 普段は見ないセリーグの選手を見たり、普段いかないセリーグの球場に行ったり、普段は見ない打席に入るピッチャーを見るのが楽しいです。セリーグのファンだって同じことを考えているんだろうし。

 でも、土日別々のカードを組んだり、移動日ばっかりの日程には慣れませんというか、改善して欲しいとこですが。

 日程の都合でハマスタには行けないのが残念です。ハマスタはMajorの聖地巡礼出来るし、帰りに中華街寄れるから好きなんですよ。今年着いたリボンビジョン見たかった。神宮はGO And GOの聖地巡礼のつもりで行きますが。東京ドームは行けないな。客席の階段の角度がきついし、座席が狭いから気が進まないんですよ。東京ドームは1.4に行けばいいんだよ

 毎年優勝して五千万稼ぐといって稼げないので、今年は書きません。交流戦終わった後、借金返していたらいいなあぐらいしか期待しないです。

おまけ

 テコ入れ来ました。

西武は15日、光山バッテリーコーチが作戦コーチを兼任することになったと発表した。鈴木球団本部長は「監督のサポートをしてもらう」と説明。同コーチは「主に攻撃の面で監督の負担が減ればいい。相手のバッテリーの分析などもしたい」と語った。

 僕の記憶が確かなら、ライオンズのコーチ入れ替えは、98年頃ピッチングコーチが一、二軍で入れ替わったことぐらいしか記憶が無い。Bクラスに終わった2007.2009年、夏場に最下位に低迷した去年ですらなかったし。現在のライオンズが未だかつてない非常事態であり、チームに危機感があることが伺えます。

 作戦コーチって、監督に作戦面の助言をするヘッドコーチ的な役割という認識でいいの?つまり、土井ヘッドには打撃指導のみを求めて、事実上のヘッドコーチは光山コーチがやるってこと?

 他チームを見ると、ヘッドコーチは他に役職を兼ねない専任制を敷いているチームが多いので、ヘッドコーチには負担が多い役職ということが伺えます。監督になにかあったら監督の代わりに指揮を取るポジションなので、負担が軽いわけないけど。

 だったら、最初から専任のヘッドコーチ置けばよかったのに。2008年に優勝したときの黒江ヘッドは専任のヘッドコーチだったんだから。このチームって成功経験を大事にしないのかなと。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/15 21:14] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
初セーブ
 中島よく捕った!打球は死んでいたから、抜けたとしてもバックアップに入った片岡が捕って一、三塁に止めた可能性が高いけど、アウトを取って試合を終わらせるのに越したことはないからアウトになってよかったです。これで相手選手との私語がなかったら、いい選手なんだけどねえ。

 涌井のプロ初セーブでフロントはグッズを作らないのだろうか。これは冗談ですが、クローザーを任されたからには、やっとセーブが着いて涌井もホッとしたと思います。クローザーの経験のない涌井にとって相手の反撃を凌いで勝った昨日、今日といい経験ができたかと。

 ウィリアムズがよかったです。ウィリアムズの左サイドから右バッターのインコースに投げ込まれるストレート、クロスファイアはかなり使えると思います。ボールが向かってくる恐怖感を抑えて、打つのは難しいでしょう。左ピッチャーは左バッターにぶつけるのがセオリーですが、ウィリアムズに関しては右バッターにぶつけた方が効果的かもしれないです。

 涌井の前の8回をウィリアムズに任せて、7回は岡本篤、松永、木村、大石で凌げるようになったら、ブルペンは結構というか、かなり改善できると思います。

 昨日、今日とお立ち台に上がったヘルマンも褒めるところでしょう。開幕からガマンして使ってきたのがやっと結果に出てきました。一発は無いけど、ヒットは打てるヘルマンには、主軸の食べ残しを片づける六番に置くのも合っているし。

 聖澤の盗塁数22は異常として、リーグ五位、チームトップの7盗塁を挙げているのは評価していいし。打率も.261と上がってきました。交流戦でセリーグのファンにヘルマンの盗塁を見せて驚かせたいね!

 首位争いを演じているチームに連勝したんだから、ライオンズってそんなに弱いチームじゃないんじゃないの?と思っています。斎藤、武田勝の表二枚をノックアウトしたことは凄いことだし。あと110試合弱、こっからだよ!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/13 21:24] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
リリーフの心得
 江夏はリリーフに立つとき、一点差ならランナー三塁、または満塁まではOK、お釣りがある二点差以上なら一点差までなら取られてもいい、リードさえ守れたら何失点してもかまわないと考えて投げたそうです。ライオンズのリリーフにはこういう考えはあるんだろうか

 六点リードから登板して、一点差まで詰められたリリーフを見ていると、江夏みたいな考えはないんだろうなとしか思えませんでした。江夏みたいな考えがあったら、もっと堂々と投げているはずです。今日のライオンズのリリーフには、「次の一点が決勝点」という悲壮感しか感じませんでした。

 今のライオンズにはリリーフの心構えを教えられる投手コーチがいないんだろうか。まだ30試合弱しか終わったいませんし、杉本、石井貴の両コーチがどんな指導をしているか知らないので、二人を責める気はありませんが、投手コーチは現役時代リリーフでかなりの実績の上げた人を呼んで、リリーフの心構えから教えた方がいいかもしれません。

 現在解説者を務めていて、リリーフの経験が豊富な人間を考えると、牛島、鹿取、佐々岡、佐々木、与田、森繁和が挙がります。来季は彼らを招いて、リリーフの心構えから教育してみてはどうだろうか

 今のライオンズのブルペンを見ると、能力の有無ではなく教育の有無じゃないのかと思います。そう思わないとここまで悪くなる理由が思い当たらない。

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/12 21:26] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
昨日の4裏について思うこと
 昨日イーグルスが試合を成立させるために、わざとアウトになる無気力なプレーがありました。

> 三回から強い雨と風で大荒れ。6点をリードしていたため、指揮官は試合を成立させるために“早打ち”の指示を出した。四回は高須が頭ほどの高さのボールを振って中前打にしたものの、続く松井の打席でけん制死するなど、あからさまに試合を進行させるシーンも…。

 わかりやすく書くと、聖澤あからさまなボール球を振って三振、高須滑り込まないけん制死、カズオやる気のないスィングで三振と、得点の意思が全く感じられず、試合の成立のみを狙った4裏の攻撃でした。

 時間制のある球技なら、得点の意思を感じさせず時間のロスのみを狙ったプレーは多々ありますし、時間制のある格闘技なら、ノックアウトの意思を感じさせず時間のロスのみを狙う戦い方は多々あります。そのことを考えると、昨日のイーグルスは悪く言えません

 問題なのは、5表に引っ繰り返すことができないライオンズでしょう。ヒメネスはすでに二失点と調子がいいとは思えないし、早く試合を終わらせるためにボール球は投げて来ない、ストライクのみを取りに来ることは予想できますし、ランナーが出てもけん制も投げないし、ランナーが溜まっても内野手、キャッチャーがヒメネスに声を掛けることもないでしょうし、投球練習も含めて投手交代は時間が掛かるので、継投もしづらいでしょう。

 ここまで攻撃に有利な条件が揃っているのに、逆転できなくてどうしますか。「お前らが試合を進めるためにさっさとアウトになるなら、こっちだって遅延行為やってやる」と打席を外して素振りをやって相手から冷静さを欠かせる挑発行為ぐらいやっていいのに

 5表は片岡の2ランで得点したといっても、イーグルスの弱みを着いているようには見えませんでした。こういうところで弱みを着けないところが甘いな。

 昨日の攻防でワンナウツを思い出したのは僕だけじゃないだろう。リカオンズは早く試合を成立させたいマリナーズの弱みを着いて引っ繰り返したけどね。

おまけ

 いいニュースがないと思っていたら、いいニュースがありました。

> 西武ホールディングスが11日に発表した2012年3月期連結決算で、プロ野球西武が単体として黒字となった。親会社からの広告費が計上された上で、赤字補てんを受けなかったのは球団史上初めてで、利益額は約1億円。
 08年から球団名を埼玉西武ライオンズに変更して地域密着を目指し、12球団で唯一、4年続けて観客数を伸ばしている。


 2004年に球団合併の噂があり、球団売却の話があったことを思うと、ホッとしました。ライオンズは当分安泰です。12球団唯一四年連続で観客数増加って営業は優秀なんだ。この優秀さを野球に結び付けられないものか。

 今のライオンズは「勝利に勝るファンサービスはありません、営業部の頑張りだけでお客さんは呼べません」と営業部が現場に一喝してもしかたがないし。いい加減本気出そうぜ

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/11 22:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
急造捕手
 野球は8-7が一番面白いとある大統領は語ったといいますが、ここまで疲れる8-7もないです。六点ビハインドを引っ繰り返したから勝ちたかった。

 お釣りなしの一点リードで安心できるブルペンではないので、中盤もう一押しがあったら結果は変わったのに。今日最も驚いたのは、星孝典退場で星秀和がマスクを被ったことでした。

 勝ち越しを許したのは痛いけど、キャッチャーがいなくなったのはもっと痛い。どうするんだろと思っていたら、捕手上がりの星秀和がマスクを被るとは。この手があったか

 野手転向して数年経つ星秀和が相手バッターのデータを覚えるとか、ピッチャーの球種を把握なんてやるはずがない。おそらく、初球ストレート、次カーブ、その次スライダーみたいにピッチャーが持っている球種を順番にサインを出して、ピッチャーが投げたいボールにうなずいて投げたんだろうな。

 そもそもサインをどうやって出したんだろう。キャッチャー登録じゃない選手がサインを覚えるとは思えないので、事前に決めたんだろうか。指一本ストレート、指二本カーブみたいに。

 球種を決めるのはなんとか説明できますが、コースを決めるのはわからないですね。球種×コースでサインを作ると組み合わせが膨大になるので、事前に決められるとは思えない。コースはピッチャーにおかませで、ウン年ぶりにマスクを被った星秀和が捕れるとも思えない。疑問です。

 二、三年前にキャッチャーを使い果たした原監督が木村拓也をキャッチャーに起用したことがありますが、そのとき「結果はどうでもいいから、木村のケガだけはして欲しくない」と祈っていたとか。今日の渡辺監督も似たような心境だったと思います。星秀和はそれだけのリスクを背負ってマスクを被ったんだから、オフの契約更改で、今日マスクを被ったことを年俸アップの材料にしても許せます

 ちなみにバッテリーを組んだ涌井は同期入団。星秀和野手転向で、永遠に組むことはないと思われていた同期バッテリーが今日実現するとは野球ってドラマだね

 おまけ

 急造捕手と聞いて、高木大成を思い出す人はかなりのライオンズファン。98年(多分)に中嶋負傷退場でキャッチャーがいなくなって、高木大成がマスクを被った試合をテレビで見ていた記憶があります。

 当時も「どうやってサイン出すんだろ?」と思ってましたが、橋本をリードしてあっさり抑えたのに驚いたものです。

 野手も使い果たしたことで、DH制のあるパリーグでは異例になる打席に立ったピッチャー橋本が結構粘ったことを覚えています。業を煮やした相手ピッチャーがフォークを投げて三振に取ったぐらいです。そのとき「橋本よく頑張った」と場内から拍手が送られたのはいい光景でした。



テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/10 22:36] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
認めちゃいけない
 ピッチャーがいくら頑張っても、0-0の引き分けしか取れません。打線が最低一点は取れないと勝てません。ライオンズの野手はこの事実をどう考えているんだろう

 8表左のハウザーが登板したとき、大崎をそのまま打席に送ったのは疑問でした。左の川井だからベンチなのに、左のリリーフが来ても代打起用というのはスジが通りません。あそこは右の米野を送った方がいいかと。

 さて、ペニーにMLBからオファーが来ているそうな。

ソフトバンク退団が発表されたブラッド・ペニー投手に大リーグの複数の球団が契約を持ちかけていることが9日、分かった。8日の米スポーツ専門ケーブルテレビ局「ESPN」の電子版が伝えている。

 退団を発表したのが昨日で、今季一試合しか投げていないペニーになぜオファーが出るんだろう。そう、タンバリングの可能性大です。

 もしタンバリングがあったなら、今後活躍している外国人に「アメリカに帰りたいと自己都合での退団をチームに申し入れろ、退団したら即オファーを出す」というタチの悪い引き抜きが多く出るでしょう。日本野球舐められすぎだよ。悪しき前例を作っちゃいけない。

 もしペニーがMLBのチームと契約したなら、コミッショナーはタンバリングがあったか調査していただきたい。この問題を放置すると、あとで困るのは日本野球です。活躍している外国人がいきなり帰ってメジャーで活躍するのを喜ぶほど僕はお人よしではありません

 自己都合で退団するなら、年内は世界中のどのチームにも所属しないぐらいの条項を契約にいれてはどうか。そうじゃないと、日本野球は舐めれられたままになってしまいます。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/09 21:24] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
リベンジ成功
 牧田は左打者を並べられて負けた前回のリベンジをやってくれました。よく先発と抑えは調整から変わるから、どっちもこなすのは難しいと言いますが、どっちもこなしている牧田は素晴らしい。ローテを涌井の代わりに引っ張っていけたらと思います。

 9回に涌井を出さなかったのは疑問です。抑えをやるならワンミスも許されない一点差の状況で投げるのは多々あるので、今日が使いどころだったのに。借金持ち、最下位という現状を思えば堅く勝ちにいきたいのもわかりますが、シーズンはあと110試合前後あるんだから、長期的な考えも持たないといけないでしょう。

 今日やっと渡辺監督と僕のオーダーが一致しました。今日のオーダーに疑問はないです。強いて言うなら、秋山はライト、熊代はセンターで使うのが理想ですね。最も肩を要求されるのがライトですし。そうそう今週売りの週刊現代によると、熊代は先日ファルケンボーグからホームランを打った米野の記事を読んで、「こんなことされたら僕は使ってもらえない」と話すほど熱い選手のようなので、今後も使っていただきたい。

 劣勢のチームには、上手い選手より、戦意のある選手が求められると思うんです。上手くてもタイムリーを打った相手選手とタッチする選手はいりません

おまけ

 ペニーが退団するとか。MLB100勝が来るなんてありえない、なにか理由があると思っていたら、これですか。まだ33歳と若いので、最後の一稼ぎを考えているわけじゃないよなと一かけらの良心を信じたファンがバカを見ました

 秋山さんも頭痛いだろうね。帆足も戦力になっていないので、三本柱の穴埋めは帆足とペニーで二本埋めて、残りの一本は若手という構想が思いっきり狂ったし。今のホークスのローテ攝津、若手四人、新垣じゃ計算できません。

 ブラゾバンを残して先発で使うとか、ブラゾバンをブルペンに回して金澤、吉川を先発転向させた方がよかった気も。日本で実績のないメジャーリーガーより、日本で実績を挙げたマイナーリーガーの方が使えるってことだね!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/08 21:43] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
神宮球場ォー!
 たまにはセリーグもいいねと神宮球場へ。鹿児島に住んでいたころはスワローズ黄金時代ということもあって、神宮に憧れていたものです。屋外ナイターでビール飲むの美味しそうというのもあったし。当時は池山が好きでした。おそらく甲子園も同じだと思いますが、学生野球の神宮とプロ野球の神宮は雰囲気違いますね

 強風と雨の中、試合やるか不安でしたが、直前になって雨が止んでプレーボール。試合中は雨とか強風はなく、快適にナイターを楽しめました。屋外はこうじゃないとね

 去年二位、現在首位とスワローズが調子がいい理由が序盤で少しわかりました。1裏無死ランナー一塁の場面で打者福地に犠打を指示。序盤で犠打をやらせるのは、三、四点あったら守ってくれる投手陣がないとできない作戦です。

 コツコツ得点しても、一気に逆転される投手陣なら序盤に犠打はできません。岸、牧田が投げたとしてもブルペンに不安のあるライオンズなら、序盤はビッグイニング狙いの強攻をやるしかないでしょう。面白い、面白くないはともかく序盤に犠打ができるチームは羨ましい

 2表一死二、三塁打者堂林の場面でスワローズ内野陣は前進守備を敷きました。普通は前進せず一点はくれてもいいから、アウトを増やそうと思う場面です。前進守備の意図は前田健太相手なら、二、三点の勝負になるから得点を与えたくないということでしょう。

 それと、「あっさり得点は与えたくない、ゼロを着けたい」という緊張感を持たせるというのもあるでしょう。あっさり得点を与えても、反撃して取り返せる保証はどこにもないし。しっかり一点を取りに行って、あっさり一点を与えないのがスワローズの強さの理由の一つだと思いました。

 
前田健太

 7回無失点、二安打二打点のワンマンショーを演じた前田健太。投げて打って野球選手の理想像だな。DH制のパリーグと違って、投打ワンマンショーを演じる可能性があるのが9人制のいいところ

 前田健太の振りかぶって投げる姿に見とれました。そういえば土曜に見た大石も振りかぶって投げていました。ピッチャーはセットより振りかぶって投げる方がカッコイイ。「桑田に憧れたから、振りかぶって投げる」と松坂が言っていたように、前田健太に憧れて振りかぶって投げる野球少年が多数出て来たら嬉しい。

神宮ブルペン

 「グラゼニ」でよく見る光景です。グラゼニ原作の森高ではありませんが、ブルペンの様子を見ているだけでも楽しめます。もし神宮がブルペン公開型の球場じゃなかったら、「グラゼニ」はなかったんだよなあ。やっぱり神宮いいな

 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/05/07 20:38] | プロ野球 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
大物デビュー!
 ホームアドバンテージはないのかこのチーム。僕が次に見に行けるのは交流戦のスワローズ戦。まさか交流戦まで勝ち試合を拝めないとは思わなかった。勝つのが見たかったらビジターの試合、来週の仙台、函館まで行けというのか。

 オーダーが発表されたときに嫌な予感がしました。ライオンズは昨日と同じなのに、マリーンズは二~五番以外を変更。昨日の先発が両チームとも左腕で、今日の先発が両チームとも右腕ならお互い打順を変えてくるのが普通でしょう。左右関係なくスタメンを組むのは、強いチームがやることであって、今のライオンズだったら左右の相性なり直近の成績なりで組み替えるのが妥当でしょう。

 5表2-4、二点ビハインド、二死二、三塁、打者左の角中の場面で、右の木村を出したのは驚きました。今のライオンズは四点ビハインド着けられたら勝つ可能性がないといっていいので、追加点を防ぐためにも左の松永を投入した方がいいでしょう。

 渡辺監督が松永は勝ちパターンの終盤と考えているなら、改めた方がいいです。クローザー以外のブルペンの使い方を固定するのは強いチームだけで、今のライオンズは先発は出来るだけ引っ張って、先発が降板したらブルペンで調子のいい投手から注ぎ込んで、クローザーの涌井に繋ぐしかないでしょう。JFKのような使い方ができるブルペンなら、首位争いをしています

 イヤゴトばっかり書くのも嫌なので、今日デビューを飾った大石のことを書きます。緊張した様子もなく、冷静に投げているなと思いました。満員に入ったGWの試合でデビューいうことを考えたら、よく冷静に投げられるものです。注目度が高い早慶戦や大学選手権に投げた経験があるから、プレッシャーに強いんだろうな。

 ストレートでファールを取ったり、フライアウトを取っていたのでストレートがキレていると思います。あとは空振りが取れたらいいなと。あとはフォークとかタテのスライダーで三振を取ったり、カーブやチェンジアップでカウントを稼げたら言うことないです。

 マリーンズにしても追加点の欲しい、8.9回をキッチリ抑えたので、大石はリリーフの方がよさそう。今年は7.8回を投げさせて、来年クローザーを任せる英才教育を積ませてはどうか。ライオンズにも入団即抑えをやって、一億円プレーヤーになった岩瀬、浅尾みたいな投手がいてもいいじゃないか
 

大石デビュー戦

 メチャクチャマグレですけど、カメラマンっぽく撮れた。どっしりした腰回りが素晴らしい

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/05 21:17] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
四戦全敗はありえない
 今季四試合観に行って、まだ勝ち試合を観たことはないのはおかしい。ホームでは勝率が六割越えるのがプロ野球じゃないのか。ライオンズの辞書にはホームアドバンテージの言葉は載っていないんだろう

 本日のオーダーを観たときから、嫌な予感がしました。強肩の秋山がライトを守るのは結構ですが、センターヘルマンはないだろう。ヘルマンはセカンドかDHの二択ということを、渡辺監督はいつになったらわかってくれるんだろう。

 左の成瀬になぜ左の嶋を使う。右の米野でいいでしょう。おそらく過去首位打者を取った嶋には左右関係なく打てると思っているんだろうけど、今の打率を観ようよ。五番以下、

5.8 秋山
6.DH ヘルマン
7.9 米野
8.2 銀仁朗
9.3 浅村

 で組んでくれたら文句はいいません

2012.5.4オーダー

 二点じゃ勝つのは難しいね。中盤のチャンスをモノにして、あと一、二点取ったら展開も変わったんだろうけど。成瀬はボール先行でもカウントを揃えてくるので、エースを張るだけあります。カウントを揃えることができなくて、フォアを出したりストライクを取りにいって打たれるのは多々あるし。いいピッチャーです。

 負け投手になったウィリアムズは初登板ということを考えて、保留。ストレートに力があってストライクを稼げるだけ、ゴンザレスよりは上でしょう。初めて投げさせるんだったら、プレッシャーの少ない昨日の8表6点リードで登板させて緊張を解かせるぐらいやっていいのに。初登板がプレッシャーの掛かる同点8回じゃきついよな。

 9回に涌井を投げさせたのは、今後涌井をクローザーとして使うってことでしょうか。森繁和が「不調の先発を目の前のバッター、目の前のイニングを打ち取ったりゼロに着ける感覚を戻させるためにブルペンで使うこともある」と先週の週刊ベースボールで話していました。

 これは「ピッチャーを始めたころは誰もが『6.7回を三失点以内で抑える』なんて小賢しいことは考えなかった、目の前のバッターを打ち取って、イニングをゼロに着けることしか考えなかったはず、その原点に帰らせる」ということでしょう。

 クローザー不在のライオンズのチーム事情と重ねて考えても、クローザー涌井はアリでしょう。涌井の調子が上がって来て先発復帰を考えても、チームがクローザー不在に悩むのは目に見えているから、涌井は今季いっぱい抑えをやってもらいましょう。先発、抑え両方やることで将来涌井が指導者になったとき、教える引き出しが多くなるからいい指導者になれるだろうし。チームと涌井どっちもwin-winになるいいプランだと思います。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/04 21:26] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top
若獅子のGW
 小石プロ初勝利、秋山大暴れと若獅子大活躍の日に休出はないなあ。代休取れるからいいけどね。平日ナイター満喫してやる

 帰り着いてオーダー見たら吹きました。五番秋山って。上がってまだ一週間の選手には荷が重いだろう。それでも結果を出す秋山はやっぱり大物だな。今季は長打が目立つので、秋山さんのようにホームランと盗塁が出来る選手になって欲しいです。ライオンズのセンター秋山の安心感を2010年代になって再び味わうとは思わなかった。

 2010年ドラフトの大将格大石が上がってきました。どんなボールを投げるのか早く見たいです。大石が去年未登板に終わったといっても、失望することはなかったです。聞けば大石は大学時代完投をしたことがなかったとか。アマ時代完投をしたことがないピッチャーに一年ローテなり、ブルペンを守れるとは思えません。

 大石はどこが取っても一年目は鍛え直しのシーズンになったと思います。チームもそれを考えたので、大石の今季年俸は現状維持の1500万だったと思います。1000万以上もらっていて一軍未出場なら普通は減らされるでしょう。

 まだ一試合も投げていない大石には、何勝とか何試合登板とかの数字は期待していません。僕が期待しているのは「六球団指名しただけのことはある」という大器の片鱗を見せて欲しいというだけです。昨年の菊池にはそれを感じました。

おまけ

 鹿児島生まれの世界チャンピオンって聞いたことが無い。淵上選手が世界チャンピオンになったら凄いな

プロボクシング世界戦 WBAミドル級タイトルマッチ 王者ゲンナジー・ゴロフキン―淵上誠(12日・ウクライナ) 世界初挑戦の東洋太平洋ミドル級王者・淵上誠が2日、WBA世界同級王者ジェナディ・ゴロフキンとの世界戦に向け、勤務先の東京・日野市の日野自動車本社で会見。学生時代は“番長キラー”でならした男が敵地に殴り込みをかける。


 ミドル級はライト級と並んで伝統のある階級で、過去スーパースターがいくらでもいる階級です。かつて「日本がサッカーでW杯に出場、五輪で100M決勝に出場するより先にミドルでベルトを取った竹原は歴史的快挙」と言われたぐらい日本人には縁のない階級です。

 アウェーでの試合、五輪銀メダル、プロ転向無敗のチャンピオンということを考えたら、淵上選手が勝つのは万馬券クラスの確率でしょう。でもスポーツはやってみないとわからないことは、先日の天皇賞春を見たらわかるとおり。万馬券期待します

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/03 22:07] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
ライオンズの不振の理由続き
 難しい低めのボールをホームランにした中島にイヤゴトは書きたくないけど、書きます

 9表チェンジの場面で目を疑いました。タイムリーを打ったホセに中島がグラブで触っている。プレー中ではなく、攻守入れ替わる場面なので、触る必要はどこにもない。「ナイスバッチ」のつもりか?

 人気、実力を備えたスタープレイヤーが誤解を招くようなことをしたらダメでしょう。逆に「タイムリー打った選手を称えるとは、お人よしすぎる、勝つ気があるのか」と一喝する場面でしょう。正直今のライオンズで勝ちたい、優勝したいと思っている選手はどれぐらいいるんだろう。

 負けが込むより、こんな場面を見せつけらる方がショックです。応援する心が折れます。あの場面は、その気がなくてたまたまグラブが当たったと思いたい。そう思わないと、球場に行く気力がありません。

 3-4、9裏一死一塁の場面で選手がベンチから身を乗り出していたことも書き加えて置きます。ベンチの空気は以前と比べるとよくなってきているけど、雰囲気に乗り切れない選手もいるということでしょうか。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/05/01 21:24] | ライオンズ | トラックバック(1) | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。