スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
期待の選手.2
 今日取り上げる期待の選手は中村剛也。昨日の岸といい、捻りのない人選で申し訳ない(汗)

 今季の中村は打率を上げることを期待しています。といっても、ホームランを捨ててヒットを狙えというわけでは全くなく、フォアを選ぶことで分母、打数を減らして打率を上げてくれたらなと。もっとひらたく書くなら、出塁率、出塁率を上げれば上がるOPSを上げて欲しい。

 中村とまともにストライクゾーンで勝負できるピッチャーはほぼいないといっていいでしょう。となると中村の攻め方はストライクゾーンギリギリを狙ったり、ストライクゾーンからボールゾーンに逃げる変化球で勝負することになるでしょう。対する中村はガマンして丁寧に見ていけばボールカウントを増やせるでしょ。

 その結果フォアを選べばチャンスが増えると。過去同じことをやったのが王、清原、落合と聞きます。王なんて、年間100四球を越えるのが普通だったらしいし。これを中村にやって欲しい。

 王が四球を選べたのは、通算444HRを打った強打者長嶋が後ろに控えていたので、フォアを選んでミスターに繋ぐだけで自分の役割を果たせるという考えがあったことが想像できます。つまり中村のあとの五番を誰が打つかが重要ってことね。

 頼れる五番が作れないなら、三番中村、四番中島もアリだと思います。メジャー式の三番最強打線を採用するのも面白いかと。

 三番最強打線は「いきなり初回に人気のある最強バッターに回ってくるとファンが喜ぶ」という意図もあるらしいです。いきなり中村のホームランから始まるのも面白いかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/29 21:24] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
期待の選手.1
 開幕まであと一ヶ月弱ということで、今季期待の選手を挙げていきます。まずは岸孝之

 一昨年、昨季とケガで離脱して、悔しいシーズンを送っているので岸自身、今季に懸ける気持ちが強いと思います。「復帰がもう少し早かったら一昨年は優勝して、去年は余裕でプレイオフ取れたんだよな」とシーズンが終わってから、悔しくなったのは僕だけじゃないだろうし。

 岸と言えば2008年の日本シリーズの印象が強いと思いますが、僕はそれが気にいりません。プロ六年目、28歳の岸が過去に浸っちゃダメでしょう。昨季マー君が活躍した要因の一つに、「いつまでも甲子園のイメージを引きずりたくない、プロ野球選手田中将大として認識されたい」という意思があっただろうし。

 来年の今頃、岸と言えば2008年の日本シリーズではなく、2012年シーズンと思わせるぐらいの活躍を今季の岸に期待したいです。まだタイトルを取っていないから、そろそろ取って欲しいし、いや取らないと。岸がパリーグのピッチャーのトップクラスに位置するためにも、タイトルは必須でしょう。

 岸は2009WBCで落選したとき、山田コーチから「次回の代表入りを目指して頑張って欲しい」と声を掛けられたそうです。今季活躍して山田コーチの思いに応えていただきたい

 涌井、岸で30勝ったら優勝見えて来るしね!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/28 21:36] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オスカー雑感
 毎年書いてる(多分)オスカー雑感を。本命「アーティスト」が作品賞含めて五冠制覇と、荒れない年でした。個人的には、ルーカスから「製作費浮かすためにCG使った方がいいよ」と言われたのに、ご丁寧にセット組んで惨敗した「ギャング・オブ・ニューヨーク」を撮ったスコセッシ御大が、3Dを駆使して撮った「ヒューゴ」に取って欲しかったなと。御大が最新技術を勉強して撮ったんだから凄いじゃないか

 「ブラピとディカプリオとトム・クルーズは取れない」というのがオスカー裏ルールなんだな。そもそもディカプリオは「ギルバート・グレイプ」で取らせてあげたかったし、ブラピは「ファイトクラブ」で取らせてあげたかった。トム・クルーズは「マグノリア」かな。

 賞って取れるときに取れないとダメなんだな。スポーツのタイトルと似てますな。ノミネート二回で二回受賞のヒラリー・スワンクとか二年連続で取ったトム・ハンクスなんてツキすぎたとしか思えない。

 原作で一番面白いドラフトのシーンをカットした「マネー・ボール」が脚色賞取ったらどうしようと思ってたけど、取らなくてよかった。「マネー・ボール」はノミネーションされていないけど、主題歌賞であげたかったな。ビーンGMの娘が歌うエンディングはよかったよ。

 作品賞でノミネートされている映画で観たのは「マネー・ボール」しかないのに、ここまで書けるオスカーは素晴らしいね。一年に一回書くことに困らないし。

テーマ:アカデミー賞/映画賞関連 - ジャンル:映画

[2012/02/27 22:12] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イタリアンリーガー
 GGはアジアか米マイナー、独立リーグに行くんだろうなと思っていたら、イタリアに行くとは想像できなかった。

西武から自由契約となった、G・G・佐藤外野手(33)=本名・佐藤隆彦=が、イタリアプロ野球・セリエAの強豪「フォルティテュード・ボローニャ」に入団することが24日、分かった。同球団が発表した。

 プレーし続ける限りチャンスはあるので、イタリアで打ちまくったGGが来年NPB復帰することもあると思います。「最初はマイナーからでも」とメジャーに移籍して、ライオンズ入団前に果たせなかったメジャーリーグでプレーする可能性だってあります。マイナー、NPB、北京五輪、イタリアとジェットコースター的な野球人生を送るGGを応援したいです。

 柔道が国際的なスポーツになったのは、戦前に柔道家がヨーロッパに渡って柔道を教えたり、前田光世がブラジルに渡って教えたのがグレイシー柔術になったりと、多数の柔道家が世界に出て柔道を広めたからと聞きます。競技普及の意味でも、野球が広まっていない国でプレーするのはいいことでしょう

 もしかしたらGGが将来イタリア代表を率いてWBCで日本と対戦するかもしれません。もちろんイタリアに行くことはラストチャンスという意味が大きいのですが、競技普及という意味でも大きいでしょう。
 
 キモティーはイタリア語でなんていうんだっけ?

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/25 21:04] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
メジャーからの模擬試験
 今季最も注目を集める新外国人はMLB通算119勝、昨季11勝を挙げたホークスのペニーでしょう。MLBで二ケタ勝てる投手が来るわけない、なにか事情あるでしょ。という勘繰りはともかく、三本柱流出で浮いた年俸分を「若手が頑張りに期待する」とコストカットに逃げないで、補強に使うホークスの姿勢は好きです

 帆足・中島が移籍するなら合わせて4億浮くんだったら、それで杉内、ホールトン取れ、どうせ巨人に行くだろと逃げるな、浮いた年俸をそのままコストカットに繋げるんだったら、夢ないだろと三か月前まで思っていました。

 話逸れますが、こういう補強は巨人がやるべきなんですよね。V9のあと、外国人を取ると決めたらムリしてでもメジャーで実績のある選手を取って、「やっぱり巨人は違う」と他チームのファン、関係者を唸らせるという志があったらしいです。他チームで活躍した選手を漁るより夢があります。松井同様無所属になっている、ジョニー・デーモン取ったら巨人凄いって思うよね。

 閑話休題。ペニーの投球より、NPBの打線がペニーをどう打ち崩すかに興味があります。中島が来季メジャー移籍を考えているなら、ペニーを打てないとダメでしょう。中村が来季WBCで四番を打つ気があるなら、ペニーを打てないとダメでしょう。ペニーは、NPBに投げかけられた応用問題、模擬試験という気がします。

 というわけで、NPBの野手全員「ペニーを打たずしてなにがメジャーか、なにがWBC三連覇か」ぐらいの気持ちでやっていただきたい。ペニーを打ち崩したら、「日本人の打力は凄い」とメジャー側からみた日本人野手の評価が高まるかもしれないし。

 
 

テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

[2012/02/24 21:33] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
職人
 「ANGEL VOICE」のヒキは上手いねえ。と何度書いたことか。週刊だから、一週間待つだけで済むからまだいい方ですね。月刊で描いていた「GO And GO」のときは「待てねえ、早く一ヶ月経ってくれ」とどれだけ思ったことか。スクイズを実行して、「打球がフェアなら敗退確定」のヒキはだった。マジで一ヶ月待てなかった。

 成田が一対一で決められるか?という前々からの課題に、皆川弟から決められるか?という期待、注目もあるから今回のヒキがホントにたまりません。ホントに古谷野は上手いマンガ家だと思う。こういうのを職人っていうんだろう。

 乾と松田が二大天才と描かれているので、U20代表に召集されるのはなんだろう。「松田が凄い」ということを強調したいだけで、あと一人は出さないというのもアリかなと思っていたので少し意外。このマンガが上手いところは、あと一人が作中最強のチーム、船学にはいないってことだと思う。

 普通は船学の強さを強調するために、入れたがると思うけど。おそらく天才がいないけど、秀才の集団みたいに描くんだろうな。事実選手に責任を持たせるチームワークを強調しているし。いや、ユウェルがフル代表に召集される天才を越えた規格外って描き方もあるね。

 囚人リクの隠し口座を書いたメモのやりとりを2Pで描いたのが驚きでした。刑務所から外へ出るのをコマを上手く使って2Pでよく描いたなと。アップを多用して心情を描くのも上手いし。編集は凄い人見つけてきたものです。

 

テーマ:少年チャンピオン - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/02/23 22:12] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キャンプ打ち上げ
 本日キャンプ打ち上げ。おつでした。現地に行かず、メディア越しにしか様子はわかりませんが、大きいケガ人が出ないだけでも成功かと。

 この時期に「全治○ヶ月、開幕絶望」という記事を読むと、「今が一番期待が持てる楽しい時期なのに、これはないだろ」とガッカリさせられます。かつて大成がキャンプ中に大ケガしたときは、かなり落ち込んだものです。今でも、あのケガがなかったらもっと出来たし、宮本、稲葉のような存在としてチームを引っ張れたのにと思っています。でもあのケガがなかったら営業マン高木大成もなかったので、どっちがいいかは全くわかりませんが。

 シート打撃で好投した十亀、渡辺監督に褒められた石川がキャンプの収穫でしょう。当然ですがこの二人全く見ていないので、早く見たいです。オープン戦も始まるし、戦闘モードに入ってきました

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/22 21:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
133キロのパワーピッチャー
 47歳、年下のコーチが六人もいる、誰でしょう?って山本昌しかいないですね。前々から大きいガタイから振りかぶって速くもない130キロストレートを投げる山本昌に興味というか、関心がありました。そこで読んだのがこの本

 通算2000奪三振を達成している投手は、NPB史上山本昌を含め18人しかいないそうです。そう山本昌はパワーピッチャーなんです。山本昌の一試合に投げるストレートの割合は五割だそうな。十分パワーピッチャーです。山本昌曰く「経験則から割り出した、ストレート勝負が出来る133キロが出なかったら引退する」とか。

 山本昌本人の左投げ、球質、コントロールという要因も絡んでいますが、プロでやっていくには133キロ出せばいいんだ。これには目から鱗が落ちました。ムキになって150キロ以上出さなくてもいいのね。

 山本昌がストレートにこだわる理由に、「ストラックアウトで変化球を使って的を落とす人はいない、ストレートは一番コントロールが着く球種だから」というのがあります。2ストライクからストレート勝負で打たれたときは、もう悪く言えないな。バッテリーからしたら、「一番コントロールがいい球種で勝負して悪いの?」って話になるし。批判するなら、「一番コントロールがいい球種で勝負したらいけない理由」を提示しないといけないし。野球は難しい

 山本昌が一番凄いところは、今中、野口、川上とダブルエースの相方がそれぞれ代わる中、ダブルエースのもう一つの座をキープし続けて、47歳のシーズンを迎えたことでしょう。無事是名馬ってよく言ったもんです。下柳と91歳の投手戦も見たいし、高橋周平と親子お立ち台も見たいです。交流戦の西武ドームで投げてくれないかな。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/21 21:53] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
獅子VS鷹ポジション争い
 今季の城島はキャッチャーは諦めて、ファーストを守ることになるようです。早速今日ファーストでオープン戦に出たとか。正直ファーストできるの?と心配です。

 コンバートは秋、春のキャンプで鍛えて、オープン戦で試してやっと見れるかどうかのレベルになるというぐらい難しいそうです。それを秋はリハビリで終えて、春から練習している城島は時間不足と言ってもいいでしょう。ファーストはガタイさえよかったら誰でも出来ると思われがちですが、落合が「バッテリー以外でボールに一番触るのはファーストなんだから簡単にできるわけが無い、ランナーが着くのはファーストが一番多いんだから、それだけ気も使わないといけないし、なにより左バッターの思いっきり引っ張った打球は恐怖感を感じる」と言っていました。

 この発言を思うと、いきなりファーストやって大丈夫かなと心配になります。ヒザの故障でキャッチャーができないという現実を受け入れた上でのコンバートなので、悪いとは言いませんが心配です

 なぜタイガースファンでもない僕がここまで心配するかというと、城島好きなんですよ。恐怖のホークス三割打線で最も怖かったのは城島でした。あの頃ケガさえなければタイトルが着いてきた松中より、城島の方が怖かったです。2004年プレイオフのとき、不調の松中の分まで打つ城島がどれだけ怖かったことか

 敵ながら認めることができる選手には愛情を感じます。パリーグでプレーしていた頃、顔もみたくない存在だった小笠原、紀洋もまだまだ頑張って欲しいし。

 そうそう、城島はブラゼルとポジション争いしているんですよね。ありえない。ライオンズOBであるブラゼルも頑張って欲しいので、このポジション争いは複雑です。ポジション考えたらどっちかしか使えないから和田監督が一番悩んでいるだろうね。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

[2012/02/19 20:55] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新日本が輝いた日
 あの頃新日好きだったな。と懐かしくなって「燃えろ!新日本プロレス、新日本VS Uインター」を買いました。当時鹿児島に住んでいた僕は、「東京住んでたら行けるんだよな」と都民が羨ましかったものです。

 10ウン年ぶりに見たけど、面白かった。いいものは古びないでずっと残るってホントだねえ。メインの武藤VS高田の大将決戦で武藤が勝ち、全八戦中新日五勝と勝ち越すと、いいところを全て新日が持っていって、Uインターを(会社的に)潰した大会でしたが、見返したら、新日のタックルがことごとく決まって、Uインターが打撃で押しても利かないし、新日のスープレックスでUインターがフラフラになるしと、内容の面でも圧倒したのが新日の勝因でしょう。

 石沢・永田VS金原・桜庭って凄いメンツのタッグマッチ。お互い「ブックさえ守ればなにやってもいいんでしょ」とガチの要素が高かったらしいです。石沢・永田のタックルが決まりまくって、桜庭にマウントを取られた石沢が下からの三角締めで勝つとプロレスというより総合的な試合でした。

 当時から思っていましたが、健介VS垣原の健介のやる気がないこと。「なんで負けブック飲まなきゃいけないの」と不満を感じていたことがミエミエ。ジョバー(負け役)を全うするのがプロだろうと怒られてもおかしくないレベル。それにしても、「健介は元気だけど垣原は引退したよ」と当時のファンに伝えたら信じないだろうな。野球で言えば「山本昌は現役だけど、今中は引退したよ」というレベル

 長州VS安生で、打撃で押しても全く利かず、タックルは切られて、バックドロップとラリアットを気持ちがいいぐらい受ける安生のジョバーぶりはもっと評価されていいと思います。前年ヒクソンに負けてスランプだったと安生本人が言っていたから、「負けブック飲むなら徹底してジョバーやってやるよ」と居直ったんだろうな。これがプロだよ

 武藤VS高田は、打撃とスープレックスと関節技の高田と見栄えがよくカッコいい武藤が合うんだろうか?と当時疑問に思ったことを覚えています。それを好試合にするのが天才なんだろうか。高田の打撃を受けて、ムーンサルトも出して、まさかのドラゴンスクリューで高田のヒザを壊して、最もクラシックな技四の字固めでフィニッシュと武藤が上手い理由がわかったような気がします

 武藤はこの試合以降、天才の名を欲しいままにするカリスマになり、高田は武藤に負け、橋本に負け、ヒクソンに負けといつも負けのイメージがつきまとうとレスラー人生の分岐点的な試合だったと思います。90年代の力道山×木村政彦だね。

 90年代末期のnwo×本隊の抗争とか橋本×小川の抗争とか出してくれたら買います。ぜひご一考を

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/02/17 22:14] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
打ち切られたある作品に思う野球マンガの難しさ
 やった試合はたった二試合、しかも一試合はダイジェストでもう一試合は一イニングやっただけで終わりという野球マンガは実在するッという話。チャンピオン連載の「デザート・ローズ」って知っている人いないよね。

 ライバルチームの試合が終わってさあ来週試合だと思ったら、「次回作にご期待ください」ってなに?あ然としました。きっといきなり打ち切り通告されたんだろうな。この業界「最終回みたいなラストページですね」って冗談言ってたら、その次の日打ち切り通告されたというのが普通にあるらしいので。

 敗因は、気弱で球速は速くないけど、打ちづらいストレートを投げるエースというどっかで聞いた(ヒント、ライオンズ大宮開催)設定だろうな。最初読んだとき、「少年誌なんだから、理屈とか駆け引きで勝負する技巧派じゃなくて、打てるものなら打ってみろのパワーピッチャーでいいのに」って不安に思ったのが当たりました。

 「Major」と「Go And Go」が面白いのはパワーピッチャーが主人公だったのが大きいと思うよ。パワーピッチャーは子供から大人までみんな憧れるロマンなんだから。少年誌なんだからロマン重視でよかったのに。少年誌で「ONE OUTS」はできないだろう

 思えば水島御大が四番を張る、週刊チャンピオンで野球マンガをやるというのが間違いだったかもしれない。そもそも野球マンガって「水島御大の食べ残しをどう料理するかがテーマ」って三田と森高が語ったぐらい難しいジャンルだし。「ストッパー毒島」のハロルドでさえ「野球マンガは描き尽くされているから」と乗り気じゃなかったっていうし。

 これから野球マンガを描くんだったら、切り口工夫しないとダメだよなあ。三田は「一千万で甲子園に行く」、森高は「野球選手とお金」と今まで手を着けてないテーマにして当てているし。思いつきで采配する暴君的な監督と、言うこと聞かないゆとり世代の選手に挟まれるコーチの話とか、「金は出さん、でも勝て」とムチャぶりされるGMの話とか、データを収集しても、チームがデータを活かしてくれないことに頭を抱えるスコアラーの話とか読みたいような。

 誰か描いてみないか。僕でよければ原作やりますよ

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/02/16 22:15] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
早すぎるよ
 まだ早いだろ。帰宅後ネットで見てあ然としました。

>  K-1で活躍したマイク・ベルナルド(南アフリカ)が、2月14日(火)に母国で死去していたことが分かった。享年42歳。

 K-1を運営する株式会社FEGの谷川貞治代表は昨日の夕方、ベルナルドの日本のスポンサーから第一報を聞いた。詳細は不明だが、近年はうつ病で精神的に病んでおり、自ら命を絶ったという。


 「判定なんか考えちゃいねえよ」とドツキ合うファイトスタイルが好きでした。K-1全盛のとき、ノックアウトで負けた選手が一、二ヶ月後出るのを見て、「ボクシングはノックアウトで負けたら三カ月は出れないって聞くけど、短期間で出て大丈夫なの?」と思っていました。

 ベルナルドの病気の原因が打たれすぎたこと、パンチドランカーによるものとしたら、余りにも悲しいです。ノックアウトで負けてもすぐ出す興行の都合の代償が早すぎる死かと思うと悲しいです。もっと選手のコンディションに気を使って欲しかった。会場に行かなくても、試合をテレビで見ることで自分も加担したと思うと、やり切れません。

 フグは没後10年経ち、バンナとアーツはIGF、ホースト、佐竹は表に出て来ない。K-1は遠くなりました。K-1があるたびにワクワクしながらテレビを見ていたころが懐かしい。K-1もPRIDEも無くなった今、ベルナルドの死は格闘技の終わりを暗示しているような気がしてなりません。

マイク・ベルナルド選手のご冥福をお祈りします。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/15 21:49] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イムor斎藤?
 キャンプも後半。もう気が着いたらオープン戦になるんだよなあ。オープン戦入ったら開幕まであっという間だし。ワクワクです。

 ルーキー十亀の評価が高いようで。某動画で繰り返し見ました。タイプ的に三振が取れるサイドスロー、今の選手で言えばイム・チャンヨン、昔で言えば斎藤雅樹をホウフツとさせます。ブルペンで使ってイム・チャンヨンにするか、先発で使って斎藤雅樹にするか、渡辺監督の起用が見ものです。

 涌井、岸、西口以下、菊池、牧田、十亀、大石のローテが組めたら優勝ですね。小石もいるし、うまくいったら投手王国が出来る気がしないでもないです。もし十亀が新人王を取ったら、あえて藤岡を避けて十亀単独指名したフロントと十亀をプッシュしたスカウト恐るべしです

おまけ

 昨日帰宅後PCを見たら、ビックリしました。オカダ・カズチカって去年の1.4で高山、杉浦組にいいとこなく負けた選手だよね?その人が一年後にIWGPヘビーを取るって信じられない

新日本プロレス「THE NEW BEGINNING」が12日、大阪府立体育会館で開催され、株式会社ブシロードが新たに親会社に就いてから初のビッグマッチとなる今大会メーンイベントでは、IWGPヘビー級王者・棚橋弘至が王座から陥落するまさかの大波乱。米国帰りの挑戦者、“レインメーカー”オカダ・カズチカがIWGP初挑戦でベルトを奪取する快挙を達成した。

 凱旋帰国後一ヶ月でベルトを取るって異常なプッシュだな。プロレスは筋書きのあるショーと言っても、ヘビーのチャンピオンは劇団で言えば座長に当たります。チャンピオンは、その日の興行を左右するメインで起用されるので相当なプレッシャーが掛かるポジションです。

 メイン以下が面白くても、メインで外せば「つまらない」って言われるし、その逆もあります。だから新日は思い切ったことやったなと。ウン年ぶりに新日熱が疼いてきたような気がする。ワールドプロレスを毎週見る日々が戻ってくるんだろうか。

 オカダ選手の決め台詞「俺が新日本に金の雨を降らせてやる」は好きです。ショービズなんだから、集客を意識してプレーするのは大事だね。お客さんのいないところでいいプレー、ファイトを見せても、意味が無いし。浅村、菊池、秋山ぐらいの若手が「俺がライオンズに金の雨を降らせてやる」という気持ちでプレーしてもらったら凄く頼もしい

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/14 21:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
理解できないチーム
 僕にとってカープほど理解不能なチームはありません。例えば、交流戦が始まった頃「西武ドームビジター外野を真っ赤に埋め尽くすのに、なぜカープは観客動員数10位以下なのか?」と疑問を持ちましたし、「金が無くて弱いのなら、他のチームみたいに大手企業にスポンサードしてもらえばいいのに。弱くても一生懸命やればいいと、生温かく学芸会を見守る父兄的な視線でファンは見てるの?なぜ身売りを望まない」と思っていますし。

 「いまどきマスコットがバットを持った男の子でもないだろ」という好みは別にして。カープを理解するには広島に住むしかないんだろうか?と悩んでいました。そこで手に取ったのはこの本

 黒田、新井が移籍した理由がやっと見えました。二人とも欲したのは「チームを強化して、優勝するためのビジョン」だったのに、チームがそれを示してくれないなら移籍するしかないよなあ。新井に対するタイガースの提示がカープと変わらなかったという個所にはあ然としました。もしカープが優勝するための戦略を示せば、新井、栗原の三、四番が見れたのに。

 黒田が残留した翌年(2007年シーズン)のホーム初登板でファンが拍手、コールもなかったというのを見て、あ然としました。黒田も「移籍初登板だったら拍手、コールがもらえる可能性が高いのに、残留初登板でなにもないとは」とガッカリしただろうな

 話逸れますが、ホーム初戦で中村に拍手、コールをやりましょう。西武ドームに行けなくてもテレビ、ネット、ラジオの前で拍手を送りましょう。テレビ、ネット、ラジオがないなら心の中で拍手を送りましょう。そうしないと中村がかわいそう

 あと、帆足が移籍したのは「ライオンズが強くなって、優勝を狙うための戦略はよくわかったけど、地元で投げたいから移籍した」と思いたいです。移籍したのは戦略がよくわからず、優勝するとは思えないからじゃ寂しいじゃない。

 コーチの年俸は1000万強と聞いたことがあります。スタープレイヤーを取るお金がないなら、いいコーチを取るお金はあるでしょう。それでも2011.12年度のカープはコーチングスタッフにOBばかり揃えたというのを知って、あ然としました。指導力の高い人じゃなくて、引き受けてくれる人にオファーを出したのがミエミエです。

 コーチにOB以外(例、大石ヘッド)を連れたきたホークスとは大違い。こういう排他的、閉鎖的な態度でチームを作っているからカープは弱いんだろうな。

 昔のカープはOBではない根本を監督に迎えたり、広岡、関根をコーチにしたりと出身に関係なくいい人材を揃えた時期もあったとか。これをマネるだけでも強くなるのに。優勝経験のある東尾、梨田、若松、伊原を監督に迎えるのもいいですし、矢野、古田、赤星など一時代を作った若手解説者にコーチを任せるのも面白いでしょう。選手にお金を使えないなら、コーチングスタッフにお金使おうよ。それができないなら、身売りを考えたらどうかと。中国地方唯一のプロ野球チームであり、半世紀以上の歴史があるという素晴らしいセールスポイントがあるんだし。

 プロなんだから結果を求めようよ、秋に美味い酒を飲みたいと思わないか

テーマ:広島カープ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/12 20:44] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アリのマネをせず地道にやればよかったのに
 ここまで予想と期待を裏切らないアスリートもいないな。

ボクシングの亀田ジムは8日、同ジムのWBA世界バンタム級王者・亀田興毅(25)が同12位のノルディー・マナカネ(28)=インドネシア=と、4度目の防衛戦を4月4日に横浜アリーナで行うことを発表した。 
 一翔と八重樫は統一戦に動いて、粟生は挑戦者一位、山中は二階級制覇、三団体制覇を成し遂げたダルチニャンと迎え撃ち、西岡はドネア戦に動くと景気がよく、活発なボクシング界に水を差すようなことがよくできるもんだ。ここまで空気が読めない人もいないな

 WBCバンタムを持つ山中から「亀田選手と統一戦をやりたい」と言われず、一階級上の西岡に「亀田選手が階級を上げるなら対戦を考えたい」と言われない現実を興毅はどう思っているのか、マジメに知りたい。リング外のパフォーマンスの是非はともかく、実力を認められているなら対戦アピールがあるはずだけど

  お客さんを入れるためにパフォーマンスをやるのが悪いとは言いません。パフォーマンスが悪いというなら、アリを否定してしまうし。ただパフォーマンスをやるなら、結果を出して黙らせないとダメでしょう。一翔のように、40戦無敗のチャンピオンからKOでタイトル獲得→挑戦者一位をワンサイドで倒す→格下を秒殺ぐらいやったら、誰も文句言わないんだから。アリはこれをやったからスーパースターになれたんだろうな。

 亀田一家はパフォーマンスをやらずに、一生懸命ボクシングに打ち込む家族として売ればよかったのに。悪い意味でアリを解釈したとしか思えない。どうせやるなら、膨大に出ているアリのノンフィクション、評伝を読んだり、ドキュメンタリーを見たりすればよかったのに。まあここまで調べたらアリのマネなんておこがましくてできないと思うけどね。長嶋茂雄のマネをする野球選手なんていないでしょ

おまけ

 石川選手がいいらしいです。僕の予想ではノーマークでした。素人ですな(汗)

 渡辺監督は2008年の松坂健太、昨季の秋山、浅村のように開幕戦で若手を抜擢するのは好きなので、石川が続けば面白いなと。頑張った若手に開幕スタメンを与えたら、若手のやる気が増しますし、若手にポジションを取られたらいけないと中堅以上が発奮するので、若手を開幕スタメンに抜擢するのはいいと思います。

 渡辺監督はここまで計算して、若手を開幕戦で抜擢していると思うけどね。毎年若手が出て来るのを見ると、ライオンズファンやっててよかったなあとしみじみ思います

テーマ:ボクシング-西岡・内山・亀田・内藤・井岡・下田・山中・粟生 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/11 20:58] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
12から13へ
 チーム数を増やす、エクスパンションを考えなかったプロ野球ファンはいないでしょう。僕も「数年単位で二チームずつ増えるメジャーは楽しそうだな」と何度思ったことか。

静岡市はプロ野球の地元球団創設に向け、4月に新部署を立ち上げる方針を固めた。野球に対する市民意識の調査費なども含め、平成24年度当初予算案に数千万円を計上する。定住人口を増加させる起爆剤として、田辺信宏市長が球団創設に意欲を示しており、新部署設置はこの一環。球団創設に向けたプロジェクトがいよいよ始動する。

現在、北信越、四国、南九州・沖縄の各自治体にも球団創設を呼びかけており、現行のプロ野球12球団を一気に16球団まで増やす準備を進めている。

 プロ野球チーム誘致ではなく、チーム創設を考えるとは静岡市のスケールデカすぎ。夢は大きく持たないとね。もしNPB加入するなら、パリーグがいいだろうな。神奈川のベイ、愛知のドラに挟まれる形でセリーグに加入するより、東海地方唯一のチームとしてパリーグに入った方がお客さん入ると思う。交流戦のドラ戦を東海シリーズとして売ることもできるし。

 エクスパンションしようと思っても、どこがスポンサーになるのか、どれぐらいのマーケットなのかという問題が立ちふさがるから、簡単にはできないんだよね。プロ野球は、日本のスポーツ界では業界ごとに数人しかいない一億円プレーヤーが80人弱いるというメチャクチャスケールのデカイ業界だから、大手企業がスポンサードしないと成立しません

 スポンサーのいないカープが10数年Aクラスから遠のいていることを考えても、スポンサーがいない市民球団は不利というのが現実です。それと興行として成立するには、できるだけ規模の大きい都市にチームを構えないといけないだろうし。

 この二つをクリアして静岡市がNPB加盟できるか見ものです。12チーム制になって約50年経つというので、できることならエクスパンションをした方がいいかなとは思っています。でも現実を考えると難しいんだよね。
 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/10 21:10] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
選手名鑑
 クイズ、いつもの「週刊ベースボール」は棚に置いてあるだけなのに、一週だけ平積みにされる号がある。それはなんでしょう?答えは選手名鑑号ということで、今日はその話。ちなみに年間の売上で一番突出しているのは選手名鑑号というのはホントらしいです。

 去年無かった評論家一覧が復活したのは嬉しい。これで大御所の生存確認ができます(オイ)杉下茂87歳って解説できるんだろうか。吉田義男79歳も怪しいし。それを言うなら、高木監督、権藤ヘッドの70歳コンビはもっと怪しいですが。ベンチに介護士が必要だと思うよ。

 ホークス見たけど、ファルケンボーグ、ピント、カストロ、陽、載っていないけどペニーって外国人投手は最大三人しか使えないのに、五人も使えるんだろうか。外国人投手は三人ぐらいに絞って、空いた二人は育成から昇格して埋めればいいのに。

 もったないことしているとしか思えない。昨年登板のない陽なんて台湾に帰した方が本人のためだと思うけど。もう29歳なんだし。

 マリーンズとカープの首脳陣の欄は○、△、□がありません。そう内部の入れ替えだけで済ませたと。昨季六位、五位に沈んだのをフロントはどう考えているんだろうか。昨年ぶっちぎりで優勝したホークスでさえ、二軍に前田内野守備コーチ、苫篠外野守備コーチを入れているのに。マリーンズとカープのフロントにはやる気があるのかと問いたいです。

 ドラゴンズがひどすぎでした。高木監督以下ルーキー、川上、山崎など移籍組の写真がスーツ。一年中使う本なんだから、写真はユニを使おうよ。撮影が間に合わないなら、発売送らせてもいいし。業界内で選手名鑑を最も早く出すというプライドにこだわっているんだろうか。

 イーグルスの初年度にプレーしたイーグルス一期生を調べてみたら、六人しか残っていませんでした。内訳は山村、有銘、小山、高須、牧田、中島ね。創立八年を考えると、六人残っているのは適正な数字なんだろうか。最後の一人になるのは誰だろと、不謹慎なことを考えてしまいます。

 伊原さんの鈴木GMインタビューも載っているので、ライオンズファン的には嬉しいです。「監督にドラフトで『誰を取れ』と個人名を出されると困る」というのは、「こっちは一年見て判断しているんだ、たまたまテレビで甲子園を見たからって思いつきで言うな」ってことだろうな。

 仰るとおりですね。ドラフト前は思いつきでものをいう監督をなだめるのはどのチームでもあるんだろうな。監督をクジすら引かせず座っているだけにさせるファイターズは偉大

 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/08 22:01] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
頑張ろうセリーグ
 セリーグ大丈夫か?

セ・リーグが、今季から導入を検討している予告先発以外にも(1)レンタル移籍制度(2)指名打者(DH)制度(3)独立リーグへの選手貸し出しなど、複数項目について協議していることが4日、分かった。

 予告先発、DH制の良し悪しはともかく、パリーグで採用している制度を導入したらセパの差別化ができないだろう。差別化しないならリーグ分けの意味が無くなる。まあチーム数を減らさない一リーグなら考えてもいいとは思うけど。

 人気、集客面でパリーグを圧倒し続けて、チーム数を減らす代わりにセリーグに入れてもらって一リーグ制をやろうとまでパリーグを追い詰めた、人気のセはどこいった?もしパリーグの制度をそのまま導入したら、セリーグはパリーグの軍門に下ったことにならないか?次はパリーグに入れてもらって一リーグ制でやりましょうと言うつもりか

 どうせなら、パリーグとの差別化を進めてセリーグの個性を打ち出すようなことを話して欲しかった。例えば、交流戦の扱いは置いとくとして、前後期制を採用するとか。プレイオフは前期、後期優勝チーム同士で争って、勝者をリーグ優勝、日本シリーズ進出チームに認定すると。優勝チームと日本シリーズ進出チームの食い違いが発生する現行のプレイオフ(ついでにクライマックスシリーズという名前も気に入らない)が気に入らないので、前後期制は面白いと思う。

 三時間半ルールで発生する多くの引き分けを減らすためにも、延長イニングは無死一、二塁から始めるタイブレーク制を導入するとか。タイブレーク制はランナー二人を確実に返して、ランナー二人を返さない駆け引きが発生するから、面白いと思うけど。ちなみに北京五輪アメリカ代表は、二点は取って取られるルールだから、三点目を取って、三点目を与えないようにしようと考えたらしい。こういう駆け引きを生で見てたら面白いだろうな。

 とにかく、もっとセリーグ頑張ろうよ

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/06 21:56] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今季展望(外野手、DH)編
 風邪引いて外に出られない状態なので、「暗闇に踊れ」を読了しました。560Pを二日で読めるから、まだ集中力はあるなと。知能犯、詐欺がテーマだと思ったら、家族愛がテーマだったとは。

 馳の近作は「エウスカディ」は父と子、「淡雪記」は恋愛、「光あれ」は原発が無いと生活できない街で生きるやるせなさ、とテーマを変えて来るので読み応えがあります。返還前の沖縄をテーマにした「パーフェクト・ワールド」を書籍化してくれないかなあ。

 日記はともかく昨日の続きを。

外野手

 栗山は当確で、秋山がほぼ当確、残り一枠をカーター、坂田、熊代で争うという構図でしょう。秋山はセンターではなく、ライトで使って欲しいです。ファーストランナーのサード進塁を阻止するために、ライトには肩の強い人を置きたいのはセオリー(例イチロー)です。だからチーム一肩の強い秋山をライトに置きたいな。

 センターは走力、守備範囲重視でかまわないと思うので、熊代、斎藤彰吾になるかな。ホントはセンターに大崎を入れたいんだけど、秋山、熊代に抜かれて存在感が無くなっているし。ヘタしたらルーキー田代にも抜かれるかもしれないので、大崎の奮起に期待。

DH

 カーターでいいでしょ。打力期待して取ったんだし。で終わるのも芸が無いので続けます。ライオンズで歴代30HR打った日本人の左バッターは皆無に近く、20HRに下げてやっと鈴木健の名前が出てくるぐらい、左のパワーヒッターが出ないチームなので、坂田に期待しています。

 中島、中村が右だけに、坂田が主軸に入ったら右二人、左一人でバランスよくなるのにと。統一球で飛ばなくなったこともあって、右利きの左バッターである坂田は押し込む力が使えないから昨季HRが出なかったのかと思っています。

 正直、坂田は守備、走塁ではライオンズの外野でナンバーワンに慣れるとは思えません。打率も栗山に勝てるとは思えないし。だったら一発で勝負するしかないでしょう。昨季のパリーグで左で10HR越えたのは五人だけということを考えても、左でホームランが打てるのはレアなんだし。今季注目している選手の一人です。

 ザッと今季展望を書いたので、明日からは球界のいろんなことを書きたいなと。開幕前は遊べるしね。


 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/05 20:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今季展望野手(捕手、内野)編
 風邪気味だったのでおとなしくしていました。職場や電車でもマスクしている人が多いので、みなさん気を着けてくださいね。

 今日は野手編。

捕手

 昨季122試合出て、オールスター、代表選出された銀仁朗で確定。だけで終わるのもどうかなのでイカ書きます。個人的には銀仁朗確定じゃなくて、星孝典と競わせて欲しいなと。城島が「ブルペンでたくさんボールを受けて、プライベートで食事とかして性格を見せないとリードできない」と言っていました。それを思うと、シーズン途中から入って来て、チームに慣れたり、ピッチャーを知る時間もなかったのに第二捕手を務めあげた星孝典はかなり凄い

 プレイオフ一回戦でもマスクを被れば無失点に抑え、勝負どころでは打点を挙げたりバントを決めたりとラッキーボーイ的な存在になっていたし。第二捕手がしっかりしていると、終盤のチャンスで迷いなく代打、代走が送れますし、先発の相性でスタメンを代えてみたり、正捕手がケガしても焦らなくていいしと、いいことしかないので、昨季の星孝典は頼れる存在でした。

 星孝典も第二捕手に甘んじる気はないと思うので、銀仁朗と競わせてくれたらと。競わせてお互いレベルアップしてくれたら、渡辺監督も采配が振いやすくなるし。

内野手

 中村の右腕を守るためにも、内野シャッフルは面白いと思います。ただ中島が来季移籍するかは全くわからないということを考えたら、中島の去就に関係なく浅村にショートを守らせるという気持ちが必要でしょう。中島に来オフメジャーからいいオファーがなく、生涯ライオンズでいいですになった場合、「浅村くんショートからどいて」じゃかわいそうです。渡辺監督はそこまで含めてポジションを決めていただきたい。
 
 片岡の復帰が待ち遠しい。開幕戦に間に合わせるより、シーズンのトータル何試合出られたかが大事なので、じっくり治していただきたい。GWが開幕戦のつもりでやってもらったらと。それまではヘルマン、原、浅村でなんとかなるでしょ。

 内野はメンツが揃っているから気楽です。あとは渡辺監督がどう使うかだし。メンツが揃わないと采配の話ができないからねえ。

 明日は外野とDH。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/04 21:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キャンプ企画、戦力展望(ブルペン編)
 スポーツニュースで各チームのユニフォーム姿を見ているだけで楽しいです。入団会見ではしっくり来ず似合わないユニも、球場で着るとカッコよく見るし。やっぱり野球選手は野球をやってナンボだな。

 今日のお題はブルペン。昨季ブルペンで最も成績がよかった投手は岡本篤の49試合、55イニング、防御率2.11。打たれているイメージしかないけど、いい中継ぎじゃないか。50試合以上登板して、防御率1点台の投手はホークスは三人(森福、ファルケンボーグ、金澤)、ファイターズも三人(榊原、武田久、増井)いたことを思えば、昨季の渡辺監督はやり繰りに困ったことが想像できます。いい選手がいないと、采配の振いようがありません。

 ブルペンは岡本篤、星野、太陽、木村、松永、長田、ウィリアムズ、ゴンザレス、マイケル、十亀らの争奪戦というか、空き家だから狙い放題だな。役割的にライオンズで最も居場所が作りやすいのは、ブルペンなんだから目の色変えて狙ってみないか。涌井、岸、西口で三枠埋まっているローテよりはるかにチャンスあるだろうし。稼ぐにはまず試合に出ないといけないことは、「グラゼニ」読まなくてもわかるだろ

 左打者に左投手をぶつけて、右代打を出させると相手の選手層を削げるので、ブルペンには左投手が二人は欲しいです。昨季26試合に投げて防御率1.29と頑張った松永に期待したいし、チャンスはもらえてもなかなかモノにできず、一軍定着できない武隈、同期、同郷の赤川にメチャクチャ差を着けられた中崎は頑張って欲しいなと。あと星野の復活ね。ローズ、小笠原、松中の顔も見たくないスラッガーをカモにしていたころに戻れたら、かなり大きいんだけど。あのときの星野ほどキラーの称号にふさわしいワンポイントはいなかった。

 クローザーですが、打者のタイミングが取りづらいであろうクィックで常に投げる木村が入ってくれたらと思っています。木村は今季で六年目ということを考えたら、もし木村がクローザーに定着したらライオンズはクローザーに長期間悩まなくて済むという素晴らしいメリットがあるし。木村と同じ88年世代で先発をやっているマー君、前田健太、澤村に勝てないなら、クローザーでトップに立てばいいじゃない。クローザーをやることで松坂世代のトップクラスに君臨している藤川球児になろうよ

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/03 21:40] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キャンプ企画、戦力展望(先発編)
 「キャンプイン」という言葉だけで胸弾むものを感じます。やっと今季が始まるんだなと。いいシーズンになればいいな。

 せっかくなので、今季の展望らしきものを書きます。

投手(先発)編

 ローテは涌井、岸、西口、菊池、牧田、一久で回す構想でしょう。帆足の穴を菊池が埋められるかがまずポイントになってきます。一年ローテで回ったことが無く、まだ通算4勝しかしていない菊池に昨季9勝を挙げた帆足の穴を埋められるかは、やってみないとわからないとしか言いようがありませんが、菊池の昨季終盤のピッチングを思えば期待したいです。

 140キロ後半のストレートが投げられる左先発は菊池を含めてそうはいません。菊池はすでにレアな選手になっているから、期待したいじゃない。

 個人的には一久を中継ぎで使いたいんですよね。昨季のプレイオフ一回戦を見て、経験豊富で三振が取れる一久はリリーフが合っている、年齢を考えて三連投以上は投げない、年間50試合以上投げない、一イニング限定と決めて使えば面白いと思いましたし。

 となるとローテに左は菊池しかいなくなるので、一久のところにルーキー小石が入ってくれたら面白いかなと。小石が先発に定着してくれたら、菊池と小石の左二人でいい感じだし。

 昨季まさかのエース逆世代交代を許してしまった涌井、岸の復活も見所です。投手陣はどう考えても、この二人が引っ張らないとダメでしょう。涌井はダルに遠く離されたし、岸もそろそろタイトルを取ってパリーグのエースクラスに入りたいと本人にも気するものがないわけじゃないと思うので、期待です。この二人で30勝できればかなり優勝に近づけるし。

 ブルペンと野手は次回で。そうそう今日は僕の生誕祭でした。年々、年齢はただの数字ってホーストみたいなことを言い張るようになるのはいいのか悪いのか。
 



テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/02/01 21:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。