スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
祝菊池雄星初勝利
 ↓に「菊池初勝利と書けたらいいな」と書いたら、現実になりました。今日の菊池は140キロ出ていなかったけど、フライアウトが多かったから球威はあったと思います。それにしてもエゲツナイスライダー投げますね。あのスライダーは左バッターは打ちづらいだろうな。

 菊池の表情見てても落ち着いて投げていたと思います。二試合目の登板なのに、銀仁朗のサインにクビ振っていたし。今日は冷静に投げられたのが勝因でしょう。欲を言えば6イニング投げ切ってQS達成して欲しかったことですかね。それは次回の課題ってことで。

 中島が当たってきましたが、中村はもっと凄いです。三試合でHR5本の荒稼ぎ。今日の二本目は外野上段席までもっていく暴力的なホームランでした。

 中村は王さんになって欲しいと思うんですよ。王さんは「自分にはストライクゾーンの中じゃなくて、ギリギリか外に投げてくるから慎重にボールを見ればフォアを取れる。塁を埋めるだけでも役割を果たせる」と思っていたフシがあります。だって出塁率を稼がないと上がらないOPSが現役通算で一点台というギネス的な記録を持っているから。

 中村もストライクゾーンの中で勝負するピッチャーってほぼいないんだから、慎重にボールを見れば出塁率が上がるのに。フォアを選べば分母が増えないから、ヒットを打てば打率も上がるし。

 借金返済して上位を狙うには、大型連勝が欲しい。ということで明日からのファイターズ、ホークス相手の上位対決が楽しみです。パリーグを盛り上げるためにも上を倒さないと。ペナントレースが優勝争いと三位争いの二極化じゃつまんないしね。

 
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/30 22:37] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
相模原ドーム
 西口二試合連続(おそらく13イニングス)無失点ってどこのエースですか。キッツイ日程の中、ここまで頑張っていただくと頭下がります。このペースだったら10勝期待していいよね。

 チャンスが作れないなら一発だという、典型的な好投しているピッチャーの潰し方ができたのがよかったです。中島のポールギリギリの流し打ちホームランはお見事です。最近中島の打率が上がっていますが、おそらく統一球をどう飛ばすかのコツが掴めて来たんじゃないかと。三割の常連は違うね。

 今日も登板した牧田はストライク先行のピッチングが出来るのが心強い。80イニングス近く投げて、打たれたホームランが二本しかないのでランナー溜まっても安心して見てられますね。一勝一敗ペースを脱するためにも明日取らないと。明日は菊池初勝利と書けたらいいな。

 またベイスターズに身売り話が。

横浜買収への意欲は少しも失われてはいなかった。野島社長は、スポニチの取材に「(球団経営の)情熱はずっと持っていますし、今年に入っても(TBS側に)ずっと言い続けている。10月までにはあらためてちゃんと言うと思います」と話し、正式に交渉の席に着きたい意向を示した。


 ベイスターズ身売りが東スポの一面を取っていたので、会社帰りに東スポ買いました。東スポには「ノジマがベイスターズ買収、相模原にドーム球場建設」と威勢のいいこと書いてたけど、ノジマが球団買収・ドーム建設ってホントに出来るんだろうか?バブル時のダイエーじゃあるまいし

 建設資金を自治体が出すことも考えられるけど、神奈川県・相模原市の財政に余裕があるのかなと。まあ東スポは「日付以外全て誤報(by浅草キッド)」らしいから、ツッコムのはヤボってものかな。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/29 21:58] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
守護神襲名披露
 バファローズに引き離されないためにも今日は勝たないと。一勝一敗ペースじゃ借金返せないし、上にも行けないと危機感があった試合でした。

 一昨日、今日と打線が粘ってビハインドを返せるようになったのが大きいです。今までブルペンが打たれて試合を落とすたびに、攻撃が残っているのに反撃ができない打線も問題だよ。敗因を全てブルペンの責任にされてもと思っていました。今日みたいに、二回リードを与えながらも勝てたのは大きいです。

 一久はよかったです。3表の二点はエラー絡みだし、6表の二点はガルシアに2ラン喰らった一球だけだし。牧田不在でローテが薄くなった今、一久の頑張りが頼もしいです。

 6裏の二死ランナーなしからの反撃もよかったですが、7~9回の江草、許、牧田のランナーを許さないパーフェクトリレーを称えるべきでしょう。6.7回投げて試合を作る先発とリードを守らないといけないクローザーじゃ役割が全く違うし、一点リードなんてワンチャンス、ワンミスで同点、逆転に繋がるから神経使うしと思っていたら杞憂でした。

 牧田はいつもどおりテンポよく投げてあっさり三人、9球で終了。クローザー初登板でここまで投げられるものだろうか。初登板とは思えないぐらい堂々と投げていました。守護神襲名ですね。


2011.6.26スコア

 1951年ライオンズ。60年前とは思えないポップな字体と、二本戦のラケットラインがツボでした。帽子の太いLもいいね。ユニか帽子どっちか買おうかな。今年もどのグッズ買うか悩むんだろうな

2011クラシック

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/26 20:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
5x!
 明日はマー君だから今日は取りたいけど、今季四点ビハインドを引っ繰り返した試合あったっけ?と不安を持ちながらテレビ見てました。まさか引っ繰り返すとはね。2008年みたいな試合でした。こんなにドラマチックな試合は今季初めてだな。今まで相手にドラマチックな試合やらせてたから

 四回でノックアウトされた帆足のあとを引き継いで、イーグルスに五点目を与えなかったブルペンが勝因だと思います。神宮のスワローズ戦みたい。やればできるじゃない。ここに許と牧田が加わるんだから、ブルペンは鉄壁だな。

 9裏二死一、二塁浅村の場面で、「ここまで来たら勝ちたいし、10表をゼロ着ける保証はどこにもないんだから打ってくれ、外野が前進しているから内野の間を破ったらランナー返れない、理想は内野の頭を越えて外野手を横に動かすヒット」と思っていたら、想像を超えるホームランとは。お見事です。

 星野監督って想像以上というか、メチャクチャ短気ですね。8裏に美馬が片岡に四球を与えた場面で星野が凄い形相をしているのを見て、3-2からのフォアは責められないだろ、バッターがよく粘ったというべきなんじゃないの?ストライクを全く取れない、1つしか取れないフォアと2つ取ったフォアは内容違うだろ。フォアを出せないで抑えることができるなら、美馬は一億円プレイヤーになってるよと。もし星野監督がライオンズの指揮を取ったら、卒倒するだろうな。

 今のパリーグはホークスとファイターズが優勝を争って、残り四チームが三位を争うと全く気が抜けません。このチームに負けたら話にならないみたいな、カモがいないんですよね。当分抜け出すというより、脱落しないことを優先する戦いを強いられると思いますが、我慢してついていきたいですね。勝負は8月以降ですから。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/24 22:44] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
配置転換
 明日からリーグ戦再開。オールスターまで休みが二日しかありません。ここをどう乗り切るかで順位が変わってくる正念場でしょう。優勝の望みをつないで、最低でも三位をキープするためにもここは頑張らないと

 牧田がクローザーに回るのは驚きました。毎日試合があるということは、先発要員が7.8枚いないとローテが回らないので、先発要員をクローザーに回すのはリスクあるでしょ。

 それに、週一回で6.7回投げることが求められる先発と、毎日ベンチに入って肩を作るブルペンじゃ調整が全く違うっていうから、経験の浅いルーキーの牧田にクローザーをやらせるのはかわいそうだと思って。クローザーをやらせるなら、経験豊富な西口、岸、一久が候補だと思っていました。

 牧田にクローザーをやらせるなら、豊田以来出ていない和製クローザーを作りたい、今季はもちろん、来季以降ずっと9回を任せるぐらいの気持ちで起用して欲しいですね。9回が弱いからクローザーをやらせる、ローテが弱いから先発をやらせると便利屋扱いするのは牧田に失礼でしょう。

 クローザーというと、右投げのパワーピッチャーのイメージがありますが、アンダースローの牧田がやるのは珍しいといっていいでしょう。サイド、アンダーでクローザーをやるのは高津以来無かったような気がする。将来的に菊池、大石が先発やって牧田がクローザーやるのはバランスがいいし。意外に牧田クローザーは面白いかもしれません

 ヒョウタンから駒ではありませんが、うまくやったら9回を牧田で固定して、7.8回をどう凌ぐかを逆算で考える勝利の方程式が出来るかもしれないので、配置転換がどう出るか見ものですね

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/23 22:10] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
怪物の第二章
 松坂大輔が復帰まで一年という大手術をしたことは、説明不要ですね。松坂を高校から見続けて、ライオンズでエースを張る姿を見てきた僕にとっては、残念という言葉しか出てきません。松坂は桑田を尊敬していることはよく知られた話ですが、甲子園のスター→プロで活躍→ケガして長期リタイアってここまで桑田の野球人生をなぞらなくてもいいのに。

 松坂のケガってどう考えても、高校時代からフルに投げてきた勤続疲労だよなあ。松坂が受けたトミー・ジョン手術は日本人より日本人以外の人間の方が多い症例って聞くから、単純に日本野球の投げ込みが悪いとは書かないけどね。

 トミー・ジョン手術を受けても活躍した選手は多数って聞くから、松坂の野球人生はここで終わりとは書きたくないです。トリックスターは生き返るからトリックスターなんだろ。それに、松坂がやることはたくさんあります。

 松坂は日本人最初のサイヤング賞を狙って欲しいし、今後海を渡ってくる松坂世代と松坂が渡米した後にNPBでエースを張っている後輩の二つまとめて迎え撃たないといけないし。日本復帰するにしても、松坂の凄さを知らない若いファンに凄みを見せないといけないし。どっちにしろここで終わる選手じゃありません。 

 怪物伝説の第一章がサクセスストーリーなら、第二章は復活劇。挫折がない順風満帆じゃドラマにならない。そうだろ松坂。期待してるぞ

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/06/22 20:52] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交流戦総括
 交流戦お疲れさまでした。ライオンズは前半を9勝3敗といいペースだったのに、終わってみれば12勝11敗1分と貯金一つしか稼げなかったのが残念。交流戦前は借金5だったことを考えると、一つ勝ち越せただけでもよしとするべきかなあ。

 それにしてもパリーグ78勝57敗9分と全体で貯金21も稼いていいものか。交流戦を始めてから全てのシーズンでパリーグのチームが優勝、七年中六年パリーグが勝ち越しとはセリーグが情けなさすぎる。なあセリーグ、いつになったら本気を出してくれるんだい? 

 好投している投手を攻撃の都合で代える必要がなく、打つ気のない投手ではなく野手を打席に立たせることで投手、野手を伸ばすDH制の効用については、いろんなところで語られるからここでは書きません。それよりも、アスリートに最も根本的な部分、体力でパリーグが勝っているんじゃないかと。

 関東から広島までしかチームのないセリーグより、札幌から博多までチームがあるパリーグの方がコンディショニングに気を遣うでしょ。移動距離がハンパないパリーグで体調管理をいい加減にやってたら、あっという間に疲れが溜まってケガに繋がるんだから。この時点でセリーグに差を着けている気がする。いくら技術や駆け引きを重視しても、最後にモノを言うのは体力なんだから。

 去年身売り話が二つ出て、震災対応も後手に回って、グラウンドでは大敗とホントにセリーグいいとこないな。このままだったら、身売り先が見つからずチーム合併→パリーグに頭下げて一リーグ化になってもおかしくないような気がする。ここまで言われたくないなら、今年の日本シリーズで根性見せようよ

おまけ

 主人公の最大の壁が自チームの監督という、今までにない展開の「砂の栄冠」が素晴らしいです。ピリッとしない正捕手を代えることができるのは、ベンチの誰が出ても戦力の落ちない強いチームだけでしょ。クロカンだったら、「こいつの代わりはいないから使うしかない、勝負所になったらベンチからサインを出す」って展開になるよなあ。ガーソ無能すぎだよ。

 なんか、無能な上司に振り回されるサラリーマンマンガみたいになってきた。ビジネスものを描いてきた経験をここで活かすとは、三田やるなとしか言えない
 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/20 21:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
国営放送
 内海×涌井のエース対決になった今日の試合は、負けたけどいい試合でした。圧勝して、ライオンズの強さを全国民に知らしめる日にしたかったけど、そううまくはいかないね。

 浅村は7表にタイムリー打ったり、その後刺されてチャンス潰したり、9表は古城のファインプレーに阻止される同点タイムリー未遂と要所に全て絡んだと言えなくもないです。明日頑張れ。

 土壇場8裏に由伸、谷を代打に出せる巨人の選手層の厚さは凄いねえ。普通のチームだったら、最低でもどっちかはスタメンだろうな。代打にカブ、オーティズを出せるホークスに通じるものがある。

 NHKで見ていて気になったのは、8裏二死満塁で谷を打ち取ったとき、ライオンズベンチが軽く手をたたいただけだったこと。ピンチを抑えて一点差で維持したことは、かなり大きいことだからもっと喜んでもいいのに。今からチームの戦力を上げることが難しいんだったら、せめて士気ぐらい上げようよ

 明日は勝って借金2でリーグ戦といきたいものです。澤村には前回のリベンジを果たしたいし、牧田にはいい加減三勝目を着けさせたいしと明日勝ちたい理由はいっぱいあります


テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/18 21:42] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
クラシック2011
 今年のクラシック概要がやっと発表です。

また「ライオンズ・クラシック」史上初めて、人物に焦点をあてた内容で実施します。.
その人物とは、「西鉄ライオンズ初代監督・三原脩」。.


 今年のクラシックが西鉄ライオンズ元年の1951年を取り上げるということは聞いていましたが、「三年前のクラシックの焼き直しになったらつまらないというか、意味がないよな。どうやって独自性を出すんだろう」と思ってました。今回は球団史ではなく西鉄黄金時代、ライオンズ第一期黄金時代を作り上げた名将三原監督を取り上げるとは。やるなって感じですね

 ユニのロゴがポップって感じがします。現代的というか。西鉄ユニのドイツ調フォントといい、当時の西鉄にはデザインの天才がいたんだろうな。

 ストーリーをざっと読んでみましたが、三原監督って早稲田~巨人という王道を歩んだ人なのね。王道から逸れて博多に行ったって経歴が王さんそのまんま

 二番に小技ができる人ではなく強打者を置いたってことは、今でいう強打の二番を先取りした人なのね。かつて波留が「今はブルペンにいいピッチャーを置くチームが多いから、自チームのブルペンを使いやすく、相手チームのブルペンを使いづらくするために序盤にビッグイニングを狙わせる強打の二番は正しいと思う」と言ったことを思い出しました。これを60年前にやるとは三原監督の先進性は凄い

 三原監督はランナー、アウトカウントに応じた守りのフォーメーションを考えた人でもあるらしいです。守りのフォーメーションはV9時代に川上監督が考えたって話を聞いたことがあるけど、本家は三原監督だったのか。ドジャースの野球というよりライオンズの野球だったんだ。

 
 改めて三原監督って凄い人だな。クラシックが始まるともっと三原監督を知ることができるはずなので、今年のクラシックも楽しみです。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/16 22:04] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
神宮ルポ
 昨日神宮に行って来ました。丸一日経っているから、試合のことはいいでしょ。

 というわけで神宮ルポを書きます。神宮ってけっこう好きなんでよね。青一色に統一された座席、フェンスがオシャレ。都会のスタジアムって感じがあるし。

 神宮と言えば「孤独のグルメ」の舞台なので、ウィンナーカレー食ってきました。美味しかったです。カレー食いながら、「ファイト、ファイト岸」とか叫んでたらゴローちゃん気分を味わえます

 噂には聞いていたけど、神宮のスピードガンってムチャクチャだね。許さんの151キロには失笑しかできなった。グラマンも150キロ弱出してたし。「肩痛めたグラマンが150キロ弱投げられるわけがない、というか肩を痛める前なら100マイル出せるだろうな」ってここも失笑

 神宮だったら誰でもパワーピッチャーになれますね。一日店長みたい。逆に神宮査定で150キロ出して、「自分はパワーピッチャー」と勘違いさせてしまうから、ガンを甘くするのはだと思うんだけど。

 毎年神宮で都大会を観に行くのが楽しみなんだけど、今年は見れるかなあ。都大会の日程と自分の都合が必ずしも合うとは限らないし。去年は都合が合わなくて行けなった。なにが言いたいかというと、昨日が今年最後の神宮になってもおかしくないってこと。そう思えば、昨日行けたのは貴重だったか。勝ちたかったなあ。

  

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/06/15 21:23] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
菊池雄星初先発
 菊池雄星が初めて登板するという記念すべき試合でしたが、終わってみると誰が先発で投げたか覚えてないという荒れた試合になりました。
 
 まず順番的に菊池雄星から書かないといけないですね。結果から書くと3回途中4失点KOでしたが、ストレートが140キロ後半出ていたのと、バント処理時のフィールディングがよかったのが印象に残りました。サウスポーが一塁に投げるときは、体を反転させないといけないので右投手に比べるとやりづらいと思いますが、思ったより器用でした。将来的にはゴールデングラブを取れるかもしれないですね。 

 左の先発で140キロ後半出せる投手はそうはいないので、楽しみな投手だと思います。交流戦明けからオールスターまでは、ほぼ毎日試合が続くことを考えると先発要員が7.8人いないとローテが回せないので、菊池の次回登板は交流戦明けでしょう。今日はストレートとフィールディングの二ついいところを見せただけで上出来です。次回の登板に期待。

菊池雄星初登板

 圧巻は5裏の攻撃でした。無死一、二塁から代打原バント成功、一死満塁から代打平尾タイムリー、一死二、三塁から銀仁朗スクイズと渡辺采配がメチャクチャ冴えていました。ここまで采配が当たる試合はそうはないはずです。采配で勝てるゲームってこういうことなんだろうな

 2裏一死三塁打者熊代の場面でスクイズを指示したのは驚きました。プロで序盤にスクイズをやらせたのは記憶にありません。今日の渡辺采配にはなにがなんでも勝つという強い気持ちを感じました。苦戦していも、こういう姿勢で試合をやっていくのなら今後は明るいと思いたいです。

 ホームランなしで両チーム23安打って記憶にない。5裏に長打なしで4点取れたのは凄いというか、ありえない。いろんな意味で印象に残る試合でした。

2011.6.12スコア

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/12 21:30] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
名勝負数え唄
 たまには一人観戦、孤独の野球もいいね。と気楽にゴローちゃん気分で見てたら凄い試合になりました。そういえば引き分けを見たのは二年前のカープ戦だった気が。過去を含めて、交流戦で一番いい試合になっているのはカープ戦のような気がする。名勝負数え唄だね。

 前田健太が8回無失点の好投を見せれば、牧田も10回一失点と濃い投手戦でした。ヒットを許しても、連打を許さない前田健太はさすがセリーグを代表するエースだなと思わされましたし、毎試合エース対決で、援護もほぼ無いまま牧田もよく投げるよと感心しました。この二人で12回までいってもいいなと思ったぐらいです。

 カープ9表の連続スクイズには唸らされました。普通スクイズは一回こっきりの奇策なのに、よく連続でやれたものだと。あれは誰も読んでいないプレーだったので、牧田×銀仁朗のバッテリーは責められないです。あえて言うなら、サードに牽制を投げたり、一球外したりして一回目のスクイズは警戒して欲しかったなと。サードにランナーがいるのに関わらず、牧田がノーマークのまま投げているのを見て嫌な感じがしました

 9裏の中島の一発もさすがですね。帰ってから見直しましたが、サファテのボールは真ん中でした。それでも、ミスショットが許されない場面でバックスクリーン横まで持っていくのはたいしたものです。中島の一発の後中村の連続ホームランでサヨナラを期待したけど、うまくいかないか。うまくいったらマンガの世界だね。

 12回の攻防は力入りました。一死一、二塁代打前田の場面で登板して、ゲッツーを取った江草はよく投げたと思いますし、一死一、二塁打者片岡、栗山を打ち取って引き分けに持ち込んだ永川もよく投げたというべきでしょう。

 12回にお互いセカンドからの生還を防ぐために外野が極端に前に出てくるのを見て「外野定位置まで飛ばされるな」とか「飛ばしてくれ」とドキドキしました。こういうバクチ的な場面が一番燃えますね

 カープ4安打、ライオンズ10安打と倍ヒットを打ったので、勝ちたい試合でした。でも悔しくというより、いい試合を見られたという満足感の方が強かったです。いい試合でした

 

2011.6.10スコア

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/06/11 22:02] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パワーバランス
 連日のように2-1、1-0のロースコア決着があったり、50イニングス無失点、50イニングス無得点という記録ができたり、パリーグの防御率一点台が12人、打率三割が6人と今季のプロ野球はウルトラ投高打低になっています。

 開幕前から統一球は飛ばないからピッチャー有利になるとは言われましたが、ここまでピッチャー有利になるとは思った人はいないだろうな。2000年代序盤、打率三割が20~30人出たり、防御率三点台で防御率のタイトル取ったりしたときは、「投打のパワーバランスが狂いすぎ。打高投低すぎる。これじゃピッチャーやりたがる人出ないよ、飛ばないボール採用したり、ストライクゾーン広くしたりする救済策を作った方がいい」と思ったものですが、数年後バッターの立場で同じことを考えるとは思わなかった

 先行逃げ切りが最良の勝ちパターンだから、スタメンは打撃重視で組むというのが今までの考えだったら、今後は得点を挙げることより失点を防ぐことを考えて、守備重視でスタメンを組むような考えになるんだろうな。

 でも、一人で一点取れるのはホームランだけというルールは変わらないから、戦術的にもホームランは捨てて欲しくないです。なにが言いたいかというと、ホームランを捨てた結果、遠くに飛ばす、ホームランを打つ技術が次世代に残らないのは寂しいなと思って。ガタイがよくてパワーのあるバッターが芯に当たればホームランになるって、そんな簡単なものじゃないでしょ。遠くに飛ばす、ホームランを打つメソッドって絶対あるんだから。

 今後も投高打低の状態が続いていくなら、来季以降野球の考えからチーム作りまで影響を及ぼしていくので、一ファンとしても今後投打のバランスの推移が凄く興味深いです。このままだと、今秋のキャンプから打撃練習より守備練習に時間を割いたり、来季は得点しづらい、ビッグイニングが期待できないなら、一点ずつ取るしかないからと序盤から犠牲バントを仕掛けるチームが出ても不思議じゃありません。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/06/07 21:13] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
外国に先越されたらダメだと思います
 二試合で三点しか取れなかったことを考えると、一勝一敗は上出来でしょう。昨日、今日とスコアしか見てないけど、今日の二安打、帆足一打点ってどういうことだよ

 野手は全員素振りしてはどうか。10年連続三割30本100打点という、バケモノ的な記録を叩きだしているブポルスは、年間2.3万回素振りするらしいよ。あれだけ素振りしたら統一球に対応できそう

 ここからは本題。谷口ジローがフランス政府から賞もらったらしいです。

> 「『坊っちゃん』の時代」などで知られるマンガ家の谷口ジローさんが、フランス政府から芸術文化に功績があった人に贈られるシュバリエ章を受章したことが3日、明らかになった。

シュバリエ章は、フランス政府から授与される4種の勲章の一つ。権威のある章といわれ、過去に日本人ではタレントで映画監督の北野武さんや「スーパーマリオブラザーズ」の生みの親として知られる任天堂の宮本茂さんなどにも贈られている
 

 なんで日本政府が賞をやらないのかという素朴な疑問があります。なんか先を越されて悔しいぞ。麻生さんは漫画の殿堂建てようとしてメチャクチャブーイング喰らったけど、単にサブカルを公に評価したかったんだろうな。

 さて、谷口ジローですが、僕は日本で一番画が上手い漫画家だと思っています。「餓狼伝」を読んでグラウンドを丁寧に描いて、かつ痛そうに描ける人って少ないというか、ほぼいないよなと思ったものです。勝敗を決めて行うプロレスとノールールで行われるシュートの違いを説明ではなく、画だけで見せることができるのは谷口ジローだけ。熱気が全然違うもん。

 「坊っちゃんの時代」で皇族をテロしようとしたテロリスト(女)が、「皇族の子供に責任を求めるのはかわいそうだから、子供はテロの対象から外しては」と言われて、「子供といっても、皇族の一員だから、テロの対象になるのは当たり前だ」と言い切ったときの鬼の形相が怖かった。トラウマになるレベル

 「坊っちゃんの時代」で会社に行きたくないという理由で、カミソリで自傷する啄木は怖かった。あと、病んで胃液吐く漱石はホントにつらそうだし。「坊っちゃんの時代」だけで終わってしまうからこれぐらいでやめとこう。

 そうそう最近は「孤独のグルメ」だよね。「並んでまで食いたくないよなあ」と言って普通の定食屋に入っていくゴローちゃんには大人のダンディズムを感じます。「孤独のグルメ」を読んで一人遊びができないやつは大人じゃないって言葉の意味が、よーくわかりました。ゴローちゃんがメチャクチャ美味しそうにご飯食べるところが、健康的でいいよね

 といっても、谷口ジローのマンガって上記作品ぐらいしか読んでないから、谷口ジローは語れないんだけどね(汗)精進します。

 谷口ジローさん受賞おめでとうございます。   

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2011/06/04 23:14] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
リプレイ
 いい意味で一昨日のリプレイでした。坂本のソロ以外は、7表しか得点圏にランナーを出さない完全といっていいピッチング。見ていて坂本のソロがなかったら、ノーノーできたのにと思ったものです。

 交流戦に入ってからの涌井は安定感が素晴らしいです。MLBに行く前の松坂みたい。打ち崩されるイメージがわかない。昨日も102球完投と、余計にボール球を投げないことで球数を増やさず早めの勝負を仕掛けていることがわかります。ストライク先行している限り、投手有利という真理がありますし、球数を減らすことで肩、ヒジの負担も減るので、早めに勝負掛けるのはいいことでしょう。

 涌井の今までのテーマがストレートのキレとか、変化球、つまり球種だったとするなら、今季のテーマは少ない投球数で勝てるかという投球術かもしれません。涌井の投げる日は頭を使って見ないと

 最近中村がいいところで打ってます。日曜のスワローズ戦は先制、二点目のタイムリー、一昨日は先制、チーム唯一の得点になるソロ、昨日は一点差から三点差に広げる2ラン。これが四番の仕事だな。エースが抑えて四番が打つ、これが最良の勝ち方ですね。中村本人は全く考えていないと思うけど、僕は2013WBCで四番を打って欲しいと思っているので、頑張っていただきたい。

 交流戦一クールが終わりました。9勝3敗は御の字というか素晴らしいでしょ。借金を一クール目で完済できるとは思ってなかったし。二クール目は貯金を作りたいな。貯金5以上で交流戦終わったらいうことない。  

2011.6.1スコア

 やっぱり巨人戦は力入ります。日本シリーズでライオンズ×巨人はおそらく最多になる10度対戦っていうのもあるんだろう。僕がライオンズファンになったのも巨人相手の日本シリーズだったし。

 若手をスタメンに並べて「育成の巨人」とか言うけど、そんなのはライオンズがとっくにやっているよ。と思いながら見てました。「育成の巨人」っていうんだったら、24歳の銀仁朗、23歳の秋山、21歳の浅村がスタメンで出ているライオンズも「育成のライオンズ」と褒めていただきたい。それがフェアってもんだろ。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/06/02 21:46] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。