スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
オスカー感想
 毎年オスカーの感想(イジリ)をやるのが本ブログの定例行事なので、今年もやります。

 前から「オスカー取りたいなら伝記映画に出ろ、オスカーとは所詮そっくりさん大賞」と思ってたもんですが、ナタリー・ポートマン以外伝記映画に出た人ってヒドすぎる決着だろ。渡辺謙も菊池凛子も伝記映画に出たらオスカー取れたに違いない。

 ナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」って「レスラー」撮った監督なのね。ダーレン・アロノフスキー監督って悩めるアスリートのドラマを撮るのが好きなんだろう。「レスラー」のミッキー・ローク同様ナタリー・ポートマンも体作りからバレエまで徹底してやったんだろうな。

 「レスラー」のとき「ミッキー・ロークが出ないと撮らない」ってダダこねたらしいけど、今回も「ナタリー・ポートマンじゃないとやだ」ってダダこねたんだろうか?

 下馬評では「英国王のスピーチ」と「ソーシャル・ネットワーク」の一騎打ちだったらしいけど、どっちも日本では不可能な題材だよね。だって皇室と実在する実業家の話だもん。時代的に例えると昭和天皇と孫正義を題材に撮るってことか。ムリだな。ハリウッドって凄いよ。

 おまけ

 日曜に朝日新聞に読者が選ぶ三池崇史作品ベスト10なる記事がありました。なぜベスト10の中に「DOA」と「漂流街」がベスト10に入っていないのだ。「DOA」と「漂流街」は映画史に残る奇跡の作品だと思うんだけどなあ。世間と僕は合わないんだろうか。

 三池さんの次回作は「忍たま乱太郎」らしいけど、ギャラとスケジュールが合えば断らなさそうな人だからって、なんでも三池さんに振ればいいと思っていないかお前ら。最近三池さんが便利屋扱いされていると思うのは僕だけだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:第83回アカデミー賞 - ジャンル:映画

[2011/02/28 21:03] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キャンプ打ち上げ
 昨日でキャンプ打ち上げ。とりあえずお疲れさまでした。開幕絶望みたいな重いケガ人も出なかったし、大石、菊池、牧田、秋山と新戦力もアピールできたみたいだしと順調に終わったといっていいかと。

 明日からのオープン戦で本格的なサバイバルが始まります。涌井、岸、帆足、一久以外のローテに誰が入るかとか銀仁朗と上本の正捕手争いはどうなるかとか、栗山の出遅れで白紙になったといい外野のポジション争いと興味が尽きないオープン戦になりそうです。

 この時期一番避けたいのはケガなので、ケガなく開幕を迎えられたらと思っています。去年の敗因はケガ人続出したことだったんだし。

おまけ

 亀田→誰も尊敬しない三階級制覇、石井慧→あの人は今状態、HG→板垣とチャンピオン誌上で対談、その後あの人は(略)と板垣と親交のある格闘家はディスるというもの凄いジンクスがあるのですが、今週の井岡一翔を褒めている巻末コメを見て頭抱えました。一翔逃げてー。うまくいったらラスベガスで試合できるスーパースターになれると期待しているんだから。

 井岡一翔さん板垣と対談のオファーが来ても全力で逃げてください。マジで。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/02/25 21:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今一番観たい試合
 朝起きて新聞読んだら、長谷川からベルトを奪ったモンティエルがドネアに負けたという記事が載っていたので驚きました。しかも2回TKO。モンティエルが階級上げない限り長期政権を築くと思っていたので、驚くばかりです。世界って広いね。

 そこで亀田はドネアに挑戦しないかな。三階級制覇同士、三団体統一が掛かるから日本ボクシング史を超えてスポーツ史に残るビッグマッチになるんだけど。亀田本人もやる気になっているみたいだからきっとやるよね。

 今頃海外の大物プロモーターが「ラスベガスでできるビッグマッチ、勝ったら歴史に残るし、莫大なファイトマネーも手に入る」を口説き文句に亀田と交渉に入っているんだろうな。

 だって同じ階級に三階級制覇したボクサーがいるなら、戦わせて興行的にボロ儲けしたいと思わないプロモーターがいないわけがない。 

 ここで一つ疑問、この前ベルトを取った井岡一翔の防衛戦の相手が名前出ているのに、12月にベルトを取った亀田の防衛戦の相手の名前がなぜ出ないの?もちろん契約の詰めの段階だから、名前を出したくても出せないに決まっているよね。まさか世界ランク10何位を物色中なわけがない

 とにかく、年末は亀田×ドネアがラスベガスで見れたらいいね。ハマが優勝するより低い確率だと思うけど(あー言っちゃった)

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2011/02/23 21:01] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南郷ルポ
 南郷行ってきました。去年は熱が出ている中強行したらキャンプは晴れ。今年はコンディションがよかったのに、紅白戦が危ぶまれる雨と体調と天候がリンクしないことがよーくわかりました。

 早めに着いたから入り待ちしてました。選手到着するとテンション上がります。太陽の茶髪が目立つこと。ホセ、グラマン、菊池、大石を見ました。そうそう御年68歳の土井ヘッドがアーリー組を指導してました。お年寄りだから朝は早い方がいいんだろうか(オイ)

2.20太陽

 「屋根のないマリンとか仙台の練習になるから雨降っててもやれ」とかムチャ言いつつ、空を睨んでいたら雨も止んで紅白戦実施。日頃の行いがいいからだね。バックネットのJスポのクルーとか球団関係者が座っている真後ろ陣取って観戦。Jスポ解説の松沼さんを見たり、グッズ抽選のためにスタンドまで来てくれた渡辺監督を見られるいい位置でした。

 大石はよかったです。140キロ前後しか出ていなかったそうですが、かなりキレのあるストレートでした。あとで「ホントに140キロしか出ていなかったの?」と思ったぐらいだし。被安打ゼロで、ヒット性の当たりもなかったし。仕上がって150キロ超えたらどんなストレートになるんだろうと楽しみです。この日は2イニングだけでしたが、長いイニングもみたいなと。 
2.20大石

 菊池はストレートはよかったけど、コントロールがね。もう少しストライクが取れたら怖くなるのにと思ってました。まさか岳野に一発食らうとは思わなかった。久しぶりの実戦登板だから、内容はいいかな
2.20菊池

 菊池は「ストライクが取れたら」とフォローできましたが、木村は全くフォローできません。期待を込めての3イニング登板だったのに、6失点はなあ。GG、ブラウンに特大の一発を喰らうは、テンパって悪送球もあるわといいとこなし。このまま未完の大器にはなって欲しくないんだが。

 「大石以外ゼロを着けられないのは問題だろ」と頭抱えていたのを救ったのは星野と中崎。星野はスライダー(カーブ)の軌道がやばかったです。左の斉藤彰吾が腰引いて見送ったらストライクゾーンに入ってくる変化球は凄すぎでした。

 中崎も2イニング無失点と結果を出したし。7回裏一死一、二塁打者中島というピンチでサードゴロゲッツーに討ち取ったのはお見事です。去年は左のリリーフが壊滅しただけに、この二人がブルペンで頑張ってくれたら頼もしい。 

 打者では浅村が二塁打二本と打ったし、秋山もヒット打っていい返球投げると期待どおりでした。中島は菊池がランナーをみないノーマークだったら三盗狙ったり、捕手が弾いたら二塁を狙うと走塁の積極性が目立ちました。中村攻守交替のとき、高校球児なみに全力疾走していたので、今季に対するやる気が感じられます。打球飛ぶたびに歓声が上がっていたのは笑った。みんなデブはヘタだと思っているのね。

紅白戦

 変則ルールで7回戦。時間の都合でブルペンが見れないのは残念でしたが、楽しかったです。狙っていたキャップは完売で買えませんでしたが、Tシャツ・ストラップ・タオルをゲット。いろいろ収穫のあった南郷視察でした。また来年行きてえ。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/02/21 21:36] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南郷視察
 いきなりですが、明日南郷行ってきます。見どころは大石×菊池の紅白戦なのはいうまでもないですね。よかったら開幕ローテが近づくので、二人とも気合入れて来るでしょうし、なによりどんな投球をするかが楽しみです。

 同時にこの二人から打てれば目立つし、開幕一軍が近づくと若手野手は気合入れてくるでしょう。明日は大石・菊池×若手野手のサバイバル戦になるかと。

 大石に限らずルーキーが楽しみですね。今までチームにいなかったタイプのサブマリン牧田、連日レーザービームを披露しているという秋山が見たいです。

 明日は久しぶりに野球が見られるので楽しみです。オフは長かった。明日は降水確率30%と雨が降らなそうなのが好材料。あとは晴れてくれたらいいけど。

 もう少しキャンプの話を。キャンプは試合より選手との距離が近いというのも楽しみの一つですが、距離が近い分選手のガタイの大きさに驚かされます。変な話ケンカしたら絶対殺されるなって思うもん。これだけのガタイを持った人間が集まるプロ野球って、一般人には想像もつかない世界なんだろうなと思わされます。

 つまり、キャンプは行くだけでプロ野球選手をリスペクトできるいい機会だと思います。マジで。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/02/19 13:33] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
板垣ディズ
 木曜は刃牙、金曜はどげせんと週末は板垣デイズ。と書かれて理解できる本ブログ読者がどれだけいるんだろう?チャンピオンとゴラク読者がいたらぜひご一報ください

 以前は「勇次郎と戦うことは全世界の格闘家の憧れであって、そのときに備えて誰もが勇次郎用のスペシャルホールドを考えている」という存在だったのに、いまや「勇次郎と戦うことはヘリや戦車と戦うことに等しく、逃げても仕方がない」って勇次郎はどこまで成長しているんですか

 このマンガで一番成長しているのは勇次郎だよなあ。そういえば勇次郎が人と戦ったのは久しくない。最後に戦った(たぶん)郭海皇は140歳を越えて人間じゃねえッだし。ボクシングジムに殴りこんだ連載初期が懐かしい

 今週は勇次郎が刃牙ハウスに訪れるところで終わっていますが、このまま親子喧嘩が始まるわけないよね。ここは、ジャック兄さんも交えて親子三人で食事という斜め上を行っていただきたい。

 もうキャンプ終盤に入っているのに、まだ2010年シーズンを戦っているドカベンが全く謎です。内容はともかく、時期とリンクしていることだけが長所だったのに。ひょっとして2010年シーズンを持って店仕舞いなんだろうか。終わらせるのはいいけど、チャンピオンから水島作品が無くなるのは寂しいな。なんだかんだで20ウン年お世話になっているからねえ。

 二年連続で柱に「一生懸命精進している力士を応援しています」と書かざるを得ない「バチバチ」が不憫でたまりません。本編が面白いのに、現実世界がダメっていうのは今までにないパターンだと思う。なあ水島。

 あとね、二週連続でFWが抜けだして終わりで引く小谷野の名人芸には驚くばかり。ヒキのウマさは小谷野はマンガ界トップクラスと言っていいと思います。チャンピオン代270円の半分以上は「ANGEL VOICE」に払っているようなもんです。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2011/02/18 21:46] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
もうそろそろ潮時だよ
 久しぶりに刃牙の話でもします。書くことが(略)ないからじゃないだからねッ

 刃牙世界でも総理が変わっていたのは笑えました。ご老公が鳩山に託した30Kg(だってよね)の札束はどこに消えたんだろう?菅も小沢から勇次郎の驚異について申し送りを受けたんだろうか?という疑問はスルーした方がいいような。

 菅政権もいつまで続くかわからないので、次に現れる総理が別人に変わっていても驚きません

 やっと話が進んで、刃牙×勇次郎が始まりそうなのはいいんですが、ご老公回復祈願のカード、独歩の対戦相手は誰?とか烈×ポルトはどうなったとか?の疑問はあるんですが、そこもスルーした方がいいんだろうか?

 それはともかく、最近の見所は勇次郎の親バカだろうな。前は「立ち会ってやろう」と思いっきり上からだったのが、「恋をしている」だもんな。おまけに「刃牙に手も足も出ない夢を見る」だもん。だいたい、「親子喧嘩に期日の設定はない、日常のささいな諍いから始まる」って刃牙が言っているけど、この二人の日常が想像できない

 少し前の「親父コーヒー入れてよ」、「腕づくで首根っこ持って入れさせればいい」、「じゃ遠慮なく」で親子喧嘩やればよかったと思うよ。あそこで刃牙がビビったから親子喧嘩が始まらない。ってただの引き伸ばしか。

 とにかく、今の刃牙はゴールは目前なんだけどエンエンと逆走(迷走)しているようにしか見えません。あと三年ぐらい掛かるんだろうなあ。

 そうそう、「もう作品として終わらせるべきでしょう」と言ってきた編集に板垣が、「まだ描きたいことがあるんですッ」と土下座して引き伸ばしに一票入れます。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2011/02/14 21:11] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
週ベの感想
 相変わらず書くこと(略)です。

 せっかくだから今週売りの週刊ベースボール選手名鑑号の感想でも書きます。どっかで聞いたけど、選手名鑑号が一年の中で最も売れるらしいよ。

 小学校の頃からだから、20年は買っていると思いますが、今年になってカラーになるという革命が。僕にとっては3D映像以上の革命だよ。今までのモノクロに慣れていたから、少し目が痛かった

 カラーになったのはいいんですが、顔写真が適当すぎです。イーグルス田渕コーチなんて、ジャージに横顔だし。ユニが正装だろう。岩村は帽子のひさしにグラサン乗っけているし、カズオはヘルメットだし。

 極めつけは巨人のバニスターですね。投球練習中の写真だし。一年使うものなので、写真はもっと気を使っていただきたい。写真が間に合わなくて発売が遅れてもいいんだから。開幕前に出せばいいシロモノなんだし。

 今年から解説者一覧が無くなったのが残念です。誰々はどこの局かなあとか、誰々はもうウン歳になるんだとチェックしてましたから。名前は出しませんが、大御所の生存確認になっていたし(オイ)

 一軍の日程はもちろん、ファームの日程まで着けてあるのは驚きました。日程観てたら開催地が見慣れない地名ばっかりなので、地理の勉強になります。

 一通り読んで最大のツッコミどころは、巨人の外人投手が8人もいるところかな。どうせ投手は最大3人しか使えないし、外人は結果を求められるから、半分は来年居ないんだろうし。だったら3.4人ぐらいに削って、育成枠から上げればいいのに。

 育成の巨人といいながら、外人大人買いってこのチームの考えていることはわからん。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/02/13 20:43] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スポーツというより伝統芸能だったみたいだ続き
 テレビを着けるたびに八大相撲の百長問題ばっかりやっているような今日この頃。そこで、一つ疑問があるんだ。ヤオとされる取り組みで、ヤオを指摘しなかった行司と勝負審判は責任をなぜ問われないの? 

 ヤオを見抜けなかったのか、ヤオと知りつつも「指摘したら後々メンドウだから黙っていよう」と見てみぬフリをしたのかどっちかだろうね

 もし前者なら、「複数の審判の目を欺いたプロのヤオ」と感心するね。不謹慎だけどね

 理事長は「膿を出し切る」って言っているけど、「ヤオは誰がいつ始めたか?」を明らかにしない限り膿は出せないと思うけど。ヤオは名前が上がっている力士、親方のみやった、他の関係者はヤオの存在すら知らなかったなんて言い訳は子供でも信じないからね。

 結局前回書いた「大相撲はスポーツではありません、台本のある伝統芸能です」と居直るしかないと思う。これで許してもらえるかは別にしてね。

 いっそのこと、相撲協会を解散して完全にスポーツ化して出直すのもアリかもしれない。「ヤオやったら永久追放」とやかましく教えて、場所中は携帯とPC取り上げて宿舎に軟禁生活すると。

 本場所は呼び出しじゃなくてリングアナがコールして、花道を音楽鳴らして照明も飛ばして、土俵入り。取組の合間にはチアが踊ると。ついでに土俵には広告入れますか。エッこんなの大相撲じゃない?だってスポーツ化するっていうことは、興行的、商業的に向かうってことだから、こうなると思うよ

 結論、大相撲は伝統芸能なのか、スポーツかをハッキリさせないと前には進まないような気がする。
                    

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

[2011/02/09 20:07] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
NFLを応用したプロ野球改善案
 ルールなんてロクにわからないのにスーパーボウルを観てました。NFLは「世界で最も成功しているプロリーグ」と聞いていたので興味あったんですよ。

 なんでも、

・公式戦が16試合しかないから、どんなカードでもチケットがプレミア化。スタジアムに行けない人はテレビで見るから、放映権料も高く売れる

・興行収入はリーグ全体で管理するから、ビッグクラブが生まれづらくなり戦力が均衡する。チームの年俸総額もリーグが決めて契約更改するから、選手の人件費が上がりすぎて経営に困ることがない

・ポストシーズンは全てワンマッチ、スーパーボウルまで勝ち抜いても4試合しかないから、フルハウス、高視聴率が確定。

・公式戦=ポストシーズン進出チームを決める予選、ポストシーズン=リーグ、NFLチャンピオンを決める本選

 よくできてます。NFLを作った人って天才だろうな。これをプロ野球に応用することはできないだろうか?

・公式戦100試合、交流戦26試合、合計126試合制にすることで、試合の価値を上げる。

 HR50本、20勝、200安打が出づらくなるから、記録マニアは困るだろうけど、試合数を減らすことで試合の価値を上げることは悪くないと思う。

・公式戦はポストシーズン出場チームを決める予選、ポストシーズンはリーグ、NPBのチャンピオンを決める本選にする。

 リーグに二つチャンピオンが出る現行のプレイオフはふざけているとしか思えない。今だから言えるけどホークスが優勝したのに、「CSでリベンジ」とか言っているファンは正気を疑ったね。優勝争いから脱落したら即シーズン終了というのが勝負の厳しさじゃないの?

・ポストシーズンの試合数も減らす。PO1Sはワンマッチ、PO2Sは三試合制、日本シリーズは五試合制

 試合数減らすことで、いきなりクライマックスという状況を作れるから面白いと思う。一試合しか無いPO1Sなんて死闘になりそうだし。

 おまけ

 今年のスーパーボウルの会場でパッキャオは試合したんだって。今日本でスタジアムで試合ができる格闘家っているかな?スーパーボウル見ながらパッキャオの凄さを思い知らされました

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/02/07 21:16] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スポーツというより伝統芸能だったみたいだ
 いろいろあって二日ばっかりPC使えなかったら、大ニュースが。

 白鵬の絶対王者ぶりとか、魁皇の頑張りはブックだったのかと思うのは不謹慎でしょうか。さて、真剣勝負を意味する「ガチンコ」の語源は大相撲とか。

 もしそうなら、これが大相撲に八百長があるという証拠ですよね。だって全て真剣勝負だったら、真剣勝負を意味する隠語があるわけない。八百長なんて存在しないんだから。

 もし今回力士、親方含めて厳正に対応するなら、相撲協会崩壊だろうね。ヤオをやった人からヤオはやってないけどヤオがあることを知ってて見て見ぬフリをした人まで処罰の対象にするなら、処罰されないひとっているんだろうか。 

 いっそのこと、「スポーツ・エンターティメント」と言って遠まわしに「ガチではありません」とカムアウトしているWWEを見習って、「スポーツではありません、伝統芸能です。能や歌舞伎だって台本あるでしょ」と居直ってはどうか。そうしたら許される、わけないか

 相撲協会崩壊の煽りを喰らって、「バチバチ」が打ち切りになったら泣きます

 

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

[2011/02/04 20:36] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
正月
 球界の正月はキャンプインの二月一日というのは一般常識。久々にユニを着た選手たちを観ているとシーズン始るなと思うものです

 ライオンズの南郷キャンプの見どころを考えました。

・正捕手争い

 大ケガして選手人生最大のピンチだった昨季、細川移籍で正捕手取りのチャンス大の今季とピンチのあとにチャンスありを地でいく銀仁朗、過去チームにいなかった打てる捕手上本。どっちが開幕マスクを被るのか楽しみです。

 もし松坂世代の上本が正捕手を取ったら、30歳すぎて正捕手を取った矢野以来の遅咲き捕手になるだろうな。

・ローテ争い

 ローテ六枠で回すとして、涌井・岸・帆足・一久は確定。残り二枠を西口、大石、菊池、野上、平野などで争うことになりそう。ホントにサバイバルだな。もし開幕ローテに残れても、代わりは豊富だからノックアウト即脱落になるだろうし。シーズンが終わったとき五、六枠を守って笑っているのは誰だろう? 

 この二つでしょう。競争が激しいほど、チーム強化に繋がるので楽しみです。本人は気が気でないだろうけど。心配なのはリタイアした栗山。体が動かせるまで二週間掛かるらしいので、その分ゆっくり調整して四月中旬の復帰でいいんじゃないかな。

 調整を焦ってケガして欲しくないし、シーズンは長いから開幕スタメンにこだわる必要はないし。栗山はケガさえなかったら結果を出せる選手だと思うから、ムリして欲しくないです

 おまけ

 今日は球界の正月であると同時にもう一つ祝い事がある日ですが、書きません。プライベートは書かないことにしているのでひっそりとします。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/02/01 22:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。