スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
みなさんよいお年を
 早いもので2007年も終わりです。ライオンズは春の裏金騒動から始まり、冬のカブドーピング疑惑までロクなことが無かった一年でした。振り返っても嫌な気分になるだけなので、今年は忘れて来年に期待したいものです。

 ブログ開設から約半年経ちました。僕自身状況が大きく変わったこともあって、あっという間だったような気がします。本ブログのテーマは、ライオンズはもちろん、ライオンズ以外にもセメントを仕掛けることですが、やるだけやったんじゃないかと思っています。自分としてはメディアが叩かない王監督孫オーナーヒルマン星野ジャパンにセメントを仕掛けたことは評価してもいいかなと。

 話は尽きませんが、これ以上長く書くヒマがありませんのでこのへんでお開きにします。来年もセメントを仕掛けていきたいなと思っています。それではみなさんよいお年を
 
スポンサーサイト

テーマ:年末&お正月 - ジャンル:日記

[2007/12/31 10:57] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
2007年決算.映画編
本ブログの読者さんならすでにおわかりだと思いますが、僕は野球以外に映画も好きなわけで。そんなに見てませんが(汗)今年のベスト5を選んでみました

一位.「リトル・ミス・サンシャイン」
二位.「それでも僕はやってない」
三位.「シッコ」
四位.「ブラッド・ダイヤモンド」
五位.「クローズZERO」

 洋三、邦二とバランスよく分かれました。今年見た中からもう一度見るならなにがいいか?を基準にして直感的に決めました。

 感性が鈍いのか、涙腺が堅いのかは知りませんが、映画を観て泣いたことってあまり無いんですよ。なので泣けた映画はそのまま一位確定(通称、サクラ方式)します。ちなみに去年泣けた映画は「力道山」。「力道山」は生き方を選べなかった人間の哀しさに満ちた映画です。

 というわけで泣けた「リトル・ミス」が一位になるのは当然のことです。「リトル・ミス」には勝ち組とか負け組という格付けは他人が決めるものではないということを学びましたし、まとまりのない家族が娘をを守るために団結するラストには泣けます。娘役を演じたアビゲイル・ブレスリンちゃんはかわいかったし。

 二位の「それでも僕はやってない」はひたすら怖かったです。電車通勤の僕には全く他人事とは思えなかったです。検察が有罪を訴えるのは簡単ですが、被告が無罪を訴えるのは難しいという現実が怖かったです。裁判は検察と被告は五分の立場で争われるというのは幻想なんですね。アメリカの医療制度を描いた三位「シッコ」、紛争ダイヤの問題を描いた「ブラッド・ダイヤモンド」と今年は社会派が強かったような気がします。

 五位の「クローズZERO」は、形に残らないものに全精力をつぎ込めるのは青春期だけという、ド直球な青春映画だったことが嬉しかったです。今年一月~三月にテレ東でOAされた深夜番組にも同じことを感じました。キレがよすぎるドロップキックやソバットを放つ山田 孝之のハジケっぷりがよかったです。きっと山田 孝之はこの映画にベビーフェイスを卒業して、演技的な幅を広げたいという役者的な野心を持っていたと思います。この野心がいい方向に出ましたね。

 野球ばっかりじゃ飽きるんで、来年もちょくちょく映画の話を書きたいなと思ってます。おつきあいよろしく。
 

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

[2007/12/30 23:04] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
今年最後の野球ネタ
昨日仕事納めで今日から冬休み。昨日飲んで帰宅後夜更かしして、学園物+宇宙戦争というカオス深夜番組を見て寝たら風邪ひきました。夜更かしは体に悪いですね。みなさん気をつけましょう

 「今年はFAでMLB移籍するのが多いよな」と思ったので、調べてみました。

国内...和田、一久、新井
MLB...コバマサ、薮田、福盛、黒田、福留

 少し前まで「FAは巨人に行く制度」と言われてましたが、今後は「FAはMLBに行く制度」と言った方がいいでしょう。僕は優れたアスリートがレベルとギャラの高いリーグに行くのは当然だと思っているので、スターがMLBに行くとプロ野球が盛り上がらなくなるから、MLBに行くのはやめて欲しいというヤボはいいません。しかしスターがトレードマネー0円で移籍するのは問題でしょう。

 エースとして説明不要の活躍を見せた松坂が60億、井川が30億と高額なトレードマネーで移籍したのに対し、コバマサ、黒田、福留が三人合わせてトレードマネープライスレスというのは納得できません。

 今後は「スターをタダで持っていかれると経営が成り立たない」とMLBに泣きいれて、FAでもトレードマネーを取れるようにするか、二、三年以内にFA権を取りそうな選手に、「MLBに行きたいならポスティング使っていいよ」と先手を打つかの二択しかないです。ライオンズは今月から球場改装しますが、もしトレードマネー60億が無かったら球場改装はできたか疑問です。これを考えると0円移籍はナンセンスでしょ?

 僕は、もうMLB移籍は止められないから、せめてMLBからトレードマネーをもらってチームに還元するしかないと思ってます。それもできないならNPBはMLBの3Aになりますよ。でも>大リーグ史上最高の経済的繁栄をもたらしたとされるバド・セリグ無責任男根来が渡り合えるとは思えないなあ(泣)

 結論としてはバド・セリグとタイマン勝負ができる人間を至急急募するってことですかね。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/12/29 23:42] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CS最高や!地上波なんていらんかったんや!3
 年末進行の合間を縫って更新。みなさんクリスマスはどのようにお過ごしだったでしょうか?

 僕は近所の本屋でチャンピオンREDの「シグルイ」を読み、「藤木のカ○ワに続いて伊良子はビ○コになったか、これでやっと駿河御前試合ができるな」と満足して帰宅→帰宅後「シグルイ」単行本を読みながらケーキとコーヒーを飲み食い→四時になったから「ハゲタカ」を視聴。フルに出たのは第五話しかないのに、印象に残る龍平の存在感は凄いと感心→夕食後↓のブログを書くもなぜかアップできず、諦めて就寝。

 クリスマスらしさのかけらもねえ。「くりすます?海の向こうの南蛮国の...

 もういくつ寝ると大みそか。大みそかの夜のTVはなにを見るか考えました。

NHK...あんまり歌聞かないから紅白興味ないなあ。去年は「嫌われ松子」で知ったBONNIE PINKが楽しみだったけど今年は出ないし。あの人出すんだったら、横アリとか武道館でライブやったあの人出して欲しいんだけど。

TBS...今さら桜庭-船木なんて賞味期限切れてるよ。桜庭がグレイシー狩って、船木がヒクソンと戦った2000年頃だったら燃えるんだけど。年末恒例、魔裟斗のボクサーリンチショー見てブルーになるのも嫌だし。

テレ東...大人のプロレスごっこなんて興味ないよ。プロレスって肉体、パワー、演出力に秀でたフィジカルエリートによる最強のショーだと思ってたんだけど。

 僕が大みそかの夜に見たい番組はG+の「小橋 建太22時間SP」しかありません。某CSチャンネルの癒し系SFドラマ24時間SPもいいなあ。

 結局、CS最強といういつもの結論です。理由あって今はCSを取ってませんが、来年はCS取って優雅なテレビライフを送りたいものです。
 

テーマ:CS,BS番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2007/12/26 23:41] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カープを優勝させる方法
 イーグルスを除いた11チーム中最も優勝から遠ざかっていて、10年連続Bクラスとダメダメすぎるカープ。Bクラスのチームがエースと四番の穴を埋め、さらに上積みを図るのは難しいというかムリなので、来季も期待薄でしょう。

 カープを永遠にセリーグのかませ犬的なポジションに置いておくのは、いくらなんでもかわいそうなので、カープを強くする方法を考えました。もちろんカープを大企業が買収してチーム強化すればいい。なんて頭脳を使わない方法は書きません。っていうかそれじゃどこぞのビッグクラブと一緒でしょ?ぜんぜん面白くない。僕はカープに金を使わなくても強くなるモデルケースになって欲しいんですよ。

 答えは簡単ドラフトとFAをMLB式にするんですよ。MLBではドラフトは弱いチームから指名権を確定させていく完全ウェーバーです。自由枠というオークションもありませんし、クジという公開人生ゲームもありません。ドラフトは戦力均衡化のために行うものであって、好きなチームに行きたければFA権を取れというのがMLBの考えです。

 MLBではFA補償はドラフト指名権です。FAで選手を失えば、選手を取ったチームとMLB機構からドラフト指名権がもらえるということです。失った選手のランクに応じてドラフト指名権が上がるとか。かつて主力を三人失ったアスレチックスは3(取ったチームからもらったドラフト指名権)+3(MLB機構からもらったドラフト指名権)+1(元々の指名権)=7回ドラ1で指名できたとか。

 これをカープにあてはめると1(トラからもらったドラ1指名権)+3(NPBからの補償。MLB移籍の場合は2つ指名権をもらえると仮定)+1(元々の指名権)=5回ドラ1で指名できるんですよ。つまり、岸、マー君、岩崎、荻野、上園をもらえると。一気に投手王国完成です。

 「金のあるチームは大物を取って短期的に強くすればいい、金のないチームはいいアマチュアを取って長期的に強くすればいい」とうまく分かれるので、FAとドラフトを絡めるのはいい考えだと思いますがどうでしょ?

 これぐらいやらないと金のないチームはかませ犬になるだけなんで、ぜひ取り入れていただきたい。限られたチームしか優勝争いに参加できないマッチレースより、どこが優勝するかわからないバトル・ロワイヤルの方が面白いでしょ?

テーマ:広島カープ - ジャンル:スポーツ

[2007/12/26 23:18] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
神宮の風になって
 福地移籍を知ったのは、年末進行をなんとかこなして帰宅してからのことでした。全く予想していなかったので、ただ呆然。このことを書こうかと思いましたが、某動画サイトで深夜やってる学園ドラマを観ただけで力尽きた(汗)

 FA補償のプロテクト枠は25人。もちろん規定到達した主力は確保しますし、ルーキーは強制だし、チームの将来を考えると若手も入れなければならないので、名前のある選手がプロテクト漏れするのは仕方が無いでしょう。プロテクト名簿を作ったフロントも難しい判断だったと思います。

 福地は代走に出るだけで、球場の雰囲気を一変させることができる稀有な選手でした。「走るだろうな」と期待していたら、キッチリ盗塁を決める正確さには何度も舌を巻いたものです。いつかのスワローズ戦(因縁か?)でしつこくけん制されながら、それでも決めたときには凄みすら感じました。

 福地のベストプレーは昨季の7.8ファイターズ戦だと思います。1点ビハインドの10裏でMICHEALからセーフティーバントを決め、直後に盗塁を決め、タイムリーで生還とまさに一人舞台。ポストシーズンを含めてMICHEALに唯一の黒星をつけられたのも、福地がMICHEALのリズムを狂わせたからだと思っています。

 この試合はファイターズの11連勝を止め、股関節痛で登録を外れていた松坂の復帰戦と燃える要素が揃っていたので凄く印象に残っています。

 福地選手二年間ありがとうございました。青木・田中浩とスリートップを組み、チームを強くしてセリーグをかき回してください。交流戦で会いましょう
 

 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/12/23 00:52] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ハゲタカ再臨
 やったぜ、今日から「ハゲタカ」再放送。夏の再放送を見逃した僕にとっては嬉しすぎます。NHKのKYは空気読めるいいKYだな。

 「ハゲタカ」の緊張感が尋常ではなく、本放送で観たときは体温が三度上がったかと思うぐらい熱くなり、終わったときは虚脱感でグッタリしたものです。「ハゲタカ」は外資と銀行のセメントマッチを描いたものですが、本当のテーマは金と欲に振り回される人間の悲喜劇ではないか?と思っています。

 自分の器量以上に高望みして、破滅ギリギリまで追い込まれる旅館経営者、儲けより子供に楽しんでもらおうという最初の志を忘れた結果、実の息子と社長の座を争うことになった玩具メーカー社長、社員を大事にしてリストラを実行しなかった結果、会社を傾かせた電機メーカー経営者。いい、悪いを越えて彼らの生き様には考えさせられてばかりでした。

 出てくる役者さんはみんなGJなのですが、一番印象に残ったのは新興IT企業の社長を演じた松田 龍平でした。ルックスは失礼ながら、イケメンとは思えませんが色気というか存在感が凄いんですよ。デビューの「ご法度」しか見たことがありませんが、ここまでインパクトがある役者さんとは思っていませんでした。

 松田 龍平が出るのは映画だけで、テレビには出ないんですよ。だから一般的な知名度は「?」なわけで。その松田 龍平を口説き落とせたNHKはGJでしょう。もうテレビドラマはNHKに限ります。 

 この三連休、街はクリスマス一色ですが、あえて家にこもってディープな「ハゲタカ」を観るのも一興でしょう。三日間楽しみです。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2007/12/22 15:00] | サブカル | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
日本一早い来季セリーグ展望
 来季セリーグの出入り(ギャラ億単位の選手が対象)を調べてみました。

ドラ IN和田、OUT福留
巨人 INラミレス、クルーン、グライシンガー
トラ IN新井
ハマ OUTクルーン
カープ OUT新井、黒田
スワローズ OUT石井一、グライシンガー、ラミレス

 もうおわかりですね。INがあるのは上位三チーム、OUTしかないのは下位三チームです。僕は前からセリーグのことを、観客動員数200万人越えのビッグクラブとパリーグ並み、またはそれ以下のスモールクラブに二極化された格差社会リーグと思ってましたが、オフの補強でますます格差が広がったと思います。

 おそらく来季のセリーグは順位とゲーム差の変動はあっても、プレイオフ進出チームの顔ぶれは変わらないでしょう。こんな予想どおりの結果に終わるペナントレースが面白いのか?面白いわけないだろ。

 来季のセリーグの見どころは、下位三チームがどこまで上位三チームを苦しませるかでしょう。MLBでは昨季のタイガース、今季のロッキーズと下馬評が低かったチームがリーグチャンピオンになっています。お金のないアスレチックスはプレイオフに進出しても誰も驚きません。

 MLBに倣って、チャンピオンフラッグは金で買えないことを証明しよう、かませ犬にも噛む権利はあることを証明しよう。下克上とかGIANT KILLINGという言葉が来季のセリーグにはふさわしいです。

 僕はセリーグには興味がないと言っている人間ですが、来季は下位三チームの意地に注目してみたいです。本命が予定どおり勝ち進むより、大穴が出てまくって荒れた方が面白いじゃない。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/12/17 23:10] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
佐世保の事件で思うこと
 昨日痛ましい事件が起こりました。別店舗ですがルネサンスは僕が住んでいるマンションから徒歩一分のところにあり、体動かしたいなと思って、二、三日前にルネサンスのサイトを見ていたので、他人事とは思えず怖かったです。

 この事件で一番怖かったのは、犯人が犯歴も無くアンダーグラウンドの住人でもない普通の市民だったことです。

 「ボウリング・フォー・コロンバイン」で一番怖く感じたのは、犯歴も無く、アンダーグラウンドの住人でもない普通の高校生が銃撃事件を引き起こしたという事実でした。「ボウリング・フォー・コロンバイン」は遠い海の向こうの話ではありません。僕らは銃犯罪と隣り合わせの世界で生きているのです。

 今後は本腰を入れて銃規制に乗り出すべきでしょう。銃所持を許される資格の中身は知りませんが、資格を強化したり、場合によっては銃所持そのものを禁止してもいいと思います。僕は銃犯罪と隣り合わせの世界で生きたくはありませんし、生きたい人もいないと思います。

 亡くなられた方々のご冥福と傷ついた方々のご快癒をお祈りします。

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

[2007/12/15 23:33] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さらば熱血
 ジョニー引退。トライアウトを受けず、どこからもオファーがないという情報を聞いていたので、心配していました。寂しいです。ジョニーは敵ながらリスペクトできる選手でした。

 打者を打ち取る度に吠える熱い投球は好きでした。ジョニーの思い出は、01年開幕戦での松坂との投げ合いですね。両者とも序盤に失点する苦しい立ち上がりでしたが、持ち直したジョニーに対し、松坂はそのままKOされてマリーンズが勝ちました。

 生で観ていた僕は、「ジョニーが立ち直って、松坂が崩れたのは二人の経験の差じゃないのか?まだまだ松坂よりジョニーの方が一枚上」と思ったものです。当時まだ荒っぽいパワーピッチャーだった松坂は、年々コントロールがよくなり、防御率も二点台前半をキープする完成度の高い投手になりました。

 さらに経験を積んだジョニーと、投手として成熟した松坂との投げ合いが観られなかったのが残念です。

 貴、ジョニーと気持ちを表に出す熱血型の投手が引退するのは寂しいです。表情を表に出さないのはクールでかっこいいかもしれませんが、僕としては気持ちが表に出て感情移入しやすい熱血型の選手の方が好きです。こういう熱い選手がいなくなるのは残念ですね。

 ジョニーは来季からは解説者になるとか。将来はグラウンドに戻ってきて、熱血型の選手を育ててください。熱血のDNAを次世代に受け継いでいくことができるのは、貴とあなただけです。

ジョニー黒木選手長い間お疲れ様でした。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/12/13 22:56] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
裏切り者にはブーイングを!期待の若手には喝采を!
 みなさんご存知かと思いますが、和田が名古屋に行っちゃいました。

ライオンズ:FA宣言前から残留オファー、数回交渉、2年6億(単年3億)
ドラ:FA宣言約一ヶ月後オファー、交渉一回、20分、3年8億4千万(単年約2億8千万)

 条件的にはライオンズの方が誠意あるじゃないですが。それでもドラに行くとは、舐められたとしか思えないです。やってくれたな。

 来季の交流戦で和田に容赦なくブーイングすることに決めました。エッ、チームの功労者に対して厳しい?なに言ってるんですか、R・クレメンスやフィーゴも古巣と試合するときは容赦なくブーイングを浴びたんですよ。自分の意思でチームを離れた裏切り者には容赦なくブーイングを浴びせるのは世界標準

 和田の穴はボカチカが埋めるのが順当な考えでしょうが、僕は栗山に埋めてほしいです。今季の後半戦で観ていて一番楽しかったのは栗山でした。鮮やかな流し打ち、パンチ力のある打力、そしてなによりなにかやってくれそうな雰囲気があるんですよ。

 栗山は来季で七年目・25歳。そろそろ期待の若手から一軍主力にステップアップしたい時期でしょう。ぽっかり空いたレフトを取れるかどうかで栗山の野球人生が左右されるかもしれません。来季に勝負を賭ける(はず)の栗山には期待大です。それに主力が抜けたら若手で埋めるのがライオンズの伝統だし。

 フロントは期待を込めて栗山に背番号1をあげないかなあ。いい番号を空き番にするのはもったいないしね。栗山、中島の生え抜きが1と3をつけるのは、往年のAKみたいでワクワクするじゃないですが。フロントの方ご一考を

 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/12/11 23:38] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
Yさんチケありがとうございます。
 友達の知り合いからチケをもらったので、クラブW杯エトワール・サヘル(アフリカ・チュニジア)VSパチューカ(北中米カリブ海・メキシコ)を国立に観に行ってきました。

 どっちも知識が無かったので、「クラブW杯をタダで観られるのは美味しいし、今日はヒマだからいいや」とか「WBCのときメキシコにお世話になったから、パチューカを応援するか」という軽い気分で行ったのですが、これがいい意味で裏切られるとは。

 パスワークは速く、一人でボールを持たせてもらえないほどチェックは激しく、ガンガン当たっても倒れないフィジカルの強さ、まるでバスケットボールのような攻守の切り替えの早さ、わずか開始10分でお腹いっぱいになりました。正直「これで90分持つのか?」と思ったぐらい。

 しかしこれを90分やったのです。こんなに密度の濃い試合を観たのは初めてで、僕のベストマッチになりました。世界ではマイナーな扱いを受けているカリブとアフリカのトップクラスに入っているクラブの試合で圧倒されるんだから、チャンピオンズ・リーグ決勝を生で観たら、人間技とは思えないって発狂するかもしれません。

 正直ここまで圧倒されて、思い出に残るゲームになるとは思っていませんでした。こういういい裏切りがあるからスポーツを生で観ることはやめられないです。

・おまけ

 ゴール裏を統一するほど多くはなく、というか少数ですが両チームのサポも来てました。何言ってるかわからないのもありますが、迫力あるし怖さありますね。

 パチューカサポがパチューカがチャンスを迎えるたびにウェーブを起して、日本人ファンとエトワール・サヘルサポがつき合って国立を二周させたのがおかしかったです。シャレがわかる人って好き


 

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

[2007/12/09 22:56] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
来季日程と会社の野球部
 カープに対する悪口提言を書こうと思ってましたが、今日パリーグ来季日程が発表されたんで、その話を。

 期待の大宮開催ですが、6/27(金)VSマリーンズの一試合のみ。大宮で土日×2ぐらいはやると思ってたんで、拍子抜けしました。

 「埼玉」を着けてマーケットを埼玉全域に広げると言ったわりにはお粗末です。呆れました。地域密着ってそんなもんっすか。だったら「所沢」を着ければよかったのに。絶望したっ、ライオンズの態度に絶望したっ!

 毎年恒例の長野開催は、8/3(日)、8/4(月)VSマリーンズ。日月開催ってハンパだな。北京五輪の絡みだと思いますが、もっと気を使えなかったものかと。これじゃ遠征しづらいだろ。まあ長野は一勝五敗三トラウマ試合と鬼門の土地だから最初から行く気なかったけど。

来季開幕カードはこんな感じ

北海道-千葉@札幌
福岡-東北@博多
埼玉-オリックス@西武D

 おい、仲間外れが一人いるぞ。パリーグでは興行を盛り上がるためには、地元に住んでいる人間を大事にしないといけないというわけで、地域密着に舵を切るのが流行りですが、ブルーウェーブだけ地元の人間よりタニマチが大事なんだよと企業密着に舵を切るとは。まさにKY

 4/19.20のブルーウェーブVSマリーンズ@東京Dはオリックス社員接待マッチということはいわずもがなだし。僕は今まで、「プロ野球チームは会社の野球部ではなく、ファン、選手、スタッフ、企業、みんなのもの」という考えで、企業名ではなくチーム名で呼んでいましたが、来季からはブルーウェーブだけオリックスと呼ぶことにします。

 企業の野球部をみんなのプロチームと言い張ることに疲れました

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/12/06 23:23] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
もうやめて、カープのHPはとっくにゼロよ!
 「五位チームのエースが離脱して勝てるのか?五位チームの四番が離脱して勝てるのか?勝てる、勝てるのだ」

 ということをガチで考えている人は野球を一から勉強してください。おめでたいにもほどがあります

 主力が抜けて、現有戦力の底上げでカバーすることができるチームは、優勝もしくは優勝争いに絡んだチームだけです。Bクラスのチームは戦力を上積みしないと勝てないのに、戦力ダウンは話になりません

 もちろん外国人を取る予定なんでしょうが、15勝、HR30上げてやっと黒田、新井の穴が埋まるんですよね。外国人があたってやっと今季の戦力と五分になるわけです。来季のカープは絶望的としか言いようが無いです。

 黒田、新井離脱で浮いたギャラ、新井のトレードマネーで一久、和田、福留、カブ、クルーン、グライシンガー、セギなど大物を狙って欲しいんですが、そんな話あるわけがありません。あったとしてもエイプリル・フールに決まってらあ

 信じられない話ですが、カープは32年連続の黒字決算だそうです(ソース、07.11.10サンスポ)。しかし10年連続Bクラス、イーグルス以外の11チームで一番優勝から遠ざかっている現状を思えば全く誇れません。

 黒字体質ならなぜチームが強くならないんだ?とファンがブチ切れてもいいと思うんだけど。アメリカだったら絶対吊るし上げられてるよな。

 10ウン年運営しながら、ロクに規定到達者を生み出せない不良債権、ドミニカアカデミーを処分しない時点で、フロントの無能さがわかるんだけど。ドミニカアカデミーの運営資金をチームに回せばもっとマシになったかもね。

 もっと書くつもりだったんだけど、長くなったから今日はここまで。カープってセリーグで一番イジリやすいよね。

 

テーマ:広島カープ - ジャンル:スポーツ

[2007/12/05 23:17] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
助っ人襲来
 ボカチカブラゼルの外国人二名の加入が決まりました。ブラゼルは内野のどのポジションかはわかりませんが、191cmという長身、カブ退団で空いたファーストというチーム事情を考えると、ファーストで間違いないでしょう。

 個人的にはボカチカよりブラゼルに期待しています。NPBで活躍できる外国人の条件を考えてみたんですよ。

一、マイナーで力を持て余している
二、年齢は30前後
三、カリブ出身
四、名前に濁音がつく
五、ガタイがいい

 これらの条件をブラゼルを果て当てはめてみると、今季3Aで32HR・27歳・アメリカ、アラバマ州出身、「ブ」と「ゼ」、191cm。五件中四件あてはまるじゃないですか。期待大です。ちなみに五条件に全てあてはまったのは、ペタジーニ、カブ、ズレータ、セギ。凄いメンツでしょ。

 あとは外国人投手と和田の去就さえ決まれば来季構想はほぼ固まります。和田もどこからもオファーがないんだから、サッサと残留すればいいのに。「福留の保険としてならとってもいいよ」って言われても嬉しくないと思うんだけど

 12月に入ると契約更改の時期になりますが、僕のブログでは契約更改の話は書きません。興行収入、放映権料、広告収入などをまとめたチームの総収入のうち人件費にどれだけ回せばチームを健全に運営できるか?というソースがわからない限り、ギャラの話をするのは無意味だと思っているからです。他人のギャラの話をするより深夜番組でも見てた方が面白いし。

 あと、流行語大賞で「セメント」が入らなかったのが残念です(爆)ここで広めてあわよくばと狙ってたんですよ。遼くんとツーショットで撮られたかったなー。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/12/04 23:14] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
鉄人が帰ってくる
 今日僕が一番気にしているスポーツは北京五輪予選日本-韓国ではなく、ノア武道館大会。それは小橋が帰ってくるからです。

 日本にはプロ、アマ問わず様々なアスリートがプレーしていますが、試合場に立っているだけで頭が下がるアスリートは小橋だけです。

だって小橋はヒザを五回手術したんですよ。アスリートとしては致命的、いや絶望的と言っていい逆境を乗り越えたことには畏怖の念しか覚えません。

 ケガから復帰するとき、小橋は医者から「大会場のビッグマッチしか許可できない」と言われたらしいです。しかし小橋は「地方のファンを無視することはできない」と言ってフル参戦を希望しました。

アスリートとして致命的であり絶望的な重傷を負った小橋が地方の試合を欠場したとしても、小橋を責められるファンなんているわけないじゃないですか。もし小橋を責めるファンがいたらバーニングハンマーを掛けられても文句は言えません。それでも地方参戦を決めた小橋の男気には頭が下がる思いがします。

 選手生命を絶たれかねないケガを乗り越えた小橋にさらなる逆境が襲いました。腎臓ガンです。選手生命を賭けた戦いに勝利した小橋を待っていたのは、文字通り生命を賭けた戦いとは残酷すぎます。よく「神様は人が乗り越えられない逆境は与えない」と言われますが、それにしてもアンフェアすぎます。無情です。

 それでも生命を賭けた戦いに打ち勝ち、小橋は今日リングに帰ってきます。選手生命、生命と二つの戦いに勝利した小橋にはただ頭が下がる思いがします。小橋の戦いを思えば、日常の些細な出来事に愚痴を言うことはできないですね。ここまで強い人間を僕は知りません。

 小橋復帰戦をOAする今日深夜の日テレノア中継を録画するべく、動かなかったビデオデッキを動くようにしました。明日は心して小橋の復帰戦を見るつもりです。おそらくここまで真摯な気持ちでスポーツを見るのは後にも先にもないはずです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2007/12/02 22:45] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
星野KY
 前々から北京五輪には興味がないと書いてきましたが、ガマンできないので書かせていただきます。

北京五輪出場を目指す日本代表は29日、ロッテ・渡辺俊介投手(31)、巨人・高橋尚成投手(32)、横浜・相川亮二捕手(31)の3選手をベンチ入りメンバーから外したと発表した。

 外すならなぜ台湾まで連れて来たんですか?選考は国内でやればいいでしょ。大会二日前に外された三選手の気持ちを思うと言葉がありませんし、あんまりです

 野球・サッカーなどの球技、ボクシング、MMAなどの格闘技を問わず、現地入りしてからは技術、体力を高めることより現地の環境に慣れることを優先して、練習量は軽めになります。試合直前に練習量を上げたら疲れが溜まって試合になりませんもん。

 それなのになぜ現地入りしてからも選考を行ったのか?選ばれるために選手がハードワークを自らに課す可能性は考えなかったのでしょうか?星野が考えることがサッパリわかりません。

 現地入りしてからは、どう転んでもこのチームで戦うしかないと、一体感を高めてチームワークを作ることを優先するべきでしょう。選手が誰が落ちる、誰が入ると疑心暗鬼になったらチームワークなんてできるはずもありません。今回直前で選手を外したことで、一体感が作れず試合に影響が出て予選に優勝できなかったらどうするんですか?

 かつて98年W杯のとき、カズを直前で外した岡田に対して、「カズのキャリアを無視している」と当時のヴェルディの監督(ニカノールだっけ?)は批判していました。これに倣って原・バレンタイン・大矢は星野を批判しても僕は許します。ていうかしてくれ。おかしいことは誰に対してもNOというのがセメントでしょ?

 興味ないと冷めていた北京五輪に対して、ここまで熱くなるとは自分でも驚きです。別に代表なんて応援していないんだからね←ツンデレ

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/12/01 00:22] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。