スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
さよならカブ
 奇跡は起こらずやっぱりカブ退団。今季の成績と年俸6億円はとてもじゃないけど釣り合うものじゃないので、覚悟していましたがやっぱり寂しいです。

 言うまでも無くカブの魅力は、豪快という言葉が陳腐に聞こえるほどのホームランでした。「ボールはあんなに飛ぶものなのか?」とか「なんであのコースのボールがホームランになるんだ?」と思わせる異次元のバッティングには何度も驚かされたものです。

 いろいろ思い出はありますが、一番の思い出は04年のポストシーズンです。PO1S最終戦で、「むこうの四番(セギ3ランでファイターズ先制)が打ったんだからお前も打てー」と叫んだら超特大の満塁弾

 日本シリーズ第三戦での二本のホームラン、特に二本目の満塁弾は今でも覚えています。ドラゴンズ外野陣が全く打球を追わない豪快すぎる一発でした。そして最終戦でゲームを決定づける3ラン。あのときのカブはパワーと勝負強さを併せ持つ現人神でした。

 カブには立ってるだけの守備、チンタラ走る走塁に批判が多かったのも事実です。ですが、いいときのカブは欠点覚悟で使いたい魅力に溢れていました。

 来季はブルーウェーブに行くとか。来季からは敵になるかもしれませんが、カブのバッティングを日本で見られるのは嬉しいです。来季のブルーウェーブ戦は複雑な心境で見ることになるでしょう。

 カブレラ選手七年間ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/29 22:48] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
メダルの価値はプレイスレス
 今週末から北京五輪アジア予選が始まります。北京五輪に興味を持てない理由を書くいい機会なんで、今日書きます。

 理由はシンプルです。メジャーリーガーが出ないから。以上。で終わるのもなんなので、以下掘り下げて書きます。

 そもそもメジャーリーガーが出ない国際大会に、国内トップクラスの選手を送り込んで優勝することになんの意義があるんだろう?という疑問があるんですよ。四大リーグの選手が出ない国際大会で優勝しても、「日本サッカー世界一」って喜ぶサッカーファンっていると思います?

 ぶっちゃげ松坂、イチロー、王建民、ジーター、Aロッド、M・ラミレス、I・ロドリゲス等一流メジャーリーガーが参加しない国際大会で優勝したからって誇れると思えません。横綱・大関陣がフル欠場した本場所で優勝したからって、角界最強は名乗れないでしょ?

 アテネのときは、プロ野球ドリームチームを組むのが珍しかったし、MLBを引っ張り出すにはアメリカを倒して金メダルを取るしかないと思っていました。しかし今は一流メジャーリーガーが国の名誉を背負って参加するWBCがあります。五輪にムキになる必要は無いんですよ。

 スポーツには陸上、バレー、柔道など世界選手権やW杯と名がつく大会があっても、五輪の金メダリストが世界最強と認められる、五輪重視の競技と、五輪は若手の大会と割り切っているサッカー、五輪競技にすらなっていないラグビー、ゴルフなど五輪軽視の競技の二つがあります。野球は後者の道を歩めばいいんじゃないでしょうか。

 どうせ12年ロンドンでは除外されるんだし。もし存続しても、シーズン中に行われる五輪にMLB機構が協力するとは思えません

 さすがに五輪ボイコットはまずいと思うんで、五輪は若手に国際経験を積ませるという意図で、プロアマ合同のU-25ドリームチームで挑めばいいと思います。

投手 涌井、ダル、成瀬、岸、マー君、長谷部、斉藤祐樹
捕手 銀ちゃん、嶋
内野 中島、西岡、片岡、大引
外野 鉄平、青木、中田翔

 選手名鑑を見ながら適当に選んでみましたが、悪いメンツじゃないでしょ?若いメンツは若い監督ということで、伊東か古田を監督で。今からメンツ全とっかえできないかなあ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/11/26 22:54] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファーストはどこいった?
 ファン感から二日経った今でも、長田のアンミラが頭から離れない管理人です。レイヤーがグラウンドを占拠した、コスプレ野球大会は強烈だったなあ。

 ファン感は今年で三回目ですが、ファン参加イベントを増やした今回が一番面白かったです。これも赤田選手会長と帆足副会長の九州コンビが頑張ったおかげでしょう。九州人はプロデュース能力が高いんですよ。

 さて今日のお題はカブが抜けたあとについて。カブの今季成績は

119試合 打率.294 HR27 打点81

 どうひいき目にみても6億円のギャラに見合うものではありません。現在NPBでギャラ5億円以上の選手は金本・松中・スンヨプ・カブの四人だけ。業界全体で四人しかいない高額なギャラをもらうなら、三割・30本・100打点は目標ではなくノルマでしょう。

カブレラは当初から残留を希望していたが、今季年俸6億円が残留への障害となり交渉がストップ。再開のめどは立っていないという。

 それを全て達成できず、欠場も20試合以上したならギャラもカットされてもしかたないでしょう。心情的には残ってもらいたいのですが、カブが減俸を呑めないなら退団するのはしかたないです。

 ここからが本題。カブが抜けた場合ファーストを守れそうな選手をピックアップしてみました。

後藤 武敏   20試合 打率.162 HR0 打点1
貝塚 政秀   19試合 打率.151 HR0 打点1
GG佐藤     136試合 打率.279 HR25 打点69
上本 達之   30試合 打率.187 HR0 打点3
中村 剛也   98試合 打率.230 HR7 打点32

 こんなもんですかね。成績を見るとGGの圧勝ですが、GGの本職は外野。肩がいらないファーストではGGのレーザービームが使えませんし、外野→内野のコンバートでは成功例皆無なので、GGは除外。

 GGに次ぐのは中村ですが、175cmしかない中村がタッパが要求されるファーストを守るのはキツイでしょう。CSを見るたびに解説者からサード守備を褒められる中村をファーストに回すのもナンセンスだし。中村も除外。

 となると上本、後藤武、貝塚の三択になります。年齢(27)と一軍ベンチには栗山と義人ぐらいしかいない珍しい左打ちということを買って、上本を本命に推します。和田が化けたのも30前だったので、上本が化けないともかぎりませんし。

 フロントもバカではないので、ファーストを守れて主軸を打てそうな新外人をリストアップしているでしょう。しかし球史に残る怪物・カブよりどれぐらい活躍するかは未知数の新外人の方が組みしやすいのは言うまでもありません。

 後藤武・貝塚・上本は来季は選手生活を賭けるつもりで頑張っていただきたい。ファーストを取るには今しかありません。春キャンプから始まる一塁戦争に注目です。



 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/25 17:18] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ウェルカム・トゥ・ライオンズ!
 ライオンズに大物がやってきました!マジで嬉しいです。大物が抜ける悲しさばっかり味わってきたんで、たまには大物が来るワクワク感とかドキドキ感を味わってみたかったんですよ。

 石井一が入るメリットを考えてみました。涌井・岸・西口しかいないローテ、計算できる左先発は皆無という先発陣なので、ここ二年で20勝、平均170イニングを投げた石井一が加入するのは頼もしいです。

 石井一の日米通算137勝を挙げた経験も買いですね。石井一以外に日米通算で100勝以上挙げた投手は野茂と吉井ぐらいしかいないので、もの凄く貴重な経験です。この貴重な経験を若手投手に伝えてくれたらという思いがあります。

 意図したわけではありませんがこのブログでは、石井貴は貴、石井義人は義人と石井姓の選手は名前で書いてます。なので石井 一久は今後一久と書かせていただきます

 一久入団で幸せな気分にひたっていたら、カブがFA濃厚に。FAになった外国人はほぼ残留は無いのでおそらくカブも移籍することになるでしょう。この話題は後日書きます。今日は幸せな気分のまま寝たいんだ

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/22 23:21] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
最後の勝負
 ドラフトも終わったし、あとは和田とカブは出て行くのかなあとか、石井一とラミレスは来るのかなあということしか興味がありません。契約更改は興味ないし。

 五輪予選もあるんですが、以前書いたように全く興味がありません。理由はおいおい書きますが。僕の中では今日を持ってストーブリーグに入りました。

 その石井一は今日スワローズと交渉したとか。

約30分で終了した交渉では、新たな条件提示はなかった。石井一は「ヤクルトにいつまでもいたい気持ちはあるし、人として大きくなりたいという気持ちもある」と揺れる思いを口にした上で「条件ではなく、どちらが自分にとって成長できるかを考えたい」と話し、2度の交渉を終えた西武に移籍する可能性を示唆した。

しかし、石井一によるとヤクルトと再度会う予定はないという。

 ライオンズと二度目の交渉の様子は、

西武側の思いは条件面にも表れた。小林球団社長は「インセンティブ(出来高払い)で新たに付け加えた部分がある」と明かした。初交渉で2年総額7億円以上プラス出来高払いの条件を提示していたことが判明。さらにこの日の交渉では破格条件に出来高払いの上乗せもあった。石井一は「入ってほしい気持ちが上積みされていた」と必要とされていることを実感した。

交渉では「西武入団」を想定した具体的な話が挙がった。条件面に加え練習環境や自主トレ先、「石井一シート」の設置、球場への移動方法にまで話は及んだ。

 条件提示が無く一回しか交渉しないスワローズと条件提示があり、環境面まで話が膨らみ二回交渉したライオンズ。勝負ありです。もし石井一まさかのスワローズ残留になったら、これからなにを信じたらいいんだろう

 石井一がどっちを選ぶかは23日までには決断するらしんで、焦らず待ちましょ。

 23日のファン感で、「本日のスペシャルサプライズゲストを発表します、かつて和製ランディ・ジョンソンの異名を取り、日米通算137勝を挙げたリビング・レジェンド、カズヒッサー・イシーイ!!(ここだけレニーハート)」のアナウンスと同時に石井一がビクトリーロードから入場。なんてことがあったら死んでもいい

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/20 23:38] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大社ドラフト
 大社ドラフト結果

一巡目 平野 将光 投手 右投右打 24歳 JR東日本東北
三巡目 藤原 良平 投手 右投右打 21歳 第一工大

 昨年は投手・野手二名ずつの指名でしたが、今年は少数精鋭の指名。中島・片岡の刺激剤とバックアップを兼ねて二遊間を取るとか、柴田・内田が抜けた分、要員確保のために外野を取るとかいろいろ考えたんですが。野手は不作だったのかなあ。 

 左先発皆無なんだから加藤か長谷部取って欲しかったんだけど、うまくいかないです。クジ運をどうこう言ってもしかたないんで、平野・藤原両投手に期待したいですね。

 三巡目・藤原の学校はなにを隠そう、僕の実家から最も近くにある大学です。隣町にある言っていいでしょう。あんなとこからプロ野球選手が出るとは、しかもライオンズに指名されるとは驚きました。

 藤原は鳥取出身みたいですが、鹿児島の学校出身なので僕にとっては準地元選手です。応援せねば。もし一軍定着したらプロ仕様作ろうかなー。即戦力の左投手が取れなかったのは残念ですが、僕にとってはいいドラフトになりましたよ。

 地元の人間として、第一工大の話はいろいろ知ってますが、ここでは書けないです(汗)

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/19 22:24] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ド直球青春映画「クローズZERO」
 昨日池袋で「クローズZERO」見てきました。興行成績がいいことは知ってましたが、入ってみたら女子の多さに驚きました。三池 崇史×原作が月刊チャンピオンの作品で女子に受けるとは思えない。山田 孝之と小栗 旬の人気を考えても信じられない。間違えて「HERO」に入ってしまったかと思いましたよ。今年の邦画で最大のサプライズに違いないな。

 バキハウスと化した校舎を見て美術がスゲエ頑張ってたし、主演の山田 孝之と小栗 旬もよかったしで満足しました。

 「クローズZERO」のテーマはアクションではなく、青春を描きたかったんだと思います。ガラの悪い底辺校のトップを取ったところで、社会的な名声は受けられませんし、大金を稼げるわけでもありません。もちろんいいところに進学・就職ができるわけでもありません。

 物質的な成功ではなく、なにも残らないものを求める。これって子供の時代=青春映画じゃないですか。大人になると物質的に残るものを求めないといけないわけで。ノーギャラだったら誰も働かないでしょ?

 「クローズZERO」は純粋な子供の時代を描きたかったんだなと思うんですよ。それは鈴蘭でトップを狙う小栗 旬を手伝いをしながらも、小栗 旬に憧れるやべきょうすけ演じるヤクザを見ればよくわかります。やべきょうすけには、子供の時代を生きるにはトウが経ってしまい、やりたいことをやらないうちに大人になってしまった哀しさに満ちていました。やべきょうすけに今年の助演男優賞を。

 観る前は「ファイトクラブ」や「血と骨」のような、観ていて怖くなるアクションというかバイオレンスに期待していましたが、これはいい裏切りでした。こんなに裏切られたのはいつ以来だろう。初めてかもしれない。だから映画を観るのはやめられないです。


 

 

テーマ:クローズZERO - ジャンル:映画

[2007/11/18 12:00] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
リメンバー6.13
 2007.6.13。この日は岸とマー君がプロ入り初完封を記録したおめでたい日であり、ジュビロ磐田・菊池 直哉容疑者が未成年への婦女暴行で逮捕された日です。そのとき「プロ野球の未来は明るいけど、Jリーグの未来は真っ暗だ」と思ったものです。

 あれから五ヶ月、菊池容疑者はどうなったかといいますとなんと海外で就職活動中でした。

不祥事のため6月29日付で磐田を解雇されたMF菊地がドイツ1部ロストクの練習に参加した。4週間前に2軍の練習に参加し、実力が認められてトップ合流となった。

菊地は9月にドイツ1部ボルフスブルクの2軍の練習に参加していたが、契約には至らなかった。

 いくら起訴猶予とはいえ、事件からわずか五ヶ月で就職活動していいのか?記事には「9月に練習参加」ってあるから、実質二ヶ月の謹慎かよ。二ヶ月って謹慎じゃなくて長期休暇だろ。JBCは謹慎中の亀田に「謹慎中は海外でも試合しちゃダメ」と釘を刺したのに、Jリーグは野放しとは。こいつら腐ってるな。

 体格に勝る男性が体力と腕力にモノをいわせて女性を襲う行為は卑劣で許しがたいのに、現役Jリーガーでありアテネ五輪代表と屈強なアスリートである菊池容疑者が女性を襲ったことは、卑劣であり、どう考えても簡単に許されることではありません。

 それなのに実質謹慎二ヶ月で済ますJリーグは組織としてどうかと。現代日本にここまでアンモラルな組織はあるんだろうか?

 犯罪に甘く、バクチ合法のJリーグはもはや子供に見せられるシロモノではありません。Jリーグは18禁にするべきです。スタジアムは年齢確認しないと入れず、CSはアダルトチャンネルみたいに年齢認証しないと見れず、サッカー専門誌は青いテープ掛けると。エッ地上波?やれるわけないでしょ。選手にモザイ(以下略)

 マジメな話この問題はもっと騒がれてもいいと思うんですよ。犯罪を犯した選手が実質謹慎二ヶ月、海外で就職活動OKなんてどう考えてもおかしいでしょ?

 こういうことはサッカーマスコミがガンガン書いて欲しいんですが、やっぱり代表利権が気になって書けないのかねえ。セメントやらずにブック飲んでるサッカーマスコミも情けない。サッカーは業界丸ごと腐ってるぜ。

 

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/17 00:20] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祝埼玉西武ライオンズ誕生3
 「埼玉西武ライオンズ」が本日正式決定されました。パチパチ。もちろん、地域名を着けたから地域密着できるという簡単なものではないので、今後は埼玉全域にライオンズを浸透させるためにフロント・現場が一体になって頑張らないといけません。チーム名に「埼玉」を着けた今日からがスタートです。

 球団公式を覗いてきました。

埼玉という名前を付けてもこれまでどおり県外、特に近隣の東京都の市区町村等は球団にとって大切であるという認識は何も変わりません。特に、本拠地のある所沢市は一番大切な地域だと考えています。また、市民応援デーなどの取り組みは従来どおり行なっていきます。県外ファンの皆さまに対しての対応が変わるわけではありません。

 東京に位置する西武沿線のファンにも配慮してるじゃないですか。内心「埼玉全域にファンが増えても、西武沿線のファンが離れたら意味無いよなあ」と思っていたのでホッとしました

地域への交流や地元スポンサー獲得などの営業活動を行っていきます。また、野球教室、指導者講習会などを通じて、野球振興活動も図っていきます

 野球教室や指導者講習会はいいですね。ライオンズが野球教室・指導者講習会を開催→埼玉の野球レベルが上がる→甲子園で埼玉代表が上位進出→選手がライオンズに入ってくれる。まさに好循環。夢が広がりますよ。指名された埼玉の選手が「子供の頃ライオンズ主催の野球教室を受けて以来、ライオンズに入るのが夢でした」なんて言ってくれたら泣けます

 これでパリーグはブルーウェーブ以外五球団が地域名を着けることになります。流れに乗り遅れたブルーウェーブはどうすんだろ?神戸と大阪のダブルフランチャイズそのものが中途半端だし。個人的には神戸オンリーでやって欲しいのですが。大阪Dは家賃高そうだし、球場の作りは日本最悪だしといいとこないんだから。

 地域密着の一環として、埼玉県某市を舞台にした某深夜番組OPを西武Dでガンガン流せとか、某深夜番組に出演した人をウグイス嬢をやらせろとか、ブルーウィンズにアノ踊りをやらせろの餓狼ネタは書きません。って書いてるか

 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/14 23:04] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やっとライオンズのターン!
 「『ウチは育成重視です』なんて耳あたりのいい言葉使って、たいした補強しないんだろ、現有戦力で勝てるわけねえだろ、もっとやる気出せよ」と思ってたらビッグニュースが入ってきました。

 もちろんOKです。主力が抜けてばかりなんだから、たまには大物が来てもいいじゃん、いや来てくれ

 石井一帰国後の成績はと言いますと、

2006 登板28、177 2/3イニング、11勝7敗防御率3.44
2007 登板28、166 2/3イニング、9勝10敗防御率4.15

 今年9勝、防御率4.15とやや低調なのが気になりますが、規定以上投げたのが大きいです。今のチームで規定以上投げられる左先発がいないことを考えると、獲得に動いた方がいいでしょう。日米通算137勝の経験を若手に伝えられることも期待できるし。いい話題のないオフでしたが、やっと楽しくなりました

 種田・谷中の入団も決定。種田獲得は内野のサブと代打要員という理由でしょう。ナカジ・片岡のバックアップはもちろんですが、サード争いが低調なので、終わってみたらサードは種田が取っているかもしれません。来季はタネダンスやるぞ!おもいっきりやるぞ!

 谷中を戻した理由がわかりません。リストラ組から取るなら、若いの取ればいいのに。解雇された富岡・黒田・谷中を戻すなんて、なんで面倒見がいいんだ?ライオンズは出番が少なくなったベテランをあっさり放出するのに、貢献していない選手を戻すのはなぜ?球界七不思議だな。

 チームの偉大なOB稲尾 和久氏がお亡くなりになりました。僕はチームが身売りされたり、移転してもチームの歴史は続いていくと思っているので、稲尾氏をチームの偉大なOBだと思っています。

 よく父から「中一週間で完投しないなんて今の投手は甘えすぎ、稲尾は毎日のように投げてシーズン40勝したんだ」とよく聞かされました。数年前TVで稲尾氏が「投げる寸前に閃きで球種を変えることがあった。自分はリリースの直前に握りを変えることができた」と話しているのを聞いて、「マジで?こんなことができる投手は今何人いるの?」と驚いたものです。

 もちろん僕は稲尾氏の投げる姿は見たことがありません。しかしリスペクトというか畏怖の念は持っています

 稲尾 和久氏のご冥福をお祈りします。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/13 23:43] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
決定、日本で一番嫌いなアスリート
 いきなりですが、僕は福留嫌いです。理由はバファローズを拒否ったとき、「こいつパリーグ舐めてるな」と思ったから。もちろんチームを拒否る権利はあるわけなので、僕の逆恨みにすぎないのですが、この一文を読めば僕の気持ちをわかってもらえると思います。

>福留をめぐってはすでに阪神、巨人のほか、カブスなど国内外の10球団以上が獲得に名乗りを上げている。福留は「すべて横一線。(希望する球団は)一切ない」としており、今後、し烈な争奪戦が繰り広げられることになる。

>福留は高校卒業時に近鉄(現オリックス)の指名を拒否し、3年後に逆指名で中日に入団した経緯について「今は関係ない」と強調したほか、中日側が提示したとされる「4年17億円」の条件を変更する意志がないことを聞かされ、「そうならば、(再交渉は)ないんじゃないですか」と話すなど、気持ちが移籍へ傾いている可能性を示唆する場面もあった。

 バファローズを蹴り自分の意思で入ったドラのことを「今は関係ない」の一言で済ますとは福留の人間性を疑います。普通はお世辞でも育ててくれたチームの恩を示すのですが。こいつの頭の中は札束しかないんだろうな。佐々木 恭介が泣いてるぜ。

 元々FAとは入るときにチームを選べなかったから、入ってから選ぼうという趣旨でしょ?逆指名で入った人間がFAで国内移籍するのは、FAの趣旨に反していると思うよ。黒田がカープかMLBの二択と言っているのは、自分の意思でカープに入ったのに国内移籍を選ぶのは、信義に反していると思っているから。というのをどこかで読んだ記憶があります。

 FA制度を維持するなら、ドラフトを完全ウェーバーにするか、FA制度を廃止するならドラフトを廃止するかの二択しかないと思います。って福留から話それましたね。

 とにかく僕の中で福留は、日本で一番嫌いなアスリートに選ばれました。どこで野球やろうがあなたの勝手ですが、僕があなたを応援することは二度とありません。WBCや五輪でJAPANユニを着ていてもです。
 
 

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/12 23:19] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ダブルヘッダー第二試合
 本日二本目は、前々から予告してた「チーム名に埼玉を着けることで予想される質問に答える、一人Q&A」をやります。僕は約束を守るハード(以下略)

 Q.チーム名に「埼玉」をつけることで、埼玉県民以外のファン、特に東京に位置する西武沿線のファンが離れていかないか?

 A.考えすぎでしょ。ベイスターズだって、「横浜市民以外は切り捨てられるようなニュアンスがある」なんて言ってるファンはいないと思うし。ライオンズと同じ埼玉にあるレッズサポとかアルディージャサポも同じだと思うよ。

 数年前までプロ野球チームが無い県に住んでいた僕にとっては、どう地域名が着いていようが、球場に行ける範囲に住んでいることが幸せだと思います。

 Q.どうせつけるなら、「埼玉」より西武Dがあり西武沿線に位置する「所沢」の方が、ファン層にあってるのでは?

 A.チーム名に「所沢」ではなく、「埼玉」を着けたかというと、約人口34万人の所沢じゃマーケットが狭すぎるからだと思います。都市にマーケットを絞るなら、百万都市じゃないとやっていけないと思います。

 Q.「西武」は「西武蔵野」の略だから、「西武」のままでいいんじゃないの?

 A.ウルトラ大愚問。自分で言うのもなんですが、答えるのもバカバカしいです。

 僕は数年西武沿線に住んでますが、「西武の生まれ」とか「西武に遊びに行く」という表現は聞いたことがありません。日常で使わないマニアックな地域名を着けたって意味ないでしょ?

 Q.「埼玉」をつけることで、西武沿線を含む埼玉人以外の地方人は切り捨てられるような気がする。

 A.経営的な視点で言うと、球場に来れないファンより球場に来られるファンを重視するのは当たり前です。だってファンが球場に足を運ばないとお金稼げないもん。NPBの興行収入の取り分はホームの総取りなので、ビジター戦を観に行くライオンズファンを増やしても経営的には全く意味が無いんですよ。

 じゃ自分の住んでいるところにプロ野球チームがない人はどうすればいいのか?というのは今日の趣旨じゃないので、書きません。いつか気が向いたら書くかも。って手段はエクスパンションしか無いけど。

 Q.都心から遠い西武Dじゃファンが来ないんだから、移転とまでは言わなくても東京D開催を増やした方がいいのでは?

 A.本日二度目のウルトラ大愚問。MLBで他チームが使っている球場でホーム戦を開催するということを聞いたことがありません。ドジャースがヤンキースタジアムでホーム戦を開催するなんて聞いたことないでしょ。

 これは他球団が使っている球場でホーム戦を開催をするのは、自チームと元々球場を使っているチームのファンに対して失礼だし、私たちはプライドがありませんと宣言しているようなものという考えだと思うんですよ。

 
 数年前までプロ野球チームが無い県に住んでいた僕にとっては、東京Dは巨人戦やってるからいいじゃん、それよりプロ野球チームが無い都市でやるガチンコ地方試合をやろうよ。と思っています。

 それに東京Dは家賃が高いことで有名。札幌Dに引っ越したファイターズが、「家賃が三分の一になった」と喜んだとか。東京Dで開催したら、「お客さんは増えたけど、家賃と相殺されてプラマイゼロ」という結果になったら意味ないでしょ?

 これで一応終わりです。待たせただけのものが書けたかどうかは、読者さんの判断ってことで(汗)

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/11 22:23] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ダブルヘッダー第一試合
 最近いろいろ忙しいんで、ブログの更新ができません(汗)書きたいことはいくつかあるんですけどねえ。日頃書けないならヒマなとき書き溜めようということで、今日は二本立てでいきます。

 最初のお題は和田FA。心情的にはもちろん残って欲しいです。今季は打率.315はいいのですが、HR18本、打点49と期待を裏切りました。チャンスではため息が出ることが多かったし。

 でも2000年代からのライオンズを知る貴重な人材ですし、チームの精神的支柱として引っ張って欲しいので残留を願います。しかしビジネスとして考えると話は違うわけで。今の和田に二年六億円の投資を回収できるか?と言われると疑問です。

 今季の和田に失望したのは、暴力的と言っていい強烈な打球が全くと言っていいほど見られなかったことです。ライオンズ戦を観ている方ならわかると思いますが、打球の速さはNPB屈指と言っていいでしょう。あの井口を「守ってて怖い」とビビらせたほどです。右打者の流し打った打球がセカンドの選手を怖がらせるなんてありえないですよね?

 その打球が今季は全く見られず、和田衰えたなと思ったものです。だから今回は悩ましいんですよ。もし和田が強い打球が打てるなら無条件で再契約して欲しいんですが。

 もしビリー・ビーンなら「強い打球が打てない和田より、ドラ一指名権を増やしたり(MLBではFA保障はドラ一指名権。選手を取られたチームと、MLB機構から一人づつの計三人をドラ一で指名できる)、若手を使った方が楽しい」と言って再契約しないんだろうな。NPBとMLBじゃルールが違うから、ここまで割り切れないけど。

 カブも退団の可能性があるとか。僕が前サイトから、07年末で和田FA・カブ契約切れ、和田35歳・カブ36歳だから次世代主砲を考えないといけない、つまりライオンズ2008年問題が今後の課題と書いてましたが、さっそく現実のものになりそうです。

 中島、栗山、GG、中村のレベルアップはもちろんですが、補強もやって欲しいですね。現有戦力だけでAクラス以上を望むのはムリがあります。例えばラミレスとまでは言わなくてもセギノールを狙うとか。ヒザが痛いならDH専任でもいいし。ホントは福留とか新井を狙って欲しいんだけどなあ。たまには大物が来てもいいでしょ。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/11 17:22] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祝埼玉西武ライオンズ誕生2
 実行委員会で「埼玉西武ライオンズ」が承認されました。オーナー会議で覆るとは思えないので、事実上決定したと言っていいでしょう。

 今までライオンズは西武沿線のチームという印象でしたが、今回地域名を入れたことで、西武沿線から埼玉全域にマーケットを広げたといっていいでしょう。マーケットが広がる分、営業部隊は今まで以上に頑張らないといけません。頑張れ大成

 伸び伸びになっている、「チーム名に埼玉を着けることで予想される質問に答える、一人Q&A」は週末にでもやるつもりです。今度はやります、マジです、セメントです、シュートです(しつこいか)

 荒木、植田、清水に続いて苫篠も他球団のコーチ就任が決まりました。オファーが来るのはコーチングの能力が買われたからということを考えると、今季のコーチングスタッフは有能だったかもしれません。一軍のコーチングスタッフが有能なのに、なぜ五位?スカウティングが悪いのか、ファームの育成が悪いのか?わからなくなってしまいました。

 とりあえずファイターズをクビになった佐藤、平野コーチをヘッドハントしてもらいたいですね。エッコーチングスタッフは決まってる?なあに総合とかチーフとかテキトーな肩書き与えてベンチ入りさせればいいんですって。ウチのコーチがヘッドハントされるなら、こっちもヘッドハントしてもいいでしょ。目には目をです(ちょっと違うか)

 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/06 23:06] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
国際試合はエキシビジョン
 日本シリーズ終了を持ってオフに入りました。まだアジアシリーズと北京五輪予選がありますが、どっちも興味無いし、テンションが上がらないです。

 アジアシリーズは大一番・日本シリーズが終わってテンションが落ちている時期に開催されるから、エキシビジョンとしか思えないんですよね。

アジアのプロリーグ中ではNPBが一番古いし、プロが全面参加したアテネ五輪、WBCでは日本がアジアの中では最高の成績を残したし、アジア人メジャーリーガーの中では日本人が一番活躍したし、さらにアジアシリーズは開催地が東京に固定されていることを考えるとアジアシリーズはNPB代表が勝って当たり前でしょう。

 勝って当たり前より、どこが勝つか分からない方がゲームとして面白いのことは言うまでもないです。だからアジアシリーズは燃えないんですよ。

NPB以外のプロリーグがもっと強くなって、開催地が各国持ち回りになり、開催時期が大一番直後ではなく、プロ野球へのテンションが上がり始める翌年春ぐらいになればもっと関心が持てるかと。

 北京五輪についても言いたいことがありますが、後日書きます。とにかくオフに突入したんで、サブカル話を書きたいですね。前サイトでこっそり書いてた「餓狼伝レビュー」も書きたいし、以前予告した昔のモーニングのことも書きたいし。

とにかく読者の斜め上をいくようなことを書いていきたいんで、よろしく。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/11/04 22:47] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
無責任大将じゃ勝てません
 ライオンズの出ない日本シリーズは、「パリーグの代表を応援するのがパリーグ者の仁義」とパリーグのチームを応援するんですが、今回はファイターズを応援できませんでした。だって最大最後の大一番の前に大将が就職活動するチームなんて応援したくありません。

 水面下で他のチームと交渉するぐらいなら許せますが、ユニ着て記者会見をやったヒルマン、高田GMの姿を見たときはムカつきましたし、許せませんでした。ファイターズの選手は来季のことは頭から追い出して日本シリーズに臨んだはずです。

 それなのに大将が就職活動とは。選手、ファン、相手のドラゴンズ、そして日本シリーズの伝統をバカにしているとしか思えませんでした。

 落合はプレイオフを制しても、「ビール掛けは優勝チームがやるものだから今はやらない。日本一になったときやる」と気を緩めず、日本一への執念を見せました。大将が就職活動に励んだファイターズとは大違いです。今回の日本シリーズは戦前で決着がついたとしか思えません。

 パーフェクトで8回終了した山井を降ろしたのは賛否あるでしょう。あのとき落合は「9表を抑えられるのは山井か岩瀬か?」と考えて岩瀬登板を選択したと思います。誰からも責められることを承知で決断するのは勇気がいると思いますし、落合が徹底したリアリストということがよくわかりました。

 日本一の栄冠を獲得して、落合はまた一歩名監督の地位を固めたといっていいでしょう。次期WBC監督は落合で。国内で結果を出した監督が代表の監督をやるのは普通でしょ。

ドラゴンズ日本一おめでとうございます。


 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/11/01 23:20] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。