スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
やっつけ仕事
 最近忙しくなったし、ワールドシリーズあったりで前に予告した宿題

>明日はチーム名に埼玉を着けることで予想される質問に答える、一人Q&Aをやりたいと思います。

なかなかできません(汗)予告しないでゲリラでやるべきだった。できないことは約束しないのは大人のマナーだよねえ。いつかヒマができたら書くんでカンベンしてつかあさい。

 今日は帰り着いてTV見たらD9-1F。日本シリーズしか楽しみないんだから、もっとマシな試合してくれよ。就職活動してる場合じゃないだろヒルマン先生よお。僕はヒルマンと高田GMの就職活動について面白くないというかムカついているんで、ファイターズが負けたら容赦なく書きます

 アジアシリーズはエキシビジョンだと思ってるし、北京五輪は興味無いからプロ野球を楽しめるのは今週いっぱいかあ。寂しいなあ。ということでもっといい試合見せてくれよ。←ファイターズ 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2007/10/30 23:08] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おめでとう松坂、よくやったカズオ
 カズオ・松坂ライオンズ二大スターによるワールド・シリーズ決着。もつれるかと思っていたらレッドソックスのスィープ決着でした。

 まともに見ていない僕が書くのもなんですが、初戦でプレイオフ無敗のロッキーズを止めたのが大きかったと思います。もしロッキーズが初戦を取ったらもつれたかもしれません。勝負は先手必勝です。

 松坂は公式戦で15勝を挙げ、一年ローテを守ったのも立派ですが、負けられないリーグチャンピオンシップ最終戦で勝ち、ワールド・シリーズでも勝ったのは立派すぎますね。開幕前、公式戦で15前後勝ってポストシーズンで二つ、三つ勝って、チームが世界一になったら松坂はボストンの英雄になると思っていましたが、まさか実現するとは思っていなかったです。

 これで松坂はWBCとワールド・シリーズを制した地球上唯一の人間になりました。さらにセンバツ・選手権・日本シリーズも合わせたら五冠ですか。こんな選手はもう出ないだろうな。去年までこんな凄い選手を普通に見られたことが信じられない

 さて国内の頂上決戦ですが、成績はイーブンでもドラはウッズを除いた全員が野球やっているのに対し、ファイターズはダルとセギノールしか野球をやっていない印象があるのでドラ有利と見ます。

 でもホームが変われば空気も変わるので、今後の展開はやってみないとわからないとしか言えませんが。ワールド・シリーズに押されている印象があるので、国内頂上対決にふさわしいゲームを期待したいです。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/29 22:40] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祝埼玉西武ライオンズ誕生
 日本シリーズ前夜ということで、あれこれ書きたかったんですが衝撃的なニュースが飛び込んできたんで、方針転換。

埼玉・所沢を本拠地とする西武が、チーム呼称に「埼玉」を入れて申請することになった。

 「球団創設30周年の来季は地域名をチーム名に入れるタイミングがいい」と球団幹部。早ければ11月6日の実行委員会に諮り、12球団の4分の3以上の賛成があれば議決、さらに同14日のオーナー会議で正式に承認されれば08年から「埼玉西武ライオンズ」となる。


 話だけは聞いていましたが、実現の動きが無かったので忘れてました(汗)埼玉県をホームにしているチームはライオンズ以外には無く、オーナー達に反対する理由はないので、可決されるでしょう。

 パリーグで地域名が着いていないのはライオンズとブルーウェーブだけなので肩身狭かったんですよ。プロ四チームの中に社会人チームが二つ混じっているみたいで。ああよかった。これでパリーグは一チームを除いて全て地域名が入るのか。まさに新時代

 僕は前から「ライオンズは地域住民に顔を向けています」とアピールするためにも、地域名を着けることは必要だと思っていました。別に埼玉でも所沢でもどっちでもよかったわけです。

 せっかくチーム名に埼玉を着けたんだから、埼玉県内を舞台にしている某深夜番組OPを入場曲に使うツワモノが出て欲しいですね。個人的にはルーキー・斉藤選手に使って欲しいです。ド地元だからな。もしやったら僕は入場曲に合わせて例の踊りやりますよ。

 冗談はともかく、明日はチーム名に埼玉を着けることで予想される質問に答える、一人Q&Aをやりたいと思います。新機軸なんでどうなるか全く予想がつきません(爆)

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/26 23:52] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
選手の才能≠コーチの才能?
 昨日に続いてコーチングスタッフの話。コーチ陣で一番の大物は虎眼(以下略)黒江ヘッドですが、最大のサプライズは熊澤打撃コーチ補佐です。

 カズオの個人トレーナーを務めたことが評価されてコーチ陣に入ったわけですが、現役時代の実績を調べてみたらなんと一軍出場未経験らしいです。これには驚きました。

 伊原さんのように一軍で活躍できなかった人がコーチやる例はありますが、一軍出場すらない人が一軍コーチをやるのは異例のことでしょう。ひょっとしたらNPB史上初かもしれません。

 UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ、プレミアリーグ、FAカップその他を制したジョゼ・モウリーニョ選手経験すらなく、通訳からのスタートだったとか。

 熊澤コーチが結果を出せば、肩書きから補佐が取れて、将来的にはヘッド、そして監督に登りつめることができるかもしれません。熊澤コーチが日本のモウリーニョになるかもしれない?

 以前ライオンズ次期監督に推していた植田コーチがカープへ見てる人は見てるじゃないですか。いや、カープフロントはこのブログを読んでるな

 カープから僕のところにGMのオファーが来るかもしれない。広島って行ったこと無いから一度行きたかったんだよなあ。瀬戸内海で泳いでみたいし。いろんな意味でね。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/25 23:23] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
V9はシグルイなり
 今さらだけど、来季コーチングスタッフ一覧。
【一軍】
監督       渡辺久信  
ヘッド      黒江秀修  
投手       小野和義  
投手       潮崎哲也  
打撃       大久保博元  
打撃コーチ補佐  熊澤とおる  
守備走塁     岡村隆則  
守備走塁     清家政和  
バッテリー    相馬勝也
トレーニング   大迫幸一

 全員過去チームと関わりのあった人間です。守りに入りすぎ、つまんねえ。ヒルマン、佐藤義、淡口、平野とチームと関わりのない人間を連れてきて、リーグ二連覇したファイターズを見習えよ。今さら身内にこだわってもねえ。勝つために身内、外様関係なく連れてくるファイターズが一枚上だよ。

 大久保のコーチ就任がいろいろ騒がせてますが、このことはネット上でいろんな人が書いてるんで僕は書きません。後追いやってもつまんないから。僕はゲリラをやりたいんですよ。というわけで黒江ヘッドのことを書きます。

 黒江ヘッドがV9戦士ということは説明不要ですね。V9巨人はメチャクチャハードボイルドなチームだったらしいです。「バント失敗したら翌日は一日中バント練習」、「ベンチでふんぞり返って試合を見ている選手は容赦なく蹴り飛ばされた」、高田GM曰く「理想はV9巨人。しかしあの厳しさは再現不可能」などなどV9巨人はおっかない話満載なチームだったらしいです。プロ野球チームというより虎眼流道場って感じだ。

 虎眼先生もとい、黒江ヘッドはライオンズに容赦なくV9イズムを叩き込んで欲しいです。例えば「エラーしたナカジは翌日千本ノック」、「リリーフ失敗した小野寺は一日中投げ込み」、「チャンスでゲッツー打った和田は一日中打撃練習」なんか特訓というより仕置って感じがしてきたよ。

 ここまでやればムチャクチャハードボイルドなチームが出来ると思います。ゾクゾクしてきたよ。というわけで本サイトは虎眼先生じゃなかった、黒江ヘッドを全面支持します。ヌルいチームを戦闘集団に変えてください。
  

 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/24 23:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ワールドシリーズはライオンズが乗っ取らせていただきました。
 ワールドシリーズはレッドソックスVSロッキーズ。そう松坂VSカズオが実現するんです!

 プレイオフが始まる前は、ワールドシリーズでレッドソックスVSロッキーズが実現したら嬉しいけど、難しいだろうなと思っていたらこの組み合わせ。ライオンズがシーズンで使えなかった運が太平洋を越えたとしか思えません。

 15勝を挙げ、一年ローテを守り先発陣の中で最多イニングを投げ、トレードマネー60億のプレッシャーに負けなかった松坂が立派なら、ニューヨークでファンとメディアに叩かれお払い箱になってもMLBで活躍するという夢を諦めず、ロッキーズで居場所を掴んだカズオも立派です。この対決はいい意味でどっちも肩入れできないですね。いい勝負になって欲しいです。

 この対決は1901年創立の老舗のレッドソックス、1993年創立と新興のロッキーズ、MLB有数のビッグクラブであるレッドソックス、下馬評は高くなくてもプレイオフ七連勝と異常な勢いを持つシンデレラチーム・ロッキーズと好対照なチーム同士の対戦なので、松坂とカズオはおいといても楽しめる対決だと思います。

 世界最高峰の舞台にライオンズから二人出すってことは、ライオンズが日本最強ということでよろしいでしょうか?プレイオフなんてどうでもいいんだからね

 

 
 


 

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2007/10/22 23:29] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
クライマックス・シリーズの憂鬱
 セリーグから日本シリーズに出るのは、リーグ優勝した巨人ではなくプレイオフを制したドラです。っておかしくねえか?

日本シリーズに出られない優勝チームに価値があるの?リーグ優勝していないチームが日本一になっていいの?今年度のセリーグで一番強いチームは巨人、ドラどっち?

 こういう事態が起こることはレギュレーション制定前からわかっていたことです。04.05年のホークスはリーグ一位になりましたが、プレイオフで敗退しましたわけで。プレイオフをやるなら公式戦=予選、プレイオフ=本選にした方がわかりやすくていいのに。レギュレーションを作った人たちはアホとしかいいようがありません。

 巨人=リーグ優勝、ドラ=日本シリーズ進出とどっちも傷つかなくてすんだという見方もできます。ヌルすぎ。プレイオフって勝ったチームが優勝と日本シリーズ出場権を獲得して、負けたチームはなにも得られないから異常な緊張感があるんでしょ?優勝の名誉が残るから負けてもOKなんてバカバカしすぎて話にもなりません。

 こうなったら一リーグ制にして、公式戦上位四チームでプレイオフやって勝ち残ったチームを日本一にした方がスッキリしていいかもしれません。僕はチーム数を減らさない一リーグ制なら考えてもいいと思ってますが、どうでしょう?

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/21 22:03] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
PO2S最終戦
 19時半頃帰り着いてTV点けたらF4-0M、投手コバヒロ。状況を理解するのに数分掛かりました。まさか成瀬が4回途中KOとは。これを予想した人はいないでしょう。もしいたとしても、バカ扱いされたと思います。今季パリーグ無敗の成瀬にこういう形で黒星がつくとは。野球は恐ろしい。

 プレイオフが始まる前の10/8分のブログにこういうことを書きました。

ポストシーズンでは調子の悪い主力を我慢して心中ということは珍しいことではありません。

 これは、「調子の悪い主軸と心中するなんて、ナンセンスというか悲劇のヒーローになりたいだけだろ?」という皮肉を込めています。

 今日のヒルマン采配の凄さは不振のセギノールを信じきったことでしょう。セギノールスタメン四番には変なヒロイズムは無く、「セギノールなら打ってくれる」という強い意志があったと思います。この強い意志がセギノールに3ランを打たせたかもしれません。僕が浅はかでした。まだまだ未熟です。

 本ブログ的PO2SMVPはPO2Sで二勝を挙げたダル。今日は慣れない中四日というキツイ登板間隔でしたが、6回2/3・1失点はお見事です。苦しくてもダルならなんとかしてくれると、周囲に期待されるエースの風格がついてきたような気がします。

 プレイオフって面白いですね。応援しているライオンズが不参加にも関わらず、PO1Sからああでもない、こうでもないと展開を予想していましたし、PO2Sに入ってからは、朝からドキドキしていました

 プレイオフ不参加チームを応援している僕でさえこうなんだから、プレイオフ参加チームのファンはもっと緊張していたんだろうな。僕も04年のプレイオフは生きた心地がしなかったし。この緊張感を味わうためにも来季は頑張らないと


 「アドバンテージのない一位チームはプレイオフを勝ち抜けない」というジンクスを破ったファイターズは素晴らしいです。僕は日本シリーズに出られない優勝チームに価値があるのか?と思っていたので、リーグ優勝を決めたときは無視していましたが、今日改めておめでとうを言わせていただきます。

ファイターズ優勝おめでとうございます。
 

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/18 23:43] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO2S第4戦
 里崎day。逆転2ラン、バット投げ◎のアビリティーを活かしたダメ押しタイムリーと完璧でした。今までアキバ系とか言ってゴメン。今さらですが、マリーンズで一番危険なバッターだと思います。

 追撃のチャンスを逃した直後の6裏を抑えて、7裏にはナイスカバーリングを見せた川崎も素晴らしかったです。もしここで失点していたら勝敗はわからなかったでしょう。影のヒーローです。

 これで最終戦はダルVS成瀬の頂上対決。ダル15勝・防御率1.820、成瀬16勝・防御率1.817。今のNPBで一番燃えるマッチアップです。このゲームに今年の沢村賞を賭けてもいいですね。ただダル中四日、成瀬中七日という登板間隔を考えると成瀬有利かと。成瀬を温存したバレンタインは策士

 ファイターズで心配なのは逆プレイオフ男になっているセギノールと、フルボッコにされたMICHELEです。いくらダルが抑えても打たないと勝てませんし、いくらダルでも絶対完投できるとは限らないので、この二人の不振は心配ですね。

 ダルの登板間隔、四番とクローザーの不振が不安要素なので、プレイオフはマリーンズが制すると見ます。過去三年のプレイオフ最終戦はパリーグ史に残る名勝負だったので、今年のプレイオフ最終戦も名勝負になって欲しいですね。
 

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/16 23:49] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO2S第3戦
 野球は怖い。7裏二死走者なしから、6点入るビッグイニングになるとは誰も思わなかったでしょう。しかも打力が弱いファイターズがやったことが信じられません。ホントに野球は怖いスポーツです。

 3-0、二死二塁から久保が登板したとき、ランナーを気にしなくていい場面と言っても、勢いづいているファイターズを止められるのかな?普段中継ぎをやっていない久保にはきついだろ?と不安に感じましたが、やっぱり久保はファイターズを止められませんでした。ガチで勝つ気なら荻野とか小宮山とかの右中継ぎを出せばよかったのに。バレンタインの采配が読めません

 ファイターズ王手。これでダルの出番は作れました。ファイターズとしては、最低限ダルを二回出す展開に持ち込みたかったはずなので、理想の展開でしょう。

 王手を掛けられたマリーンズの明日の先発は成瀬じゃなくて小野。これはダルに対抗できるのは成瀬だけだから、成瀬は最終戦に取っておこうという発想でしょう。つまりマリーンズの目的は一日でも長く野球をやることじゃなくて、優勝することという意図だと思います。

 こういう負けたら批判されることを承知で決断する采配は好きです。クールじゃないですか。昨季のPO1S第2戦の先発に松永を起用した伊東監督も同じ発想だったと思います。往年の広岡監督も同じような采配をやったとか

 明日はスウィーニーVS小野のマッチアップ。スウィーニー6勝・防御率3.70、小野7勝・防御率3.25とまあまあなので、明日は投手戦にはならないと思います。4.5点の攻防でリリーバーの調子が勝敗を左右するブルペン勝負と読みます。

 僕は今までどっちが勝ってもいい試合を見られたらいいと思ってましたが、ダルVS成瀬のU-22エース同士の頂上対決が見たいので、明日はマリーンズを応援します。

 

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/15 23:16] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO2S第2戦
 ドンパチじゃファイターズは勝てないね。完敗です。しかし札幌DでHR5本見られるとは思わなかった。まさかラビ(以下略)

 まさかのアクシデントで降板したコバヒロの後を受けた、高木が好投したのが大きかったと思います。スクランブルは体と心の準備が出来ていないので、大変だと思いますが高木はよく頑張りました。さすが阪急ブレーブス生き残り

 今年のプレイオフは序盤に得点が入るケースが多いと思ったので、調べてみました。五試合中四試合に序盤に得点が入っています。得点が入った四試合の中では、同点で序盤が終わった一試合を除いて、三試合が序盤でリードを奪ったチームが勝っています。つまり先手必勝が全てということですね。明日からは序盤の攻防に注目すると面白いかもしれません。

 言うまでも無く、両チームとも王手を掛けた状態で絶対的なエースダル・成瀬を投げさせるのがベストです。ということは明日が重要な意味を持つでしょう。明日はグリン-俊介のマッチアップ。リーグ防御率三位(2.21)、9勝のグリンとリーグ防御率四位(2.44)、9勝の俊介なので、互角の勝負と見ます。明日のセミ天王山、心して見さしていただきます。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/14 23:41] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO2S初戦
 西岡がセーフティーで出塁したあと、後続を力で捻じ伏せたダルが今日の象徴だったと思います。4回以降は無安打に抑え、抵抗らしいことをさせなかったことは素晴らしすぎます

 150Km/h台のストレートと140Km/h弱のスライダーを投げられると打つのは難しい。素行についていろいろ言われますが、松坂無き後ダルが日本最強のパワーピッチャーということは事実でしょう。

 ファイターズは2裏の集中打でゲームを決めました。今日のダルなら3点リードは安全圏です。強いチームはここ一番の集中力とか決定力が違いますね。5位チーム聞いてる?

 ファイターズは盗塁やエンドランを効果的に決めていたのが印象に残りました。一発が無いなら小技で補うところにヒルマンの有能さを感じます。。ひょっとしたら来季カブ、和田が抜けるかもしれないライオンズには絶好の教科書ですね。平野コーチ(泣)

 初戦を落としたといってもマリーンズにはまだ悲壮感はないでしょう。しかし明日落とすとシャレにならないでしょう。明日先発のコバヒロはPO1Sの失敗を繰り返すわけにはいきません。明日の武田勝-コバヒロの代表同士のマッチアップは楽しみです。

 「シグルイ」が終わりました。これから一週間どうやって生きていけばいいのだ。「バガボンド」より殺陣が凄惨と聞いていたので、試しに初回を見たらハマってあっという間に全巻買っちゃいました。

 最終回は作画に気合入りまくってました。モツ、出血は言うまでも無く、虎眼先生の顔面カットには度肝を抜かれました。CSでも許されるのだろうか?伊良子VS虎眼先生の緊張感溢れる決闘はアニメを越えて映像史上に残ると思います。ここまでアニメに熱くなったのはいつ以来だろう。

 最近思うんですが、アニメは「シグルイ」ドラマは「ハゲタカ」さえあればなにもいりません。あとはCSスポーツチャンネルさえあればいいや。
 

 

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/13 23:45] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プレイオフ前夜2
 いよいよ明日からパリーグ頂上決戦。どっちのチームのファンでもない僕でもワクワクするぐらいだから、当事者チームのファンはドキドキしてるだろうな。ヘタしたら眠れないかも。こういう緊張感を味わえるのは羨ましいですね。

 勝敗についていろいろ考えましたが、どう転んでもダルがキーマンでしょう。

 ファイターズは初戦と最終戦で投げるダルで二勝、真ん中の三試合で一勝という計算を立てていると思います。もしダルで一勝、最悪ゼロで終わるなら相当きつくなります。つまりファイターズはダル先発の試合は必勝モードかと。

 マリーンズはダルに二敗すると、真ん中の三試合を全て取らなくてはいけません。それはさすがにきついので、ダルから最低一つでも取ることが求められます。つまりマリーンズはダル先発は捨てゲームという余裕はなく、必死になって打ち崩さないといけません。

 以上の理由でダルがキーマンと考えます。

 PO1Sを制した勢いと、PO1S初戦と最終戦で見せたチャンスをキッチリモノにする決定力と集中力を買ってマリーンズがプレイオフを制すると読みます。

 
 昨日のタイトルマッチについて追記。

 いろいろ考えましたが、大毅が勝つには序盤から主導権を握って優位に試合を進めるしかなかったと思います。絶対有利なキャリアを持っている内藤が主導権を握れば、終盤はいいように逃げられることは誰でも予想できます。なのになぜ大毅は序盤から手数を出さなかったのか?疑問です。ただ突っ込んでいくだけのインファイターって初めて見た。

 大毅の12Rの行動も異常でした。判定なら負けが確定しているなら、KOを狙うでしょ普通は。なのにタックルとエクスプロイダーを仕掛けたのか?です。普通はクリンチされてもすぐ離れて時間のロスを防ぐものですが。負けてる方が時間を使ってどうするのだ

 12Rを戦う戦略と最後まで勝利を狙う精神力。その二つが大毅には絶望的なに欠けていたとしか思えません。トレーナーのパパは大毅に何を教えていたんだろう?無能だね。

 素人はボクシングごっこで遊んでいればよいものを。
 結論.亀田三兄弟はマジメに強くなりたかったらパパと縁を切って、マトモにボクシングを教えてくれる人に付いた方がいいと思うよ。安っぽいホームドラマは飽きたよ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/12 23:44] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プロレスじゃなくてボクシングだよね?
 渡辺新監督誕生。一ヶ月前にこういうことを書いた僕としては正直不安です。まあ一試合も終わっていない段階で、どうこう書くのはフェアじゃないので、これ以上就任についてとやかく書きませんけど。コーチングスタッフについてもいろいろ噂されていますが、正式決定したときにまとめて書きます

 発言の一部分を切り取ってどうこう言うのはアンフェアということを承知で書きますが、この発言は気になります

選手と同じ目線に立ち、思いやりのある監督を目指したい

 弱いチームは叩きなおすところからやらないといけないのに、選手目線でどうするんだ。イチイチ言わなくてもやってくれる強いチームなら、選手目線でもいいかも知れませんが今のライオンズはリーグ5位でしかないので、鬼軍曹路線でいいでしょう。この発言を聞いて期待より不安の方が大きくなりました。

 今夜は史上最悪のタイトルマッチがありましたね。

 内藤の大差判定勝ちは予想どおりでしたが、最後に大毅が秋山 準のエクスプロイダーを見せるとは思わなかった。暴挙すぎて呆れるばかりです。さらに負けたあとサッサと帰って内藤と握手をしない愚挙。

 例えてみれば、高校野球でコールド負け寸前のチームがヤケを起して、危険球を連発したり勝った相手の校歌斉唱を聞かずにサッサと帰るようなものです。こんなチームねえよ

 亀田一家の挑発は試合を盛り上げるためのパフォーマンスだから、イチイチ反応したら亀田一家の思うツボだと思ってましたが、あの一家はリアルバカだったようです。理性があるならやらかした大毅を怒ったり、止めたりするでしょ。

 こんな試合は記録に残すのも恥ずかしいから、勝った内藤には申し訳ないけど無効試合でもいいと思うよ。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2007/10/11 23:33] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO1S最終戦
 PO1Sで最も見応えのあるゲームでした。プレイオフはこれぐらい緊張感ないとね。勝敗を分けたのは試合運びの巧拙だったと思います。

 ホークスは三度の無死一塁を進めることすらできなかったのがイタかったです。二度のバント失敗、特に5表の多村はバントより強行がよかったような。今季送りバントを二回しかしていない多村に、重要な場面でバントを決められるとは思えないです。本西も同じこと言ってたぞ。

 マリーンズの6裏の攻撃は美事でした。スタンドリッジは見た限りあからさまなボールは投げていなかったので、バッターがよくボールをよく選んだと言ったほうがいいでしょう。サブローのタイムリー3ベースは美事でしたし、ホークスバッテリーの隙をついての里崎スクイズも美事でした。

 初戦、今日とチャンスをキッチリモノにするマリーンズの集中力と決定力には素晴らしいです。こういう野球をできるのが強いチームなんだね。5位チーム聞いてる?本ブログ的PO1SMVPは、初戦猛打賞、今日フォアを選んで盗塁決めて先制のホームを踏んだ西岡。トップの元気がいいと手強いね。

 プレイオフ皆勤全敗と傷心のチームに追い討ちを掛けるようにこんな騒ぎが。

Q.男女交際がなんで問題になるんですか?
A.セーラーふくだからです←結論

淫○ってグラウンドの外でもナイス暴投かよ新垣さんよお。ホークスに明日はあるのかね?
 

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/11 00:10] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
PO1S第2戦
 昨日
明日杉内がキッチリ抑えて、打線がしっかり援護して勝たないと流れが来ないでしょう。

 って書いたらそのとおりのゲームになったよ。解説者フラグが立ったな。来年の今頃僕はお台場とか渋谷で働いているかもしれない(爆)

 これで流れはホークス、と書きたいとこですが、明日は16勝1敗というありえない勝率を誇る成瀬先発。スタッドリッジが頑張るのはもちろんですが、打線が成瀬を打てるか?がポイントになりそう。

 それにしても初戦はポストシーズン・WBCとビッグマッチ経験のある俊介、二戦目はポストシーズン経験があり、三年連続二ケタ勝利と安定感のあるコバマサ、三戦目は実質エースの成瀬って憎いローテを組むねえ。感心します。

 「ジャンゴ」見てきました。いろんな意味で三池さんにしか撮れない映画だと思います。スキヤキの鍋の中からタイトルバックなんて誰も思いつかないって。銃弾を刀で弾くのは虎眼流みたいでかっこよかった。

 タランティーノにボコらせるは、立ち○ョンさせるはと桃井かおりの扱いがムチャすぎ。三池さん一生着いていきます。

 秋映画は「クローズZERO」と「M」を見れたら悔いはないっす。マイノリティーと言いたかったら言ってくれ

 

テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

[2007/10/09 22:47] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PO1S初戦
 ホークス投打にいいとこなし。得点か三凡かって、淡白すぎでしょ。ゼロで終わってもランナーを出してプレッシャーを掛けなければいけなんですが。前半で4点取った投手を完投させてどうするんだ

 昨季のプレイオフで見せた和巳の闘魂はどこいった?2回までしか見せ場を作れませんでした。3裏無死満塁を、早川・オーティズを三振にとって二死満塁にしたときはゾクゾクしたんですが、サブローに打たれて同点。昨季の和巳なら気迫で押し切って同点を許さなかったと思います。和巳を含めてですが、八番福浦、九番今江の合計八打席中七回出塁させたらダメでしょ。ランナー溜めて三割打ってるトップ西岡に回したら、嫌でも大量失点喰らうって。

 しかも福浦、今江七回出塁中五回がフォアって呆れてなにも言えません。まだ高校球児のほうが考えて投げると思います。それにしてもチャンスをキッチリモノにするマリーンズのソツのなさには感心しました。もしライオンズなら、取れても五点だろうな。相手に優しい寸止め打線ですから(泣)

 これでホークスは追い込まれました。明日杉内がキッチリ抑えて、打線がしっかり援護して勝たないと流れが来ないでしょう。もし明日負けたら出場四回中最も記憶に残らない敗戦になるんで、それだけは阻止するように。

 今日は期待していたほど内容の無いゲームでした。明日こそは好勝負を期待
 

 

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/08 22:39] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
プレイオフ前夜
 明日からプレイオフなので、各チームの印象というか展望みたいなものを書きます。もちろん大いに独断と偏見で書いてます(爆)

ファイターズ
 一位通過しましたが、昨季ほどの怖さは感じません。貯金19のうち15が交流戦で稼いだものだし。

 対ホークス9勝14敗1分、対マリーンズ11勝11敗2分と意外に相性がよくないのも不安材料。

 今回ファイターズは一位チームにアドバンテージのないプレイオフでは、一位チームは勝てないというジンクスに挑むことになります。ファイターズがこのジンクスを破れるか?というのが見ものですね。

マリーンズ
 成瀬、荻野、早川以外の主力が一昨年の優勝を経験しているのが強み。ファイターズも優勝を経験していますが、プレイオフは二試合しか戦っていないので、経験という面では七試合やったマリーンズの方がでしょう。

 一昨年優勝、00年メッツでリーグ優勝とバレンタインがプレイオフを知り尽くしているのも強みです。

 ポストシーズンでは調子の悪い主力を我慢して心中ということは珍しいことではありません。しかしデータや相性によって打順をシャッフルするマリーンズには、こういうことはありえないでしょう。もしかしたらマリーンズは短期決戦向きのチームかもしれません。

 選手の経験、監督の戦略、打順の柔軟性が他のチームよりも長けているマリーンズを本命に推します。

ホークス
 ファイターズとは6ゲーム、マリーンズとは4ゲーム離されているところを見ても、力不足は否めません。

 杉内、和田は計算できますが、スタッドリッジはまあまあ、新垣はナイス暴投、和己は中10日のVIP待遇という先発陣が不安です。

 王監督が指揮した過去のプレイオフは調子の上がらない松中と心中したといってもいいものでした。今回は主力が誰であっても調子が上がらなかったら、打順を落としたり、ベンチに下げる容赦のない采配を王監督ができるか?がポイントになりそうです。

 プレイオフ皆勤で一度も勝てないのはさすがにかわいそうなので、心情的にはホークスに勝って欲しいですね。

 パリーグのプレイオフは過去二年日本シリーズより密度の高い、NPB最高峰のゲームだったと思います。今回も期待を裏切らないプレイオフになって欲しいですね。僕は一プロ野球ファンとしてプレイオフを楽しみます。

 三チームのファンは明日から約十日間眠れない日々を送るでしょう。04年は僕もそうでした。今回僕は心やすらかにプレイオフを見れますが、どちらかというと眠れない日々を送りたいです。来季は頑張らないと


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/08 00:29] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
孫正義は王の責任について語らない
 みなさんお忘れかと思いますが、開幕前の下馬評ではホークスがダントツ一位でした。で実際はどうなったかと言いますと、

07ホークス 3位 144試合 73勝 66敗 5分 勝率.525 首位まで6ゲーム差
06ホークス 3位 136試合 75勝 56敗 5分 勝率.573 首位まで5.5ゲーム差

 昨季より退化してるっす(泣)「ぶっちぎりで勝つ」とか「100勝する」とか言っていたバカは玄海灘に浮かんでくれ

 寺原はハマでキャリアハイになる12勝を挙げましたが、多村は打率.271、HR13、打点68というダメダメな成績に終わり、ガトームソンは5勝と期待外れの成績に終わりました。GM責任取れ。って王の兼任か。

 
 今季ホークスは打率、防御率はともにリーグ1位ながら、得点、失点はリーグ1位になっていません。スタッツがいいのに、結果に出ないなら采配を疑問視されてもしかたないでしょう。つまりGMと監督を兼任している王への責任論が出るのが当然かと。

 なのに孫オーナーは王来季続投どころか、終身監督のお墨付きを与えているとか。孫オーナーの脳内はお花畑が咲いているようです。まさに暗君。ホークスは孫と王の私物ではありません。

 僕が疑問に思うのは、王への責任論をブチ上げるメディアが皆無ということです。前評判が高かったことを思えば、責任論が出るのが普通だと思いますが。もし原が同じことをやったら責任論をブチ上げるくせに。巨人しか叩けないって嫌だねえ

 叩きやすいやつしか叩かないのは、勝てるやつしか戦わない亀田と一緒でしょ?「プロ野球ファンははっきり認めるべきですッ王監督は保護されているッ

 昨日のホークスはベストメンバーで臨みましたが、半分イースタンなライオンズにあっさり敗戦。新垣のナイス暴投連発には笑わせてくれました。今年も呆然とする松中(秋の風物詩)が見られそうだ。

テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

[2007/10/06 23:26] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さよなら伊東 勤
 伊東監督退任。「25年連続Aクラスの重みを知っているのは誰よりも伊東監督だから、もし途切れたときは辞めるだろうな」と思っていたらやっぱりでした。僕は来季から初めて伊東 勤のいないライオンズを応援することになります。正直寂しいです。

 伊東野球は、未熟な若手に我慢する東尾、調子の上がらない主力に我慢する森のミックスという印象があります。これがハマルといいんですが、ハマらないと悲惨なんですよ。まさに今季。

 東尾は失点を抑えるディフェンシブ、伊原はバント・盗塁・エンドランを積極的に活用するアグレッシブという采配の印象がありますが、伊東はこれと言って特色は...浮かばないです。おそらくリーグ最強打線だった昨季のチームに投手力を上乗せするのが理想形だったんでしょうか、松坂移籍で理想が狂いました。

 25年連続Aクラスを途切れさせたとはいえ、僕は伊東監督だけ責めようとは思いません。就任以来主力は次々に抜け、親会社のスキャンダルに悩まされながら采配を取ってきたことを考えると頭が下がります。恐らくNPB史上最も逆境にさらされた監督でしょう。

 
 伊東監督在任四年間のうち三季は日本一を含むAクラス三回、一季Bクラス。現役で監督通算一千勝を超えている王・野村はBクラスどころか最下位経験あり、日本一経験のあるバレンタイン、ヒルマンもBクラス経験があるので、伊東が悪い監督とは言い切れないでしょう。僕が知る限り四年以上監督をやってBクラス経験がないのは東尾と落合だけですから。

 ただ、師匠格の森がライオンズ監督になるまでにスワローズで二年、ライオンズで三年コーチ経験があったことを考えると、伊東はもっとコーチ経験を積んだ方がよかったのでは?と思います。

 今後は森に倣って違うチーム、違うリーグでコーチ経験を積む武者修行に出て欲しいですね。そしてもう一回り成長してライオンズに帰ってきて欲しいです。まだ45歳。勝負はこれからです。

 伊東監督お疲れ様でした。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2007/10/05 23:48] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トップリーグ>NPB
 昨季までプレイオフの勝者がチャンピオンチームでしたが、今季からはペナントレース勝者がチャンピオンチームになり、プレイオフ勝者が日本シリーズ出場チームになります。というのは常識ですね。ここでクイズです。このレギュレーションから逆行したリーグがあります。どこでしょう?

 答えはトップリーグ
2005-2006シーズンまでは、トップリーグとマイクロソフトカップは別個の大会であったが、2006-2007シーズンからは、トップリーグのプレーオフとしてマイクロソフトカップを開催することとなり、これまでのトップリーグ、マイクロソフトカップ、日本選手権の3冠から、マイクロソフトカップ、日本選手権の2冠となる。(ウィキからの転載)

 要は05-06シーズンまでは、公式戦とプレイオフを別立てでやっていたのに対し、06-07シーズンから公式戦=予選、プレイオフ=本選というふうに一本化したのですよ。

 理由は「公式戦とプレイオフを一本化しないと、チャンピオンが乱立してわけわからん」ということです。もちろんNPBとトップリーグは競技も違うし、規模も違いますが、トップリーグで失敗したレギュレーションがNPBで成功するとは思えないんですよ。

 
 プレイオフが面白かったことは、勝たないとなにも残らないオール・オア・ナッシングを体現したことです。勝ったチームの選手がガッツポーズする裏で負けたチームの選手が泣き崩れる光景をなんど見たことでしょう。これが多くのプロ野球ファンの胸を打ったことは書くまでもありません。

 ですが、今季からは負けても優勝の名誉が残ることもあるんですよ。ヌルい。ホワイティングなら「誰も傷つけない和の精神そのもの」と皮肉を言うでしょうね。なぜプレイオフが異常なテンションの中で行われるのか、NPBのエライさんはわかっていないようだ。

 それに日本シリーズに出られない優勝チームになんの価値があるんでしょうか?僕は前サイトで例年パリーグ優勝チームにはお祝いのコメントを書いていましたが、今年のファイターズにはなにも書く気が起きません。日本シリーズに出場するプレイオフの勝者がチャンピオンチームだと思っているので。

 ついでに書きますが、プレイオフに三チームが参加するのもヌルいです。プレイオフ参加できる確率はMLBでは8/30なのに、NPBでは6/12。半分しか脱落しないなんてヌルいペナントレースだこと。プレイオフをやるなら二チーム参加が好ましい。そうしたら2/3が脱落する厳しいペナントレースになると思います。

 最後に、僕はクライマックス・シリーズという小学生でもつけないダッさい呼称は使いません。呼称はプレイオフかPOを使います。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/04 23:08] | プロ野球 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
公開クジ引き人生ゲーム総括
 みなさんご存知だと思いますが、昨日の高校生ドラフトは中田、佐藤、唐川に指名が集中して、5位スワローズが交渉権を取った佐藤以外は、上位チーム(中田・1位ファイターズ、唐川・2位マリーンズ)が交渉権を取りました。

 目玉三人中二人は上位チームが交渉権獲得ってどこが戦力均衡化なんだ。ドラフトの意味なし。いい加減NPBのエライさんはドラフトの意味を再確認してもらいたいものです。戦力均衡化のためにドラフトをやるのに、「目玉を取れるかどうかはクジ運次第」なんてバカバカしい

 例のペナルティーで苦戦が予想されたライオンズは四人を獲得。

四巡目 武隈 祥太 投手  旭川工   左投左打
五巡目 梅田 尚通 内野手 鯖江    右投左打
六巡目 中田 祥多 捕手  鳴門工   右投右打
七巡目 斉藤 彰吾 外野手 春日部共栄 左投左打

 四人獲得とは健闘したと思います。左先発が手薄、左打ちの内野手は義人ぐらいしかいない、U-25捕手は銀ちゃんしかいない、内田を解雇したので、外野手を補充したかった。というのが指名した意図でしょう。納得です。

 個人的には地元選手の斉藤に頑張って欲しいですね。活躍して西武Dを盛り上げることができればと。来季から大宮開催も決まってるし。最近野球以外で盛り上がっている春日部共栄出身というのがツボです。

 入場曲はアノ歌使って、入場曲といっしょにアレを踊ってとネタはあるんですが、詳しく書いたら僕のハードボイルドな(以下略)のイメージが狂うので書きません(爆)

 僕なりのドラフト改善案はあるんですが、後日書きます(ニヤリ)



 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/04 10:54] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
Cement Days
今日から10月。3日は高校生ドラフト、8日からはパリーグ・プレイオフ開始とイベント目白押し、というか10月が一番忙しい月といっていいでしょう。のんきにサブカルの話をやっている場合ではないので、今週はセメント週間にします。溜めていたネタを書くいい時期だし。時が来たッ!

 今日のお題はドラフト。みなさんご存知のとおり、今年は大学・社会人も自由枠は無く、一巡目は競合があったらクジ、二巡目からは指名即交渉権を得るウェーバーになります。

 元々ドラフトとはチームの強い弱いや、金があるなしに関係なく選手を割り振ることで戦力を均衡化するために始めたものです。というのは常識ですね。ではなぜ、一番欲しい選手を指名する一巡目はクジ引きなんですか?

 清原・野茂・松坂はその年のチャンピオンチームに入団しました。その年の目玉を強いチームに入れてどうするの?戦力均衡化になってないじゃん。ということで僕はクジ引きは反対です。一巡目からウェーバーにするべきです。

 よく「クジ引きはドラマがある」という人がいますが、ドラマはプリンスホテルのパーティールームで見せるものじゃないでしょ。グラウンドで見せるものじゃないの?クジ引きなんてただの悪趣味な公開人生ゲームです。

 今年最大の目玉中田・佐藤は去年のマー君のように弱いチームに入って(クジを引いて)いただきたいです。それがドラフト本来の意義ですから。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2007/10/01 23:16] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。